中村謙一 (鉄道官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村謙一

中村 謙一(なかむら けんいち、1882年2月17日[1] - 1943年2月26日)は、日本の官僚華族鉄道省建設局長、鉄道会議議員、鉄道工事統制協会長、土木学会長、災害予防調査会委員、発電調査会委員等を歴任し、貴族院議員も務める。勲三等男爵。墓地は多磨霊園

経歴[編集]

中村覚陸軍大将男爵の長男として生まれる。

親族[編集]

著書[編集]

  • 『近世橋梁学』上巻、工業雑誌社、1911年。
  • 『近世橋梁学』中巻、工業雑誌社、1927年。
  • 『亡父を偲ぶ』非売品、1927年。

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年)p.249

参考文献[編集]

  • 憲政資料編纂会編『歴代閣僚と国会議員名鑑』ライフ、1978年。


日本の爵位
先代:
中村覚
男爵
中村(覚)家第2代
1925年 - 1943年
次代:
中村徹雄