TERU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:人物の画像提供をお願いします。2016年11月
TERU
出生名 小橋 照彦
別名 テッコ
生誕 (1971-06-08) 1971年6月8日(45歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道函館市
学歴 北海道函館商業高等学校
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
作詞家
作曲家
ボーカリスト
担当楽器 ボーカル
ギター
ベース
ドラム
ピアノ
タンバリン
ブルースハープ
活動期間 1988年 -
レーベル loversoul music & associates
共同作業者 GLAY
rally

TERU(テル、1971年6月8日 - )は、日本ロックバンドGLAYボーカリスト。本名、小橋 照彦(こばし てるひこ)。愛称は、テッコ北海道函館市出身。北海道函館商業高等学校卒業。身長169cm。妻はPUFFY大貫亜美

経歴[編集]

高校時代[編集]

1987年

夏頃、小・中学校と一緒である同じサッカー部の先輩に「ちょっとドラムをやってみないか?」と勧誘され、聖飢魔IIコピーバンドに加入。ドラムを担当し、文化祭で披露した。しかし、加入当初TERUの家にはドラムセットなどなく、親戚の叔母が営むスナック(TERUがよく手伝って料理をしていた)の椅子などを使って練習していたという。後に、購入。本格的にドラムに熱中していく。TAKUROと共にGLAYの活動を始めた頃には、TERUの部屋は防音処置が施されていたとTAKUROは語っている[1]

1988年

3月、小・中学校の同級生であるTAKUROに誘われ、GLAYを結成。当初はドラマーとしての加入であった。しかし、TAKUROがTERUの家にまだ歌の入っていないデモテープを置き忘れ、歌があったほうが何かとやりやすいだろうと考えたTERUが歌を入れてみたところ、それを聴いたTAKUROが「神がかった声」と感じて腰を抜かした。TAKUROが人生において腰を抜かすほど驚いたのは、この時以外にはBOØWYの「B・BLUE」を初めて聴いた時だけだという[2]。これがボーカリストへ転向するきっかけとなり、新しいドラマーが見つかるまでマイクを天井からぶら下げてドラムを叩きながら歌っていた。しかし、TERU本人はTAKUROが受けた衝撃をあまり理解出来ていなかったらしく、先輩を新しいボーカルとして連れて来て自分はドラマーに戻ろうとしたが、TAKUROにより却下されボーカルに戻されたというエピソードがある。また、TAKUROは「TERUは自分がボーカルではなく、ドラマーでありたかった」と語っている[3]。同年7月には、GLAYとしての初ライブを行う。

1989年

同じ学校の同学年の友達と「花とゆめ」と言うバンドを結成[4]。GLAYがライヴハウス等での活動がメインだったのに対して、こちらは主に学校内でのイベントや文化祭でのライブが中心の所謂「学園祭バンド」だった。TERUが、姉の結婚式でTAKUROと「ずっと2人で…」の原曲を演奏・披露したのも、この頃の話である。

上京〜インディーズ時代[編集]

1990年1993年

  • 高校卒業と同時にGLAYの成功を夢見て上京。赤羽凸版印刷に勤めるかたわらバンド活動を続けていたが、両立出来ず、試用期間明けで辞めてしまった。以降、居所を埼玉県所沢市飯能市等に移し、その後は様々な仕事をしながら、バンド活動を行う。

メジャーデビュー以降[編集]

1994年

  • 5月25日 - GLAYのボーカリストとしてシングル「RAIN」でメジャーデビュー。

1999年

  • 12月6日 - メンバープロデュース・ファンクラブ限定ライブの一環として、TERUプロデュース「THE MEN WHO SOLD THE WORLD」をZepp Tokyoで行う。男性限定のライブであったことから、「男ナイト」と呼ばれ、以後福岡大阪でも行われることとなる。

2001年

2002年

2003年

  • 3月9日 - 大貫亜美との間に女児が誕生(TERUにとっては第3子)。

2004年

2005年 

2007年

2008年

  • 11月29日 - レッドリボンキャンペーンRED RIBBON LIVE 2008に出演[9]

2009年

  • 3月11日 - MCUのアルバム『SHU・HA・RI~STILL LOVE~』の収録曲「STILL LOVE」に、ボーカルとして参加[10]
  • 11月28日 - レッドリボンキャンペーンRED RIBBON LIVE 2009に出演[11]

2010年

2011年

2012年

2013年

  • 1月 - グリコの「みんなに笑顔を届けたい CM」の新シリーズに出演[23]
  • 3月14日 - ライブイベント「みんなに笑顔を届けたいLIVE!2013 supported by Glico」に出演[23]
  • 10月27日 - VAMPS主催のライブイベント「HALLOWEEN PARTY 2013」に、TAKUROと共に出演[24]
  • 11月13日 - 台湾のロックバンドMayday(五月天)のベストアルバム「Mayday×五月天 the Best of 1999‐2013」のリード曲「Dancin' Dancin' feat. TERU (GLAY)」に、TAKUROと共に参加[25]
  • 11月24日 - レッドリボンキャンペーンRED RIBBON LIVE 2013に出演(ゲストとして、TAKUROも出演)[26]

2014年

人物[編集]

  • 血液型はO型。
  • 高校卒業後は、TAKUROと同じ会社に就職。なお、TAKUROはTERUよりも先に会社を辞めている。
  • インディーズ時代の1993年、ファンの女性と結婚し子供をもうけている。(のちに離婚)
  • 家族構成は両親、姉、妹。
  • 両肩と胸、右手人差し指にタトゥーを入れている。
  • 抜群の運動神経の持ち主であり、ライブなどでもしばしばマイクスタンドを使ったハイジャンプを披露する。中学校時代は野球部、高校時代はサッカー部に所属。2013年からJIROと共にフットサルを開始。2014年現在は「TFA」というチームを作り、活動している。
  • 絵を描くのが得意であり、GLAYの作品や活動等で披露する事もある。また、GLAYのマスコットキャラクターであるズラーは彼の落書きから生まれたものである。
  • 趣味は料理であり、その腕前はメンバーも絶賛するほどである。
  • 好きな食べ物は鶏の唐揚げ。本人曰く、「肉料理の王様」。しかし、幼い頃に鳥(雀)に襲われた経験から、鳥(特に小鳥)自体は嫌いである。「BEAUTIFUL DREAMER」のPVで鷹を手懐けるシーンでは後に「とても怖かった」と語っている。
  • 好きな街のひとつに京都をあげていて、Twitterや京都でのライブやイベントの度に公言したり、プライベートでも比較的頻繁に京都を訪ねては散策するほどお気に入りである。
  • ファンの間では「天然」キャラとして知られ、その不可思議な言動等が親しまれている。
  • 早寝・早起きの朝型人間である[29]。メンバーではJIROも同様であるが、HISASHIは本人曰く「TERUが起きる頃に寝る」。
  • GLAYとしてはボーカルの他にギターブルースハープピアノタンバリンなどを演奏することもある。また、前述のようにGLAY結成当初はドラムを担当していた。自身作詞作曲の「Little Lovebirds」ではドラムを演奏している他、「SOUL LOVE」のPVでドラムを叩いているシーンが見られる。
  • ライブ等で腕を大きく広げるクセはお笑いなどでネタにされるほか、アルバム『GLAY』でも「GLAYを象徴するもの」として腕を広げるTERUの写真がジャケットになっている。
  • 石原さとみEXILETAKAHIROなどTERUのファンを公言する芸能人も多い。
  • 北海道出身であることから、北海道日本ハムファイターズ北海道コンサドーレ札幌のファンである。
  • 元メンバーであったAKIRA(上島明)、NOBUMASA(大庭伸公)の脱退時には、脱退に反対の立場を取っていたという。(他にHISASHIも反対の立場を取っていた)

参加作品[編集]

  1. SPEED BALL / D.I.E. (1996年3月15日)
    「ダイアルMの女」にボーカルで参加。
  2. Mind Drum / TOSHI NAGAI (1996年11月30日)
    「Inguz」にTERUがドラム、HISASHIがギター、JIROがベースで参加している。
  3. FRAGILE / D.I.E. (1998年4月1日)
    「JEWEL (featuring TERU)」にボーカルで参加。TAKUROもギターで参加している。
  4. LOVE CLOVER / 中山美穂 (1998年4月8日)
    「LOVE CLOVER」にコーラスで参加している。作曲・編曲はTAKURO、作詞は中山美穂とTAKUROの共作。
  5. D.O.S.Drum / TOSHI NAGAI (1999年7月21日)
    「A tes amours!A vos amours!」にボーカルで参加。
  6. ZERO LANDMINE / N.M.L. (2001年4月25日)
    「ZERO LANDMINE」にボーカルで参加。TAKUROもギターで参加している。
  7. 人生海海 / 五月天 (2001年7月7日)
    「候鳥」にコーラスで参加。TAKUROもギターで参加している。
  8. くずアルバム / くず (2003年3月26日)
    「恋なんて」にささやきで参加。TAKUROもギターで参加している。
  9. SINGER FOR SINGER / MISIA (2004年12月8日)
    「冬のエトランジェ」にコーラスで参加。TAKUROが作詞・作曲。
    GLAYのセルフカバーバージョンが「I am xxx」に収録されている。
  10. PARADE〜RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK〜 / V.A. (2005年12月21日)
    「悪の華」にrallyとして参加。
  11. IN THE MOOD / 氷室京介 (2006年10月20日)
    「SAY SOMETHING」にコーラスで参加。TAKURO、HISASHI、JIRO、Toshi Nagaiも演奏に参加。
  12. RED RIBBON Spiritual Song〜生まれ来る子供たちのために〜 / AIDS チャリティ Project (2007年11月28日)
    「RED RIBBON Spiritual Song〜生まれ来る子供たちのために〜」にボーカルで参加。TAKUROもギターで参加している。
  13. SHU・HA・RI〜STILL LOVE〜 / MCU (2009年3月11日)
    「STILL LOVE」にボーカルで参加。
  14. 光-hikari- / JP2HAITI (2011年2月2日)
    「光-hikari-」にボーカルで参加。
  15. Mayday×五月天 the Best of 1999‐2013 / Mayday (2013年11月13日)
    「Dancin' Dancin' feat. TERU (GLAY)」にフィーチャリングボーカルとして参加[25]

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • TERU ME NIGHT GLAY(毎週水曜日23:00 - 23:50、BAY-FM
    • 2005年7月18日、『TERU ME NIGHT GLAY』とその前身である番組を含め10周年であることを記念し、ラジオ番組公開録音『TERU ME NIGHT GLAY 10th ANNIVERSARY SPECIAL 〜Summer of 05〜』を千葉ポートパーク円形広場野外ステージで開催。テルミーリスナー12万人の応募者の中から1万人を抽選により選び、招待した。その他、声だけでも聞きたいと集まった50人のテルミーリスナーも参加し、総勢10,050人による公開録音になり、「史上最大のラジオ番組公開録音」としてギネス・ワールド・レコーズに申請された。

CM[編集]

  • 公共広告機構(現ACジャパン
    • 「TERU登場」(2007年)
    • 「検査に行くということ」(2008年)
  • 江崎グリコ
    • 「みんなに笑顔を届けたい。冬篇」(2012年)
    • 「みんなに笑顔を届けたい。LIVE篇」(2013年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『GLAY 函館物語』より
  2. ^ 『胸懐』より
  3. ^ 『胸懐』より
  4. ^ バンド名の由来はクラスの女生徒が所持していた漫画雑誌。『GLAY 函館物語』より
  5. ^ BUCK-TICK FES出演者最終発表 - ナタリー(2007年6月7日)
  6. ^ 人気イベントにTERUが緊急参戦 - ナタリー(2007年10月2日)
  7. ^ 絢香・TERU・TAKUROらがエイズ拡大防止を呼びかけ - ナタリー(2007年12月3日)
  8. ^ hyde・TERU・TAKUROが武道館でサプライズ共演 - ナタリー(2007年12月27日)
  9. ^ TERU、絵理子、押尾、HYDEらエイズ撲滅を呼びかけ - ナタリー(2008年11月5日)
  10. ^ MCU×TERUの異色コラボを堤幸彦が“ヤバい”映像に - ナタリー(2009年2月9日)
  11. ^ TERU、押尾、加藤鷹らがHIV/エイズ予防啓発を呼びかけ - ナタリー(2009年11月5日)
  12. ^ GLAY・TERUが口蹄疫チャリティイベントに友情出演 - ナタリー(2010年8月17日)
  13. ^ 宮崎口蹄疫チャリティ公演に泉谷、今井美樹、TERU出演 - ナタリー(2010年9月30日)
  14. ^ TERU、Twitterで新曲音源公開「少しでも安らぎを」 - ナタリー(2011年3月16日)
  15. ^ ARE YOU READY??? - BEAT主義日記 THE PRINCIPLE OF BEAT(布袋寅泰公式ブログ)(2011年5月18日)
  16. ^ 30周年第二弾 代々木&大阪公演終了! - BEAT主義日記 THE PRINCIPLE OF BEAT(布袋寅泰公式ブログ)(2011年5月24日)
  17. ^ モンパチフェスにChar×民生×まさやん、TERUほか追加 - ナタリー(2011年8月29日)
  18. ^ RED RIBBON LIVE活動履歴※2011年11月27日の項を参照 - RED RIBBON LIVE公式サイト
  19. ^ まさやん、TERU、ポリ、U-zhaanらグリコ新CMで合唱 - ナタリー(2012年2月3日)
  20. ^ GLAY・TERU&TAKURO、南三陸町でシークレットライブ - ナタリー(2012年7月17日)
  21. ^ RED RIBBON LIVE公式サイト
  22. ^ GLAY NEWS & INFO(2012.12.04)。”. 2013年5月11日閲覧。 - GLAY公式サイト
  23. ^ a b あのグリコCMの新シリーズ開始&“同窓会ライブ”開催決定 - ナタリー(2013年1月15日)
  24. ^ VAMPSハロウィン千秋楽でHYDE×TERU「誘惑」デュエット”. ナタリー. 2013年11月21日閲覧。
  25. ^ a b Maydayベスト盤にGLAY・TERU&TAKUROとのコラボ曲”. ナタリー. 2013年11月21日閲覧。
  26. ^ RED RIBBON LIVE活動履歴 RED RIBBON LIVE公式サイト
  27. ^ 「おはようハクション大魔王」にTERU出演決定!2014年9月12日閲覧 GLAY公式サイト
  28. ^ ZIP!「おはようハクショ大魔王」にTERU再び登場!2014年9月22日閲覧 GLAY公式サイト
  29. ^ GLAY年越しライブは無理!?理由は超朝型生活”. デイリースポーツ. 2014年11月8日閲覧。

外部リンク[編集]