田辺朔郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田辺朔郎

田辺 朔郎(たなべ さくろう、1861年12月2日文久元年11月1日) - 1944年昭和19年)9月5日)は、日本の土木技術者工学者琵琶湖疏水や日本初の水力発電所の建設、関門海底トンネルの提言を行なうなど、日本の近代土木工学の礎を築いた[1]北海道官設鉄道敷設部長として北海道の幹線鉄道開発に着手し[2]狩勝峠の名づけを行った。

略歴[編集]

幕臣田辺孫次郎(忠篤)とふき子の長男として東京市の根津愛染町に生まれる[3][4]。生後9か月で父親が病死し、家督を継ぐ[3]。叔父の田辺太一が後見人となり、5歳から大久保敢斎より漢学を、福地源一郎より洋学を学ぶ。沼津兵学校一等教授に着任した太一に伴って明治2年に沼津に同行し、翌年同兵学校付属小学校に入学したが、明治4年に太一が外務省に出仕となったため、朔郎一家も湯島天神町に転居し、近くにあった南部藩共慣義塾で英語・数学・漢学を学ぶ。明治6年に岩倉遣欧使節団の一等書記官として洋行していた太一が帰国し、横浜港へ迎えに行った際に外国汽船ゴールデンエイジ号の機関室で蒸気エンジンを見たことで工学に興味をもち、科学者を志して明治8年に工学寮付属小学校へ転校[3][5]。明治10年に工部大学校(工学寮より改称)に進み土木工学を専攻[3]

在学中に、京都府知事・北垣国道が、遷都で疲弊した京都の活性化のために、角倉了以角倉素庵時代からの長年の懸案だった琵琶湖疎水工事を天皇下賜金で断行することを知り、明治14年(1881)に卒業研究として京都へ調査旅行に赴き、卒業論文「琵琶湖疏水工事の計画」を完成させる[3][6]。のちに同論文は海外雑誌にも掲載され[6]イギリス土木学会の最高賞であるテルフォード賞を授与された[2][7]大鳥圭介工科大学校学長の推薦により、明治16年(1883)に卒業と同時に京都府の御用掛に採用され、弱冠21歳で大工事である琵琶湖疎水の担当となる[8]。工事途中の明治21年(1888)に議員の高木文平とともに渡米し、ダムや運河の水力利用で世界的な製紙の町となったホルヨーク (マサチューセッツ州)や世界初の水力発電を実現したアスペン鉱山を視察し、当初予定の水車動力を水力発電に変更し、蹴上発電所を創設。この変更は、のちの京都の近代産業化に大いに寄与した[2][6]

明治23年(1890)の第一疎水完成後、帝国大学工科大学(工部大学校より改称)の教授に任命されて帰京[3]。同年、榎本武揚の媒酌で北垣の長女静子と結婚[9]。北海道庁長官に就任した北垣の要請で、北海道全道に1000マイル(約1600km)の幹線鉄道敷設計画の調査に着手し、計画・建設に携わる[2][10]

年譜[編集]

家族[編集]

  • 祖父・田辺石菴 - 御家人(書院番与力)。田辺家は代々学問を以て幕府に仕えて来た家柄で,石菴は元は尾張藩儒者の村瀬海輔だったが、田辺家の養子となり、昌平黌教授や甲府徽典館の学頭を務めた[5]
  • 父・田辺孫次郎(忠篤) - 抱人与力、富士見御宝蔵番となり、幕府の講武所で西洋砲術を教えた。80石。コレラにより42歳で死去[15]
  • 母・ふき子
  • 姉・鑑子(てるこ) - 片山東熊に嫁ぐ
  • 妻・静子 - 北垣国道の長女
  • 長男・秀雄 - 東大建築学科在学中の1914年(大正3年) に死去
  • 次男・主計 - 田辺太一の長男・次郎一(三井物産ロンドン支店長)が客死したため太一の養嗣子になる。同志社大学英文科卒業後、三井銀行勤務、登山関係の翻訳書多数[16]
  • 三男・多聞 - 夭折した長男に代わり嗣子となる。内務省朝鮮総督府鉄道本局釜山地方交通局長[17]。妻の美佐子は貴族院議員有賀光豊の長女[17]
  • 叔父・田辺太一 - 父の弟。岩倉遣欧使節団 随行、外務一等書記官、錦鶏間祗候。娘に三宅花圃[18](夫は三宅雪嶺)。

栄典[編集]

写真[編集]

北緯35度00分30秒 東経135度47分28秒 / 北緯35.0082678度 東経135.7910125度 / 35.0082678; 135.7910125

映画[編集]

  • 『明日をつくった男 田辺朔郎と琵琶湖疏水』虫プロダクション制作、2003年3月公開[20]

関連書[編集]

  • 『北海道浪漫鉄道』田村嘉子、新潮社 (1986/10)
  • 『びわ湖疏水にまつわる、ある一族の話』田辺康雄(朔郎の孫)、自家本、1991

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 田辺朔郎田中舘愛橘記念科学館
  2. ^ a b c d 未開の大地に吹き込んだ情熱田村嘉子、『国土交通』39号、国土交通省、2004-03-20、p20
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 工學博士 田邊朔郞『沼津兵学校附属小学校』 (大野虎雄, 1943)
  4. ^ 田辺朔郎君『第五回内国勧業博覧会審査官列伝. 前編』 (金港堂, 1903)
  5. ^ a b c 琵琶湖疏水と田辺朔郎吉田英生、日本機械学会RC196資源環境問題に調和した熱・エネルギーシステムとその基盤技術に関する調査研究分科会研究報告書・II (2004年8月)
  6. ^ a b c 田辺朔郎と琵琶湖第 1 疏水事業京都の水辺の歴史的変遷と都市防災に関する研究、『京都大学防災研究所年報』、2004年
  7. ^ 英国土木学会初代会長トーマス・テルフォードに関する研究 土木史研究 第12号1992年6月
  8. ^ 琵琶湖疎水京都域粋第16号、02/07/31
  9. ^ 主要な業績の説明田中舘愛橘記念科学館
  10. ^ 21世紀に語り継ぎたい 東大教授のポストを捨て人跡未踏の北海道に夢の鉄道建設にかけた男—土木技術者・田辺朔郎阪本一之 (北海道開発協会, 2001-06)
  11. ^ 「叙任及辞令」『官報』1890年11月4日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 「博士授与式」東京日日新聞明治24年8月25日『新聞集成明治編年史. 第八卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ Scientific American November 07, 1896 The Lake Biwa-Kioto Canal, Japan By Sakuro Tanabe Scientific American
  14. ^ 「叙任及辞令」『官報』1916年4月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ 田邊太一について : ある幕臣のフランス体験 富田仁、立正女子大学短期大学部研究紀要 Vol.19, (1975. 12)
  16. ^ お茶の水時代の人・田辺主計(かずえ)のこと南川金一、日本山岳会緑爽会会報140号、2015年10月22日
  17. ^ a b 田邉康雄プロフィール田辺コンサルタント・グループ
  18. ^ 第二篇 琵琶湖疏水開鑿大恩人 田邊朔郎博士『近代日本文化恩人と偉業』北垣恭次郎 著 (明治図書, 1941)
  19. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  20. ^ 明日をつくった男 田辺朔郎と琵琶湖疏水 THE MAN WHO HAS CHANGED THE HISTORY-A DRANNAGE OF LAKE BIWA虫プロダクション、2003年
  21. ^ 百石斎(旧田邉朔郎書斎)文化遺産オンライン

外部リンク[編集]