菊池三男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊池 三男(きくち みつお、1920年大正9年)3月26日[1] - 2017年平成29年)11月4日[1])は、昭和から平成時代の土木工学者内務官僚‎、建設省技監‎。

経歴・人物[編集]

1945年(昭和20年)東京帝国大学工学部第二工学部土木工学科を卒業し、1947年(昭和22年)内務省に入省[1]建設省道路局、有料道路課長、国道第一課長、関東地方建設局長、道路局長を経て、1974年(昭和49年)建設省技監となる[1]1976年(昭和51年)退官[1]

退官後は、首都高速道路公団副理事長・理事長、日本高速通信代表取締役社長、立体道路推進機構理事長、土木学会副会長・会長など要職を歴任した[1]2017年平成29年)11月4日神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷の自宅にて老衰のため死去した[2]

受賞[編集]

  • 1995年(平成7年) - 土木学会功績賞[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2019年9月5日閲覧。
  2. ^ 菊池三男氏が死去 元建設省技監”. 日本経済新聞. 2019年9月5日閲覧。