尾之内由紀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾之内 由紀夫(おのうち ゆきお、1915年8月18日 - 2009年2月12日)は、日本土木工学者1967年建設事務次官を務めた。

人物[編集]

愛知県出身。1939年東京帝国大学工学部土木工学科卒業し、内務省人事院で務め、1963年建設省の道路局長となり、1966年から技監および1967年より建設事務次官を務める。1970年日本道路公団の副総裁となり、1976年本州四国連絡橋公団の総裁となる。1975年から1976年にかけて土木学会の会長を務め、1980年から日本道路協会の会長を務めた。

2009年2月12日肺炎のため死去した。叙正四位