内田隆滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 隆滋(うちだ たかしげ、1919年大正8年)3月20日[1] - 2016年平成28年)7月29日[1][2])は、昭和から平成時代の土木工学者鉄道官僚実業家。元東武鉄道社長[1][2]

経歴・人物[編集]

1943年(昭和18年)東京帝国大学工学部土木工学科卒業、海軍技術将校として教育に当たる[1]。戦後、鉄道省に入省し、施設局附となる[1]1963年(昭和38年)建設局計画課長、1968年(昭和43年)幹線調査室長、1970年(昭和45年)建設局長、1972年(昭和47年)常務理事を経て、1975年(昭和50年)退官[1]。民間に転じ、1976年(昭和51年)東武鉄道常務、専務を経て、1983年(昭和58年)日本鉄道建設公団総裁となる[1]1987年(昭和62年)東武鉄道へ復職し、1988年(昭和63年)取締役副社長を経て、1994年(平成6年)6月社長となった[1]。ほか、土木学会第76代会長など要職を歴任した[1]2016年平成28年)7月29日肺炎のため死去[2]。96歳。

受賞[編集]

  • 1990年(平成2年) - 土木学会功績賞[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]