高橋国一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 国一郎(たかはし くにいちろう、1921年大正10年)8月2日[1] - 2013年平成25年)4月18日[1])は、昭和から平成時代の土木工学者内務技師、建設技監建設事務次官日本道路公団総裁。

経歴[編集]

新潟県柏崎市出身[2]1944年(昭和19年)東京帝国大学工学部土木科を卒業後、内務省(土木局)に入る[1]

1945年(昭和20年)秋に復員し関東土木出張所に勤務[1]1950年(昭和25年)五十里ダム出張所長、1956年(昭和31年)関東地建4号国道、1958年(昭和33年)東京国道の両工事事務所長、1964年(昭和39年)高速道路課高速道路調査室長、1966年(昭和41年)地方道課長、国道第一課長、1970年(昭和45年)道路局長、1972年(昭和47年)建設技監、1974年(昭和49年)建設事務次官、1976年(昭和51年)日本道路公団副総裁、1978年(昭和53年)総裁を経て、1986年(昭和61年)辞任した[1]

その後、日本道路協会会長、道路審議会会長、土木学会会長を務めた[1]

受賞[編集]

  • 1992年(平成4年) - 土木学会功績賞[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2021年1月15日閲覧。
  2. ^ 高橋国一郎”. weblog 死亡欄. 2021年1月15日閲覧。