鈴木道雄 (建設事務次官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 道雄(すずき みちお、1933年昭和8年)11月4日[1] - )は、日本土木工学者建設事務次官

経歴[編集]

1956年(昭和31年)東京大学工学部土木工学科を卒業し、建設省に入省[1]1988年(昭和63年)建設技監を経て、翌年建設事務次官に就任し、退官した[1]。退官後、日本道路公団総裁を7年間務めたのち[2]1999年平成11年)道路環境研究所理事長に就任した[1]

ほか、土木学会会長、副会長などを務めた[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2019年10月7日閲覧。
  2. ^ 破壊すべき道路官僚「天下りシステム」の内実”. Foresight(フォーサイト)会員制国際情報サイト (2008年4月). 2019年10月7日閲覧。