中村覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 覚
Satoru Nakamura.jpg
生誕 1854年3月18日
死没 1925年1月29日(満70歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

中村 覚(なかむら さとる、安政元年2月20日1854年3月18日) - 大正14年(1925年1月29日)は、日本の陸軍軍人華族。階級は陸軍大将勲一等功二級男爵に昇る。

経歴[編集]

彦根藩中村千太夫の二男として生まれる。藩徒士を経て、陸軍教導団に入る。西南戦争に出征。日清戦争時には東宮武官侍従武官を務めた。日露戦争に出征し旅順攻囲戦で「白襷隊」の指揮官として負傷し、勇名を馳せた。

その後、東京衛戍総督など陸軍の要職や、関東都督侍従武官長を歴任した。

日露戦争[編集]

中村の部隊は、第3軍に編入された。南山の戦闘に参加後、旅順攻略にあたる。

旅順攻略戦は、既に2回の総攻撃を仕掛けていたがいまだ陥落せず、次の第3次総攻撃に大きな期待が集まっていた。11月26日に総攻撃を行うことが決定し、中村は別働隊として奇襲を担当した。無謀とも云えるこの作戦の指揮を取ることになった中村は、部下に

「大勢の兵士が死んでいる。そろそろ上(将官階級)の者が死なないと申し訳が立たないではないか」

と述べたと伝えられる。

編制された特別隊は、3000人の規模で要塞に対し夜襲を行うこととなった。所属兵士全員が夜間の味方識別のため白襷を掛けていたことから、この部隊は後に「白襷隊」と呼ばれた。出撃に際し中村は、

「若し我倒れたら、指揮は渡辺大佐に代われ、渡辺が倒れたら大久保中佐が指揮を取れ、各部隊とも順次変わる者を決めておけ。ゆえなく後方に留まったり、隊伍を離れる者があれば斬れ!」

と云う壮絶な訓示を行っている。26日午前8時から攻撃を開始し、午後には歩兵部隊の突撃が始まったが、通常攻撃では陥落させることが出来なかった。夜になり中村の部隊が奇襲を行ったが、ロシア軍の反撃により全滅した。この戦闘で中村も負傷し、内地に送られる。

年譜[編集]

栄典[編集]

親族[編集]

登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7656号、明治42年1月6日。
  2. ^ 薩長閥が実権を握る陸軍にあって、藩閥外の中村が異例の出世をしたことについては、「白襷隊の壮挙を出世に利用した」などと誹謗された。
  3. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  4. ^ 『官報』第3498号「叙任及辞令」1895年3月1日。
  5. ^ 『官報』第3693号「叙任及辞令」1895年10月19日。
  6. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  7. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  8. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  9. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  10. ^ 『官報』第1218号「叙任及辞令」1916年8月21日。

参考文献[編集]

  • 日本博学倶楽部『日露戦争・あの人の「その後」』PHP文庫、2004年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
軍職
先代:
平佐良三
第15師団長
第3代:1907年1月28日 - 1908年12月29日
次代:
内山小二郎
先代:
川村景明
東京衛戍総督
1913年8月22日 - 1914年9月15日
次代:
浅田信興
先代:
福島安正
関東都督
第3代:1914年9月15日 - 1917年7月31日
次代:
中村雄次郎
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
中村(覚)家初代
1907年 - 1925年
次代:
中村謙一