森村財閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森村財閥(もりむらざいばつ)は、明治から大正期に成立した財閥で、6代目森村市左衛門が創設した森村組(現在の森村商事)および日本陶器合名会社(現在のノリタケカンパニーリミテド)とその系列会社で構成されていた、陶業、商事を中心とした企業集団のこと。

かつては、森村銀行という金融部門をもっていたが、1929年(昭和4年)5月 に三菱銀行(現在の三菱UFJ銀行)へ合併された。その関係で、三菱財閥と親密な関係があった。

現在は、世界最大級の陶業企業集団の「森村グループ」として緩やかな企業集団となっている。又、財団法人森村豊明会なども関係している。

森村財閥の現在[編集]

森村財閥は戦後、「森村グループ」として他の旧財閥と同じくグループ化した。ノリタケカンパニーリミテド森村グループの中核企業である。その他に、TOTO森村商事日本碍子日本特殊陶業大倉陶園共立マテリアルなどがある。

森村グループを実質的に統括しているのは、森村一族が経営権を掌握している森村商事であり、森村商事の社外取締役に、TOTO、日本碍子、ノリタケカンパニーリミテド、日本特殊陶業のそれぞれ会長が就任している。

ノリタケカンパニーリミテドの第8位株主2007年5月現在)がTOTO株式会社であることなどから資本面でも繋がりが見受けられる。

株式会社INAX(旧伊奈製陶株式会社)は、2001年にトステムと経営統合したこともあり、森村グループから離脱している。