平野力三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
平野 力三
ひらの りきぞう
Hirano Rikizo.JPG
1954年
生年月日 1898年11月5日
出生地 岐阜県郡上郡大和村
没年月日 (1981-12-17) 1981年12月17日(満83歳没)
出身校 早稲田大学政経科
前職 日本農民組合会長
所属政党 社会民衆党→)
日本大衆党→)
日本農民党→)
日本国家社会党→)
皇道会→)
翼賛政治体制協議会→)
翼賛政治会→)
大日本政治会→)
日本社会党→)
社会革新党→)
協同党→)
右派社会党→)
(日本社会党→)
無所属
称号 勲二等
旭日重光章
配偶者 平野成子(参議院議員
親族 平野照子(三女)・平野三郎(甥)・内田樹(姻戚)・平野力也(曽孫)=若き日の平野力三をテーマにした作文『天辺の月』で第61回全国小・中学生作文コンクールで読売新聞社賞受賞。

内閣 片山内閣
在任期間 1947年6月1日 - 1947年11月4日

選挙区 山梨県全県区
当選回数 3回
在任期間 1952年10月1日 - 1955年1月24日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 山梨県全県区
当選回数 5回
在任期間 1936年2月20日 - 1948年1月13日
テンプレートを表示

平野 力三(ひらの りきぞう、1898年11月5日 - 1981年12月17日)は、日本の農民運動家、政治家衆議院議員片山内閣農林大臣。夫人の平野成子日本社会党参議院議員。三女の平野照子は、民社党日本ナショナリズム同盟で活動した。自由民主党衆議院議員から岐阜県知事を務めた平野三郎は甥にあたる。

来歴・人物[編集]

1898年(明治31年)11月5日岐阜県大和村(現郡上市)に生まれる。1920年(大正9年)拓殖大学中国語科を経て、1923年(大正12年)早稲田大学政経科卒業する。農民運動に入り、日本農民組合が結成されると会長に就任。社会民衆党の結成に関わるが、安部磯雄と対立し一時は麻生久らと共に日本大衆党を結成、党書記長となった。しかし大衆党の首脳部が財界から資金を受け取っていたことが判明したことから党内対立を招き、平野は大衆党を追われる格好で独自に日本農民党を結成し、更に在郷軍人団体との提携を打ち出し1932年皇道会を結成して常任幹事に就任する。1936年昭和11年)に行われた第19回衆議院議員総選挙に皇道会公認で山梨県から立候補、当選して以後通算8期務める。

戦後、日本社会党結成に参加する。社会党では右派に所属し、常任中央執行委員などを歴任する。1947年(昭和22年)第23回衆議院議員総選挙で社会党が第一党となり片山内閣が成立すると農林大臣として入閣するが、内閣官房長官西尾末広と対立し、罷免される(日本国憲法下における閣僚罷免1例目)。1948年2月に皇道会の経歴に関して公職追放となった際には日本の司法判断では公職追放に該当しない判断が下されたが、GHQの圧力により「超法規的措置であるから日本の司法判断は及ばない」として、公職追放処分が決定した(平野事件)。これに不満を持った平野派は片山内閣に非協力的となり、うち16名は2月17日、社会党を離党し社会革新党を結成した。この公職追放に関連する一連の騒動は、GHQ民政局と吉田茂らとの対立に巻き込まれた形だとも言われているが、これにより、片山内閣は求心力を失うが、ケーディスらは吉田茂復権を阻止するために、芦田内閣成立に尽力することとなる。

1950年(昭和25年)10月13日に追放が解除されると政界に復帰。1951年(昭和26年)には社会民主党を結成し委員長に就任、翌1952年(昭和27年)に農民協同党と合同して協同党を結成し引き続き委員長となる。同年10月右派社会党に合流する。

しかし、1954年(昭和29年)保全経済会事件顧問として関与したことから、事情聴取を受ける。その後2月に衆議院で証人喚問をされ、伊藤斗福理事長の話として「自由党の広川弘禅を通じて池田勇人佐藤栄作に3000万円、改進党重光葵大麻唯男に2000万円、鳩山一郎三木武吉に1000万円を、それぞれ献金した」と証言する。結局、平野はこの責を取る形で右派社会党を離党、1955年衆院選では無所属で出馬するが落選に終わる。

その後、1956年の参院選1958年衆院選1967年衆院選に出馬するものの、何れも落選に終わる。1970年代アメリカ公文書館に対してGHQの公開された内部文書を請求し、自身の公職追放が不当であるとし、ジミー・カーター大統領に名誉回復と2億円の賠償請求を求め、カーターからは遺憾のメッセージとアメリカ上院の名誉回復決議を引き出した。

1969年叙勲二等旭日重光章。1981年叙従三位

関連項目[編集]


先代:
木村小左衛門
農林大臣
第7代: 1947年
次代:
波多野鼎