林博太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 博太郎
人物情報
生誕 (1874-02-04) 1874年2月4日
東京府(現・東京都港区
死没 (1968-04-28) 1968年4月28日(94歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文科大学
配偶者 峰(先妻・園田孝吉長女)、ふき(後妻・田島竹之助長女)
両親 荘三(父)
学問
研究分野 教育学
研究機関 学習院
東京高等商業学校
東京帝国大学文学部
学位 文学博士(日本・1919年)
主要な作品 『欧米対照 修身科新教授法』(1917年)
『最近心理学参照 教育学十講』(1925年)
『国民学校原義』(1941年)
学会 哲学会
明治聖徳記念学会
主な受賞歴 帝都復興記念章
テンプレートを表示
林 博太郎
所属政党 研究会

選挙区伯爵議員
当選回数 5回
在任期間 1914年2月7日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

林 博太郎(はやし ひろたろう、1874年明治7年)2月4日 - 1968年昭和43年)4月28日)は明治時代から昭和時代にかけての日本教育学者実業家政治家伯爵文学博士

来歴[編集]

東京生まれ。祖父は伯爵林友幸東京府尋常中学校から旧制山口高等学校を経て、1899年7月、東京帝国大学文科大学哲学科を卒業後、1903年までドイツ留学。翌1904年(明治37年)に学習院教授に就任した。

1907年襲爵し、1914年2月[1]から1947年まで貴族院議員に選出される。1908年、東京高商(現・一橋大学)教授兼宮内省式部官。1919年(大正8年)に東京帝大教授(文博)。1932年7月から1935年8月まで南満州鉄道総裁。他に母校・東京府立一中同窓会如蘭会長、戦後は、霞会館監事、高千穂商科大学理事長などを務めた。

妻子[編集]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 「生れてから今日まで」(『教育』第5巻第1号、岩波書店、1937年1月 / 第5巻第2号、1937年2月)
著書
  • 『欧米対照 修身科新教授法』 宝文館、1917年9月
  • 『最近心理学参照 教育学十講』 宝文館、1925年2月
  • 『国民学校原義』 東洋図書、1941年1月
編書
  • 『新しき愛国論』 愛国社、1924年5月
  • 『中等修身教科書』 三省堂、1924年巻一-巻五
  • 『女子修身教科書』 三省堂、1925年巻一-巻五
  • 『帝国女子修身』 三省堂、1925年巻一-巻五
  • 『理科指導壱百回』 堀七蔵共編、東洋図書、1931年5月上巻・下巻
  • 『中等新公民教科書』 東洋図書、1933年12月上巻・下巻

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第458号、大正3年2月9日。
  2. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
澤柳政太郎
日本の旗 教科書調査会会長
1927年 - 1932年
次代:
鎌田栄吉
先代:
鎌田栄吉
日本の旗 教育評議会会長
1922年 - 1924年
次代:
(廃止)
その他の役職
先代:
澤柳政太郎
帝国教育会長
1928年 - 1932年
次代:
鎌田栄吉
日本の爵位
先代:
林友幸
伯爵
林(友幸)家第2代
1907年 - 1947年
次代:
華族制度廃止