小林謙五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 謙五
Kengo Kobayasi.jpg
聯合艦隊参謀副長時代
生誕 1893年3月22日
日本の旗 日本 滋賀県
死没 (1948-04-23) 1948年4月23日(55歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1915 - 1948
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

小林 謙五(こばやし けんご、1893年3月22日 - 1948年4月23日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

本籍滋賀県中村覚陸軍大将の五男として東京に生れ、小林陣八郎の養子となる。東京府立一中を経て、1914年12月、海軍兵学校42期)を次席で卒業し、1915年12月、海軍少尉に任官。海軍水雷学校高等科で学ぶ。給油艦神威分隊長、「峯風」水雷長、呉鎮守府参謀などを歴任し、1926年11月、海軍大学校(甲種24期)を卒業。

艦長アメリカ駐在、アメリカ大使館付武官補佐官、横須賀鎮守府参謀などの後、海軍省副官海相秘書官となり加藤友三郎大臣に仕えた。さらに、侍従武官、給油艦「鶴見」艦長、アメリカ大使館付武官、「球磨」「高雄」「陸奥」の各艦長などを歴任。1941年10月、海軍少将に進級し、第1艦隊参謀長として太平洋戦争を迎えた。

その後、呉鎮守府参謀長、連合艦隊参謀副長などを勤め、1944年10月、海軍中将となった。旅順方面特別根拠地隊司令官として終戦を迎え、ソ連軍の捕虜となった。シベリア抑留中の1948年に戦病死した。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。