野村龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野村竜太郎

野村 龍太郎(のむら りゅうたろう、1859年2月27日安政6年1月25日) - 1943年昭和18年)9月18日)は、大正・昭和期の土木技術者・鉄道官僚実業家

来歴・人物[編集]

安政6年に大垣藩士野村藤陰の長男として大垣にて出生。明治5年(1872年)に上京し慶應義塾東京外国語学校・東京英語学校・東京開成学校(これら3校はともに一高の前身)を経て、1881年(明治14年)7月、東京大学理学部土木工学科卒業。同年、東京府勤務となる。1891年(明治24年)、鉄道庁技師に転じる。1899年(明治32年)3月工学博士となる。1913年(大正2年)5月、鉄道院副総裁に就任。1914年(大正3年)4月7日、錦鶏間祗候に任じられる[1]

1913年(大正2年)12月、原敬率いる政友会を背景に、南満洲鉄道株式会社(満鉄)総裁となる[2]。総裁・野村は、理事による合議制を廃止して部局制に改めようとしたが、理事・犬塚信太郎の抵抗を受け、1914年(大正3年)7月、副総裁・伊藤とともに更迭された。

1919年(大正8年)4月、政友会を背景に再び満鉄社長(総裁に相当する)に就任するが、この当時野村は設立されたばかりの大湊興業株式会社の初代社長として業務にあたっており、本人に満鉄に戻る意思はなかった。しかし原敬の度重なる説得に負け再び大連の土を踏むことになる[3]。その後、政友会の森恪の経営する塔連炭鉱を不当な高値で買収するなど一連の「満鉄疑獄事件」が発覚。副総裁・中西清一は逮捕され、1921年(大正10年)5月には野村も更迭された。満鉄総裁に2回就任したのは野村だけだが、いずれも副総裁のために辞任に至った。

1918年(大正7年)6月に設立された大湊興業(株)は、犬塚信太郎の岳父である鈴木誠作が中心となって立ち上げた会社であるが[4]、野村は創立委員長として設立以前より会社に参画し、犬塚も創立委員に名を連ね、会社設立後は常務取締役として野村社長を支えた[5][6]。 野村は満鉄社長就任後も相談役として永く大湊興業(株)の事業に貢献している[7]

1924年(大正13年)3月には、東京地下鉄道株式会社社長となり、1932年(昭和7年)まで務めた。また、1925年(大正14年)8月に、南武鉄道株式会社社長に就任しており、1934年(昭和9年)11月までその職にあった。

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

  • 父藤陰は藩校「敬教堂」の講官も務め、私塾「鷄鳴塾」では多くの人材が学んだ。
  • 姉廣子は戸田鋭之助に嫁す。
  • 妻てつ子は大垣藩城代小原鉄心の孫。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第505号、大正3年4月8日。
  2. ^ 菊池寛の『満鉄外史』では、副総裁の伊藤大八のいいなりとなった無能極まりない人物として描かれている。
  3. ^ 蓑洲会編『野村龍太郎伝』292-294頁。
  4. ^ 『野村龍太郎伝』290頁。
  5. ^ 『読売新聞』大正7年2月3日「株式募集広告」。
  6. ^ 『日本全国諸会社役員録 第27回』下編296頁。
  7. ^ 『野村龍太郎伝』295頁。
  8. ^ 『官報』第4326号「叙任及辞令」1897年12月1日。
  9. ^ 『官報』第6007号「叙任及辞令」1903年7月11日。
  10. ^ 『官報』第7547号「叙任及辞令」1908年8月21日。
  11. ^ 『官報』第442号「叙任及辞令」1914年1月21日。
  12. ^ 『官報』第4651号「叙任及辞令」1899年1月4日。
  13. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日。
  14. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  15. ^ 『官報』第7690号・付録「辞令」1909年2月17日。

参考文献[編集]

  • 蓑洲会編『野村龍太郎伝』日本交通学会、1938年。
  • 藤井肇男『土木人物事典』アテネ書房、2004年。


先代:
古市公威
東京地下鉄道社長
1924年 - 1932年
次代:
根津嘉一郎