吉田博美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
吉田 博美
よしだ ひろみ
生年月日 (1949-06-17) 1949年6月17日(67歳)
出生地 日本の旗 山口県
出身校 早稲田大学社会科学部
前職 中島衛衆議院議員秘書
金丸信衆議院議員秘書
長野県議会議員
所属政党 自由民主党額賀派
公式サイト 参議院議員 吉田ひろみWebMagzine

選挙区 長野県選挙区
当選回数 3回
在任期間 2001年7月29日 - 現職

在任期間 2000年3月 - 2001年3月

当選回数 5回
在任期間 1983年 - 2000年
テンプレートを表示

吉田 博美(よしだ ひろみ、1949年6月17日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(3期)、自由民主党参議院幹事長、参議院改革協議会座長、裁判官弾劾裁判所裁判長、参議院政治倫理審査会長

国土交通大臣政務官第3次小泉内閣)、自由民主党参議院国会対策委員長、参議院国土交通委員長長野県議会議長(第75代)、長野県議会議員(5期)等を務めた。

来歴[編集]

山口県出身。長野県飯田高等学校早稲田大学社会科学部卒業。スイスイギリスへの留学を経て、中島衛金丸信衆議院議員の秘書を務める[1]1983年長野県議会議員選挙に出馬し、初当選。以後県議を5期17年にわたり務め、2000年3月から1年間、長野県議会議長も務める[1]

2001年第19回参議院議員通常選挙自由民主党公認で長野県選挙区(定数2)から出馬。現職の羽田雄一郎民主党)を抑え、トップ当選を果たした。2006年第3次小泉内閣国土交通大臣政務官に任命される[2]2007年第21回参議院議員通常選挙で再選。2007年より参議院国土交通委員長

2011年東日本大震災復興補正予算が議論される中、復興予算捻出のためのODA削減案に反対する超党派の勉強会に参加した[3][4]2012年9月、安倍晋三総裁の下で幹事長代理に起用される。2013年第23回参議院議員通常選挙では、長野県選挙区でトップ当選し、3選。2014年裁判官弾劾裁判所裁判長に就任[1]

2014年9月、自由民主党参議院国会対策委員長に起用された[5]

2016年、自由民主党参議院幹事長に起用された[6]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 公式ホームページ プロフィール
  2. ^ 国土交通大臣政務官>吉田博美
  3. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ
  4. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会
  5. ^ “参院自民、国対委員長に吉田氏 政審会長に鶴保氏”. 産経新聞. (2014年9月17日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140917-00000507-san-pol 2014年9月20日閲覧。 
  6. ^ 新参院会長に橋本聖子氏 参院幹事長には吉田博美氏 参院特別議員総会
  7. ^ 2013参院選 毎日新聞候補者アンケート
  8. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]


議会
先代:
大江康弘
日本の旗 参議院国土交通委員長
2007年 - 2008年
次代:
田村耕太郎
先代:
中島輝夫
長野県議会議長
2000年 - 2001年
次代:
石田治一郎
公職
先代:
石田真敏
中野正志
伊達忠一
日本の旗 国土交通大臣政務官
石田真敏後藤茂之と共同

2005年 - 2006年
次代:
梶山弘志
吉田六左ェ門
藤野公孝
党職
先代:
伊達忠一
自由民主党参議院幹事長
2016年 -
次代:
(現職)
先代:
伊達忠一
自由民主党参議院国会対策委員長
2014年 - 2016年
次代:
松山政司