kiyo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
kiyo
生誕 (1974-06-27) 1974年6月27日(43歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府枚方市
学歴 大阪府立枚方西高等学校
ジャンル ロック
J-POP
職業 キーボディスト
担当楽器 キーボード
活動期間 1989年 -
共同作業者 yasu
you
ka-yu
shuji

kiyo(キヨ、1974年6月27日 - )は、日本のミュージシャンで、ロックバンドJanne Da Arcキーボーディスト大阪府枚方市出身。大阪府立枚方西高等学校卒業。血液型はA型。身長159cm。

概要[編集]

  • 本名は本人の希望により非公開。
  • 高校時代、別のバンドにいたが、yasuがそのバンドのメンバーと殴り合いのケンカをして、kiyoを引き抜いた。
  • 本気でジャズを目指していた時期があり、メンバーに何も告げずにJanne Da Arcから脱退しようとしたが、メンバーに説得され、結果的に脱退を辞めた。yasuはこのことに対し「腹が立ったけどkiyoは必要だった」と言っている。後に作られたジャズっぽい曲「Lady」はyasuがkiyoの為に作った。
  • yasuは、「kiyoにキーボードを弾かせたら曲が派手になるから」という理由で、自身のソロプロジェクト「Acid Black Cherry」の楽曲収録において、度々kiyoに収録参加をお願いしている。
  • 自身のブログ「kiyo風呂」が驚異的なヒット数を記録し、2006年10月13日にはそれを基にした本も刊行された。2007年11月から、月1で『kiyo露天風呂』という番組を持つ。
  • メンバー曰く「キレると怖い」「腹黒」とのこと。腹黒については本人も自覚している。yasuがメンバーのことを歌った「What's up!」の歌詞中にも「意外とキレると怖い」とある(ただし、歌詞カードには「以外と」と誤って記載されている)。
  • 2008年6月25日に、自身初の音源である「ARTISAN OF PLEASURE」をリリース。収録曲は、kiyo自身がプロデュースを担当したアルバムと同名のゲーム作品のサウンドトラックで、その内の一つである「tears」には、yasuがゲストボーカルとして参加している。
  • yasu、you、ka-yuに比べて、音源のリリースが大幅に遅れた。これは、「ARTISAN OF PLEASURE」が始めは架空のゲームのサウンドトラックとして作られていたのが、入りにくいからゲームも作ろうということになったためと、音楽が先に出来て、後からゲームを作るという通常とは逆の制作過程になってしまったため。
  • ka-yu、youと比べて少ないがコーラス、ライブでのサイドボーカルを担当することがある。
  • 電車に乗る際に、手をあげて乗っているらしい。これは、父に教わった技と番組で言っている。理由は、父が昔チカンに間違えられたことがあったからと言っている。
  • 2009年4月1日発売のSINCREAのシングル「桜舞い散る季節に君が夢見たこと」で初のプロデュースを果たした。

影響[編集]

影響を受けたアーティストとしてキース・エマーソンをあげている[1]。好きな音楽ジャンルはジャズゲームミュージック[2]で、ゲーム関連のタイアップ曲を作曲することが多い。(「NEO VENUS」「Destination」「WILD FANG」等)。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

映像作品[編集]

  • 誤作動 〜テスト起動〜(2008年3月26日)
  • 誤作動 〜完全版〜(2008年6月25日)

書籍[編集]

  • kiyo風呂(2006年10月13日、幻冬舎

IA × Guitar magazine によるコンピレーション・アルバム[編集]

IA PROJECTギター・マガジンのコラボによるコンピレーション・アルバムの製作にyouと共同で参加。収録曲「キライ」を作曲した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Janne Da Arc プロフィール”. 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ PROFILE”. 2015年6月7日閲覧。
  3. ^ IA × Guitar magazine| 1st PLACE - 特設サイト

外部リンク[編集]