田代民治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田代 民治(たしろ たみはる、1948年昭和23年)8月21日[1] - )は、日本土木工学者実業家

経歴[編集]

福岡県出身[2]福岡県立修猷館高等学校を経て[3]1971年(昭和46年)東京大学工学部土木工学科を卒業し、鹿島建設に入社する[1]1994年平成6年)宮ヶ瀬ダム本体JV工事事務所長、1995年(平成7年)温井ダムJV工事事務所工事長、2005年(平成17年)執行役員東京土木支店長、2007年(平成19年)常務執行役員土木管理本部長を経て、2010年(平成22年)代表取締役副社長執行役員に就任する[1]

土木学会では盤力学委員会ダム小委員会委員、理事、副会長、創立100周年事業実行委員会副委員長、会長を歴任した[1]。会長在任中、生産現場の働き方改革、生産性向上などに尽力した[1]。ほか、日本ダム協会会長を務めた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2019年10月7日閲覧。
  2. ^ 土木学会/16年度会長に田代民治氏内定”. 日刊建設工業新聞 (2015年4月8日). 2019年10月7日閲覧。
  3. ^ 東京修猷会 第605回二木会(2014年10月9日(木))
  4. ^ 【ダム建設功績者に栄光】日本ダム協会が「第38回ダム建設功績者表彰式」で38人、5団体を表彰”. 建設通信新聞Digital (2018年11月27日). 2019年10月7日閲覧。