山崎猛 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山崎 猛
やまざき たけし
Takeshi Yamazaki.jpg
生年月日 (1886-06-15) 1886年6月15日
出生地 日本の旗 日本 茨城県水戸市
没年月日 (1957-12-27) 1957年12月27日(71歳没)
出身校 旧制第一高等学校中退
前職 新聞社社長
所属政党 立憲政友会→)
日本自由党→)
民主自由党→)
自由党

日本の旗 第38代 衆議院議長
在任期間 1946年8月24日 - 1947年3月31日
天皇 昭和天皇

内閣 第3次吉田第3次改造内閣
在任期間 1952年9月2日 - 1952年10月30日

日本の旗 第13代 運輸大臣
内閣 第3次吉田第1次改造内閣
第3次吉田第2次改造内閣
在任期間 1950年6月28日 - 1951年12月26日

選挙区 茨城県全県区
茨城県第2区
当選回数 3回(計10回)
在任期間 1946年 - 1955年
選挙区 茨城県第?区
茨城県第2区
当選回数 7回
在任期間 1920年 - 1937年

その他の職歴
日本の旗 民主自由党幹事長
(1948年 - 1948年)
テンプレートを表示

山崎 猛(やまざき たけし、1886年(明治19年)6月15日 - 1957年(昭和32年)12月27日)は、日本政治家

衆議院議長(第38代)・運輸大臣などを務めた。

概要[編集]

茨城県水戸市出身。旧制第一高等学校を中退した後、代用教員から徳富蘇峰の招きで京城日報の記者に。更に大連へ移って満州日報社長を務める。

1920年の総選挙立憲政友会公認で総選挙に出馬し初当選、以後衆院議員を10期務め廣田内閣では農林政務次官に就任。戦後の1946年には、旧憲法下では最後の衆議院議長を務めている。この間1923年から1年間水戸市長も兼任している。

戦後は日本自由党を経て1948年民主自由党幹事長となるが、芦田内閣昭和電工事件から総辞職するとGHQ民政局の打診を受けて山口喜久一郎星島二郎など党反主流派から首相就任を求められる。しかし松野鶴平の意を受けた政友会時代からの同僚議員だった益谷秀次林譲治から説得を受ける格好で自ら議員を辞職、首相就任を固辞する格好になった(山崎首班工作事件)。このため翌年の総選挙で国政復帰すると、選挙を受けて成立した第3次吉田内閣運輸大臣に、1951年には第3次吉田第3次改造内閣で経済審議庁長官にそれぞれ起用されている。

議会
先代:
樋貝詮三
日本の旗 衆議院議長
第38代:1946年 - 1947年
次代:
松岡駒吉
公職
先代:
大屋晋三
日本の旗 運輸大臣
第13代:1950年 - 1951年
次代:
村上義一
先代:
周東英雄
日本の旗 経済審議庁長官
第2代:1952年
次代:
池田勇人
党職
先代:
結党
民主自由党幹事長
初代:1948年
次代:
広川弘禅