草間偉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

草間 偉(くさま いさむ、1881年明治14年)6月1日[1] - 1972年昭和47年)5月12日[1])は、明治時代後期から昭和時代の土木工学者

経歴・人物[編集]

長野県に生まれる[2]1906年明治39年)東京帝国大学工科大学土木工学科を卒業し、九州鉄道に入社[1]。別府線建設に従事したのち鉄道院に転じ日豊線建設を担当する[2]1909年(明治42年)母校の東京帝国大学工科大学助教授に転じ、1918年大正7年)から衛生工学の研究のため[2]2年間の欧米留学を経て帰朝し、逝去した中島鋭治に代わり1921年(大正10年)教授に進み土木工学講座担任となり、1942年(昭和17年)退官した(名誉教授)[1]

退官後は早稲田大学教授となり、1943年(昭和18年)の早稲田大学理工学部土木工学科創設の際は、初代学科主任に就任[3]。ついで、高岡市前橋市名古屋市福井市南満州鉄道などの上下水道顧問などを歴任した[1]

1923年(大正12年)の関東大震災をいち早く欧米に知らせた福島県相馬郡原町の無線塔は草間の設計によるものである[2]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2019年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 高橋、藤井 2013, 174頁.
  3. ^ HISTORY”. 早稲田大学 社会環境工学科 建設工学専攻. 2019年9月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 高橋裕、藤井肇男 共著 『近代日本土木人物事典: 国土を築いた人々』 鹿島出版会、2013年。ISBN 4306094294