辰馬鎌藏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辰馬 鎌藏辰馬 鎌蔵、たつうま けんぞう、旧姓・中尾1882年明治15年)2月[1] - 1959年昭和34年)5月11日[2])は、日本土木技術者内務技監[3][4]実業家土木学会会長。

人物[編集]

大阪府・中尾又一郎の五男[1][3][4]。兵庫県西宮の酒造家辰馬悦蔵先々代悦叟の養子となり、1912年分家する[1][3][4]

1907年京都帝国大学理工科大学土木工学科卒業[1]。内務技手となり1909年、内務技師に任じ、大阪、下関、東京各土木出張所勤務を経て1924年、欧米各国へ出張を命ぜられる[1]。帰朝後名古屋土木出張所長、東京土木出張所長を経て1936年、内務技監に任ぜられ[4]1939年、退官する[1]

退官後、広島工業港、東京都水道、鳥取市兵庫県等の顧問として指導にあたる[2]1951年、共栄興業会社を創立し、社長となる[2]。住所は東京都渋谷区[3]

家族・親族[編集]

辰馬家
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第13版 下』タ220頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月29日閲覧。
  2. ^ a b c 土木学会歴代会長紹介、公益社団法人 土木学会公式サイト。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第14版 下』タ222頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第11版 下』タ293-294頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 下』人事興信所、1937-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。