青木楠男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木 楠男(あおき くすお、1893年明治26年)7月23日[1][2][3] - 1987年昭和62年)3月18日[1][2][3])は、大正から昭和時代の土木工学者内務官僚

経歴[編集]

高知県に生まれる[1][2]1918年(大正7年)東京帝国大学工科大学土木工学科を卒業し、内務省土木局に入る[2]1926年(大正15年)内務省土木試験所に転じ、1942年(昭和17年)同試験所長となる[2]。この間、欧米出張を経て1930年(昭和5年)東京帝国大学講師を兼任した[3]

1946年(昭和21年)官職を辞し、創設間もない早稲田大学理工学部土木工学科教授となり、1954年(昭和29年)理工学部長、1956年(昭和31年)大学院工学研究科委員長を歴任し、1964年(昭和39年)退職した[2]。また、東京工業大学でも講師として教鞭を執った[2]。翌年の1965年(昭和40年)には国士舘大学教授を経て、同年早稲田大学名誉教授となった[3]。この間、1954年(昭和29年)から1年間、土木学会第42代会長を務めた[3]。さらに1966年(昭和41年)日本学士院会員となった他、文化財保護委員会委員、溶接学会、日本道路協会名誉会員[3]、溶接学会会長、本州四国連絡橋技術調査会委員長[1]など要職を歴任した。

鋼鉄製橋梁の研究で知られ、特に溶接鋼橋の開発に先駆的な役割を果たした[2]。ほか、土木材料の研究や材料の試験法の規格化などに尽瘁した[2]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 上田ほか 2001, 6頁.
  2. ^ a b c d e f g h i 高橋、藤井 2013, 188頁.
  3. ^ a b c d e f 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2019年12月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年。ISBN 4062108496 
  • 高橋裕、藤井肇男 共著 『近代日本土木人物事典: 国土を築いた人々』 鹿島出版会、2013年。ISBN 4306094294