久保慶三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久保 慶三郎(くぼ けいさぶろう、1922年大正11年)1月7日[1] - 1995年平成7年)5月30日[1])は、昭和から平成時代の土木工学者

経歴・人物[編集]

1945年(昭和20年)東京帝国大学工学部第二工学部土木工学科を卒業し、同大講師、1948年(昭和23年)第二工学部助教授、1963年(昭和38年)東京大学生産技術研究所教授を歴任し、1982年(昭和57年)退官する(名誉教授)[1]埼玉大学へ転じ、1985年(昭和60年)より工学部長を務め、1987年(昭和62年)退官し、さらに東海大学教授となった[1]

受賞[編集]

  • 1952年(昭和27年) - 土木学会奨励賞[1]
  • 1979年(昭和54年) - 土木学会論文賞[1]
  • 1989年(昭和64年) - 土木学会著作賞[1]
  • 1993年(平成5年) - 土木学会功績賞[1]

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2019年9月5日閲覧。