柳沢米吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳沢 米吉(柳澤、やなぎさわ よねきち、1903年明治36年)9月12日[1] - 1995年平成7年)1月31日[1])は、昭和時代の土木工学者内務官僚実業家海上保安庁長官

経歴[編集]

1927年(昭和2年)東京帝国大学工学部土木工学科を卒業後、内務省に入る[1]

1943年(昭和18年)運輸通信省港湾局建設課長、1946年(昭和21年)港湾局計画課長、1948年(昭和23年)中国海運局長兼広島海上保安本部長、1951年(昭和26年)海上保安庁長官を経て、1955年(昭和30年)退官[1]。同年アジア航測社長、1965年(昭和40年)三井共同建設コンサルタント社長、この間、国際建設技術協会理事長、国際港湾協会理事、日本港湾協会副会長、日中土木技術交流協会理事長、土木学会会長を歴任した[1]。ほか、日本水路協会発起人を務めた[2]

受賞[編集]

  • 1975年(昭和50年) - 土木学会功績賞[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2021年1月16日閲覧。
  2. ^ 設立の経緯”. 日本水路協会. 2021年1月16日閲覧。