建設事務次官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建設事務次官(けんせつじむじかん)とは国家公務員における官職及び役職の一つ。建設省(現国土交通省)の事務方のトップ。建設院時代は建設院総務長官であった。

概要[編集]

建設省は技官の影響が強く、建設事務次官には事務官と土木技官が交互に事務次官となるたすきがけ人事の慣行が存在した。

歴代の建設事務次官[編集]

建設院総務長官
  • 阿部美樹志:1948年1月1日 - 1948年7月10日(以下、高橋国一郎まで内務出身)
建設事務次官

関連項目[編集]

参考文献[編集]