中西清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中西清一

中西 清一(なかにし せいいち、1874年(明治7年)9月25日[1] - 1927年(昭和2年)9月23日[2])は、明治期〜大正期の官僚逓信次官南満州鉄道副社長。

人物[編集]

東京府出身。旧制第二高等学校を経て1899年(明治32年)に東京帝国大学法科大学法律科を卒業し、高等文官試験に合格[1]内務省に入り、岩手県参事官兵庫県参事官、法制局参事官書記官を歴任した[1]1913年(大正2年)、鉄道院理事に就任し、総裁官房文書課長、監督局長を務めた[1]。その後、原敬内閣の逓信次官を経て、満鉄副社長に抜擢された。だが、満鉄背任容疑事件で起訴され、一審では有罪判決を受けたものの、1923年(大正12年)の二審で無罪となった[2]

その他、豊多摩郡会議員、渋谷町会議員も務めた[3]

栄典・授章・授賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 人事興信録 第5版 1918.
  2. ^ a b 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  3. ^ 南満洲鉄道株式会社副社長中西清一東京府豊多摩郡会議員及同府同郡渋谷町会議員ノ職引続留任認可願ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A04018143900 
  4. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 『日本人名大辞典』(2009、講談社)参照