最上武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

最上 武雄(もがみ たけお、1911年明治44年)3月13日[1] - 1987年昭和62年)12月15日[1])は、昭和から平成時代の土木工学者

経歴・人物[編集]

1934年昭和9年)東京帝国大学工学部土木工学科を卒業し、同大講師、助教授を経て、1947年(昭和22年)教授となり、1968年(昭和43年)工学部長に就任した[1]1971年(昭和46年)定年退官とともに名誉教授となり、同年日本大学理工学部教授に転じ、1981年(昭和56年)同大顧問となった[1]。この間、攻玉社短期大学客員教授を務めた[2]日本学術会議会員[1]

ほか、土質工学会会長(名誉会員)、国際土質基礎工学会議副会長、日本建設機械化協会会長(名誉会員)、土木学会会長などの要職を歴任した[1]1987年昭和62年)12月15日肺性心のため死去した[3]

受賞[編集]

  • 1943年(昭和18年) - 土木学会賞[1]
  • 1967年(昭和42年) - 土質工学会論文賞[1]
  • 1969年(昭和44年) - 土質工学会功績賞[1]
  • 1983年(昭和58年) - 土木学会功績賞[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 歴代会長紹介”. 公益社団法人 土木学会. 2019年9月5日閲覧。
  2. ^ 高橋、藤井 2013, 257頁.
  3. ^ 福岡 1988, 1頁.

参考文献[編集]

  • 福岡正巳 「元会長名誉会員最上武雄氏のご逝去をいたむ」、『土と基礎』 第36巻第2号、1988年http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10434454_po_ART0005449178.pdf?contentNo=1&alternativeNo= 
  • 高橋裕、藤井肇男 共著 『近代日本土木人物事典: 国土を築いた人々』 鹿島出版会、2013年。ISBN 4306094294