ヘンリー・ダイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Henry Dyer

ヘンリー・ダイアー(Henry Dyer、1848年8月16日 - 1918年9月25日)はスコットランド出身の技術者及び技術教育者で、明治日本における西洋式技術教育の導入に大きな貢献をなした。

生涯[編集]

1873年から1882年まで工部省工学寮工学校(1877年工部大学校に改称、東京大学工学部の前身)の初代都検(教頭。実質的な校長)を務めた。電話機フットボールをはじめて日本に持ち込んだ人物としても知られる。帰国後も、日本を「東洋の英国」と位置づけるなど、近代期の日英関係に貢献した。

彼は、日本人の特筆についてこう述べている。

これまでさんざん言い古されてきた、『日本人は非常にモノマネが巧みだが、独創性もなければ偉大なことを成し遂げる忍耐力もない』といった見方は、余りにも時代遅れというものである。(ヘンリー・ダイアー著『大日本』より)

当時、ヨーロッパにおけるエンジニアリングの地位は、サイエンスに対して低く見られていた。ダイアーは、日本における工学教育の確立にあたり、「工学は『もの』を対象にして、それを扱う学問である。」とし、エンジニアリングを学問として確立することを目指した。また、理論より実践を重視した教育を目指し、学生に工場や土木現場で働くことを課した。また、全人的な教育を目指し、知識だけでなく、身体、精神の鍛錬を重んじた。当時、工部大学校には士族が多く学んだが、この教育により「サムライ」としての立場にとらわれず、「エンジニア」としての精神を身につけていったとされる。このことは、近代日本における工学の地位を高めるとともに、独立国家として発展する原動力となった。

ダイアーの教育思想を育んだ背景は、大英帝国の発展を支えた「機械の都」スコットランドグラスゴーに根づく「エンジニアの思想」であったと考えられる。「エンジニアの思想」とは、ヴィクトリア期スコットランド人技師によって生み出されたもので、「エンジニアとは、社会進化の旗手であり、生涯、研究・創作していく専門職である」という考え方である。

ダイアーがグラスゴー大学ウィリアム・ランキン教授のもとで学んでいた1860年代末、ランキンは同大学内に工学部を創設しようと奔走していた。19世紀半ば、インド植民地は大量の技術者を必要としており、イギリス政府はその技術者を養成をするために技術学校を創設を考えていた。ランキンもその委員会に加わり、彼はそのための専用の工学校を作るより、既存の大学の中に工学部を新設していく方を主張した。最終的に、1870年にイギリス政府は「インド工学校Indian Civil Engineering College」英語版の創設を決めたため、ランキンの計画はかなわなかった。1871年末、工学頭の山尾庸三が旧知のヒュー・マセソン英語版工学寮工学校教師団の雇用協力を打診し、さらに伊藤博文が1872年にロンドンに滞在した際マセソンに正式依頼した。マセソンは友人のルイス・ゴードン英語版を通してグラスゴー大学のランキンに教師団人選を依頼したところ、同大学に集まっていた俊英を教員として派遣してくれることになった。ダイアーはランキンのもとで工学教育論を研究しており、師のランキンがスコットランドでなしえなかった工学部創設を、極東の日本で成し遂げたことになる。山尾は、1866年から68年までの2年間、グラスゴーで技術研修を受けたことがあり、ダイアーはアンダーソン・カレッジで山尾を見かけたことがあると述べている[1]。山尾庸三は、伊藤博文井上馨井上勝遠藤謹助らとともに幕末期に英国に密航した「長州五人組」のひとりであり、工部省の工部大輔、工部卿を歴任している。ダイアーは帰国後、イギリスの工学教育機関の変革を試み、このアンダーソン・カレッジAnderson's College英語版の後身であるストラスクライド大学の設立にも尽力した。

また、工部大学校で、教鞭をとるうちに、彼は日本の学生たちの特筆に気が付く。彼の講演記録に、こう記している。

日本の学生は、何でも本から学ぼうとし、それよりもはるかに大切な観察と経験を疎かにする傾向がある。・・・工学に携わる人は、どんなに立派な理論を知っていても、知識だけの人にはなってはいけないし、また、どんなに器用でも、無知であってはならない。(明治 第二集 模倣と独創~外国人が見た日本~ 2005.4.16 番組内の説明より抜粋)

経歴[編集]

著作[編集]

  • The Evolution of Industry(1895)
  • Dai Nippon: The Britain of the East(1904)
    • Henry Dyer、平野 勇夫訳『大日本 技術立国日本の恩人が描いた明治日本の実像』 実業之日本社、1999年。ISBN 9784408103570
  • Japan in World Politics(1909)
  • The Collected Writings of Henry Dyer, in 5 vols., edited by Nobuhiro Miyoshi (Tokyo: Edition Synapse) ISBN 978-4-901481-83-0

参考文献[編集]

  • 三好信浩 『ダイアーの日本』福村出版、1989年。ISBN 9784571105333
  • 北政巳 『国際日本を拓いた人々 日本とスコットランドの絆』 同文館出版 1984年
  • 北政巳 『御雇外国人ヘンリー・ダイアー 近代(工業)技術教育の父:初代東大都検(教頭)の生涯』 文生書院、2007年。ISBN 9784892533693

関連項目[編集]

  1. ^ ダイアー『大日本』