栢原英郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栢原 英郎(かやはら ひでお、1940年2月13日 - )は、日本運輸技官土木技術者技術士工学博士運輸省港湾局長や、同省技術総括審議官北海道大学公共政策大学院特任教授、日本港湾協会会長、土木学会会長等を歴任した。土木学会功績賞受賞。

人物・経歴[編集]

東京都生まれ[1]東京都立小山台高等学校を経て、1964年北海道大学工学部土木工学科卒業、運輸省(現国土交通省)入省。1980年国際臨海開発研究センター主任研究員。1984年国土庁計画・調整局計画官。1987年運輸省港湾局開発課長。1990年運輸省第一港湾建設局長[2]。1994年運輸省港湾局長。1996年運輸省技術総括審議官[3]

1998年日本港湾協会理事長[3]。2005年北海道大学公共政策大学院特任教授[1]。2006年日本港湾協会会長。2008年土木学会会長[3]。同年「我が国の国土計画における地域開発モデルに関する研究」により北海道大学博士(工学)の学位を取得[4]。2010年度土木学会功績賞受賞。2014年草苑保育専門学校校長。瑞宝中綬章受章[5]明治学院理事等も歴任した[6]

著書[編集]

  • 『築土経国 : 「土木学」の提言』(編著)山海堂 2001年
  • 『日本人の国土観 : 地球時代への指針』ウェイツ 2008年

出典[編集]

  1. ^ a b 「日本人の国土観」
  2. ^ 「築土経国―「土木学」の提言」
  3. ^ a b c ■ 土木学会会長プロフィール土木学会
  4. ^ 北海道大学 , 博士 (工学) , 乙第6637号 , 2008-09-25
  5. ^ [1]
  6. ^ [2]