岩佐義朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩佐 義朗(いわさ よしあき、1928年昭和3年)9月2日[1][2] - 2013年平成25年)3月20日[1][2])は、昭和から平成時代の土木工学者京都大学名誉教授[1][2]。専門は水工学、河川工学[2]

経歴・人物[編集]

1951年(昭和26年)京都大学土木工学科卒業[1]建設省に入省し、河川局治水課、土木研究所を経て、1953年(昭和28年)京都大学助手に転じる[1]。ついで、1954年(昭和29年)同大講師、1955年(昭和30年)助教授を経て、1964年(昭和39年)教授に進んだ[1]1992年(平成4年)退官し、地球工学研究会会長となった[1]。ほか、1965年(昭和40年)マサチューセッツ工科大学客員教授、1979年(昭和54年)水理委員会委員長、国際水資源学会副会長、国際水理学会副会長(同名誉会員)、日本学術会議第13・14期会員、土木学会関西支部長、同学会長などを歴任した[1]2013年平成25年)3月20日肺がんにより死去[1]。84歳。

受賞[編集]

  • 1958年(昭和33年) - 土木学会奨励賞[1]
  • 1968年(昭和43年) - 土木学会論文賞[1]
  • 1996年(平成8年) - 土木学会功績賞[1]

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

[ヘルプ]