石川六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 六郎(いしかわ ろくろう、1925年大正14年)11月5日 - 2005年平成17年)12月14日)は、日本実業家鹿島名誉会長、日本商工会議所第15代会頭。妻・ヨシ子は鹿島の第4代社長・鹿島守之助の娘。父は石川一郎初代経団連会長。

学位工学博士(東京大学)。称号は日本商工会議所・東京商工会議所名誉会頭。その他の役職として日本卓球協会第7代名誉会長日本を守る国民会議顧問、日本会議顧問を務めた。

来歴・人物[編集]

東京府北豊島郡滝野川大字西ヶ原(現在の東京都北区西ヶ原)に生まれた[1]石川一郎、冨美子の六男。父は合併で大日本人造肥料となっていた大きな化学会社の常務だった[1]

東京高師附属小学校(現・筑波大附属小)、東京高師附属中学校(現・筑波大附属中・高)卒業。附属中の同期生には、山本卓眞富士通名誉会長)、嘉治元郎(元東京大学教養学部長)、森亘(元東京大学総長)、芥川也寸志芥川龍之介の三男)などがいる。旧制成蹊高等学校を経て、東京帝国大学第二工学部に入学。

1948年(昭和23年)に東京帝国大学第二工学部を卒業した後、運輸省(現国土交通省)に入省。日本国有鉄道に勤務中、鹿島の第4代社長・鹿島守之助の目に留まった。これを契機に鹿島家との交流を深めた六郎は1953年(昭和28年)、守之助の二女で画家のヨシ子と結婚。また、守之助から鹿島への入社を打診された。六郎はこれを受諾し、1955年(昭和30年)に国鉄を退社。取締役として鹿島に入社した。

入社後の六郎は、原子力開発に尽力した。父・一郎が原子力委員会委員長代理として原子力政策に携わっていたことも影響しているとみられる。将来のエネルギー需要を満たすために原子力が必要とされると確信した六郎は、社内に原子力室を新設し、初代室長に就任した。役員会は巨大なリスクを懸念して反対したが、六郎は積極的に原子力分野への進出を推進した。1957年(昭和32年)に日本原子力研究所第1号原子炉を受注したのをはじめ、東京電力福島原子力発電所など多くの原子力発電所を受注した。

また、日本における超高層ビルのさきがけ・霞が関ビルの建設を主導した。

1978年(昭和53年)、鹿島の第7代社長に就任。「精神作興(せいしんさっこう:精神を奮い起こすこと)」を掲げ、TQC(Total Quality Control:総合的品質管理)をいち早く導入するなど、社内改革を推進した。また、九頭竜ダム名神高速道路などの大型案件を受注した。

オイルショック後の景気低迷や、静岡県で発覚した談合事件への批判などにより、「建設業冬の時代」と称された1982年(昭和57年)、日本土木工業協会会長に就任。建設業界の信頼と業績の回復に努めた。

1984年(昭和59年)、社長職を縁戚関係にある鹿島昭一に譲り会長に就任。1986年(昭和61年)藍綬褒章を受章した。1987年(昭和62年)5月、日本商工会議所第15代会頭に就任。第14代会頭・五島昇が病気退任するに当たり、五島の強い推薦を受けての就任であった。日商会頭としては、消費税導入にあたり、「条件付き導入」を主張するとともに、各地の商工会議所が消費税導入に反対していたのを説得した。

1993年(平成5年)ゼネコン汚職で当時の鹿島副社長が逮捕されたことを受けて、事件との関連は否定しつつも全ての役職から辞任した。その後も、日商・東商の名誉会頭として後進の育成に当たったほか、東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の設立に尽力した。また日伊協会会長、日独協会理事、日本・ベルギー協会理事、日墺文化協会理事、森記念財団評議員、五島記念文化財団理事、慶應工学会理事、日本英語交流連盟(ESUJ)顧問、ジェスク音楽文化振興会理事、地球環境行動会議(GEA)相談役、日本外交協会理事、社会経済生産性本部理事などを務めた。

2005年(平成17年)12月14日午後9時41分、心不全のため東京都内の病院で死去、80歳。2006年(平成18年)1月24日、鹿島・日商・東商の合同葬が築地本願寺で営まれた。

年譜[編集]

系譜[編集]

石川家(大阪府東京都
  
              ┏石川馨      
              ┃
              ┣石川潔
              ┃    
              ┣石川誠
       ┏石川一郎━━┫      
       ┃      ┣石川六郎
       ┣石川次郎  ┃
石川卯一郎━━┫      ┣石川七郎  
       ┣石川三郎  ┃
       ┃      ┗石川八朗
       ┗石川四郎  
         (四朗)                     
                         
               中曽根康弘  
                  ┃   
                  ┣━━━┳美智子
                  ┃   ┃
         小林儀一郎━━━蔦子   ┃  
                      ┗美恵子 
                        ┃
                 渥美健夫   ┃
                   ┃  ┏渥美直紀
                   ┣━━┫
                   ┃  ┗渥美雅也
                 ┏伊都子
         (永富)    ┃
   永富敏夫━━━鹿島守之助  ┃石川六郎
             ┃   ┃ ┃
             ┃   ┣よし子
    鹿島精一     ┣━━━┫
      ┃      ┃   ┃平泉渉
      ┃      ┃   ┃ ┃
      ┣━━━━━卯女   ┣三枝子
      ┃          ┃
      ┃          ┃
鹿島岩蔵━━いと         ┗鹿島昭一
                   ┃
          梁瀬次郎━━━━┳公子
                  ┃
                  ┗弘子
                   ┃
          稲山嘉寛━━━━稲山孝英

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • 石川六郎『海外建設プロジェクトと建設輸出(新体系土木工学 別巻)』 技報堂出版、1982年、ISBN 4765512010
  • 私の履歴書(第37巻)』 日本経済新聞社ISBN 4532169011(全38巻)、ISBN 453216902X(第25~38巻)※分売不可
  • 石川六郎『婦人問題講演集(第1巻)』 日本図書センター、2003年、ISBN 4820599852
  • 菊池久『血統商法―鹿島建設会長石川六郎の眼力とあくなき挑戦』 ぴいぷる社、1988年、ISBN 4893740121
  • 『石川六郎追懐録』同・編纂委員会、鹿島出版会、2006年。319頁

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 石川六郎『私の履歴書
  2. ^ a b 神一行著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 298頁
  3. ^ a b c d e f 佐藤朝泰著『豪閥 地方豪族のネットワーク』39頁
  4. ^ a b c d e f 神一行著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 302頁
  5. ^ 佐藤朝泰著『豪閥 地方豪族のネットワーク』35頁
  6. ^ 醉心山根本店のお宝(酒蔵見学) | 地酒蔵元会
[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
五島昇
日本商工会議所会頭
第15代: 1987年 - 1993年
次代:
稲葉興作