岩手県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗岩手県第3区
衆議院小選挙区 岩手県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 花巻市北上市一関市奥州市和賀郡胆沢郡西磐井郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2013年2017年区割変更)
選出議員 小沢一郎
有権者数 389,919人
1.63 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

岩手県第3区(いわてけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割変更により、4区が廃止されたことに伴い、区域が変更されている。2017年の区割り変更前は以下の区域であった。(旧区域2)

2013年の選挙区割り変更で、山田町が2区から3区に移った。2013年の区割り変更前は以下の区域であった。(旧区域1)

  • 大船渡市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、西磐井郡、気仙郡、上閉伊郡

歴史[編集]

中選挙区時代は区域の大半が小沢一郎地盤である旧岩手2区であった。小選挙区制導入後、小沢は岩手4区が選挙区となり、3区は自身の腹心を送り込む形を取った。1996年第41回衆議院議員総選挙では小沢の腹心である佐々木洋平が当選したが、佐々木が保守党に移籍して小沢と袂を分かったため、2000年第42回衆議院議員総選挙では、新たな候補として黄川田徹を送り込み当選、佐々木は落選した。その後黄川田は小沢の腹心として以降4期に渡って3区での当選を続けた。小選挙区制導入から2009年までは小沢一郎と同じ党(新進党自由党民主党)に所属する候補者が当選していたことになる。

2011年東日本大震災を契機として黄川田は小沢と離縁、小沢が離党した際に同調せず民主党に残留した。このため、2012年第46回衆議院議員総選挙では、日本未来の党所属の小沢は新たな候補として佐藤奈保美を擁立、3区の前職者対小沢の推す新人という、2000年と同じ選挙体系となった。皮肉にも12年前の選挙区では佐々木に対する刺客となった黄川田が、今度は刺客を立たされる格好となった形である。

しかし2000年と違ってこの選挙でも黄川田が5期連続で当選し、名実ともに「小沢系の地盤」から「黄川田の地盤」と変化したといえる。震災の津波被害が大きかった選挙区で、民主党の候補が小選挙区で当選したのはここと宮城5区のみであった。自民党橋本英教は小選挙区こそ2氏の争いに埋没し3位に終わったものの、自民党がこの選挙において小選挙区で大勝し、比例東北ブロックにおいて重複立候補していたすべての候補が復活することができたため、名簿5位で復活当選。3区が設置されて以来初となる2人の当選者を輩出した。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、前回と一転して、小沢率いる生活の党は候補者を出さず、黄川田と橋本の激突となり、黄川田が勝利したが、橋本は再び比例復活当選を果たした。

2017年に公職選挙法改正に伴い岩手県の小選挙区数が4から3に減らされたことによって大幅な区割り変更が行なわれた。新3区の選挙区は旧3区の一関市と平泉町以外はほぼ旧4区の選挙区を踏襲する区割りとなった。10月に行われた第48回衆議院議員総選挙では、旧3区の黄川田は引退、橋本は自民党の比例下位単独候補となった(落選)。小選挙区では旧4区の小沢(野党統一候補として自由党に所属したまま無所属で出馬)と藤原崇(自民・比例復活)が横滑りで立候補し、小沢が当選、藤原が比例復活となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 佐々木洋平 新進党 旧区域1
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 黄川田徹 自由党 旧区域1
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 黄川田徹 民主党 旧区域1
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 黄川田徹 民主党 旧区域1
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 黄川田徹 民主党 旧区域1
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 黄川田徹 民主党 旧区域1
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 黄川田徹 民主党 旧区域2
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 小沢一郎 無所属

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 岩手県第3区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:389,315人 最終投票率:60.30%

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
小沢一郎 75 無所属 130,229票
57.4%
―― 自由党日本共産党社会民主党 ×
比当 藤原崇 34 自由民主党 96,571票
42.6%
74.2% 公明党
第47回衆議院議員総選挙 岩手県第3区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黄川田徹 61 民主党 80,339票
56.6%
――
比当 橋本英教 47 自由民主党 46,165票
32.5%
57.5% 公明党
菊池幸夫 55 日本共産党 15,328票
10.8%
19.1%
第46回衆議院議員総選挙 岩手県第3区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日 最終投票率:65.38%(前回比:-9.76ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黄川田徹 59 民主党 62,684票
41.5%
―― 国民新党
佐藤奈保美 46 日本未来の党 43,539票
28.8%
69.5% 新党大地
比当 橋本英教 45 自由民主党 36,234票
24.0%
57.8%
菊池幸夫 53 日本共産党 8,642票
5.7%
13.8%
第45回衆議院議員総選挙 岩手県第3区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日 最終投票率:75.14%

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黄川田徹 55 民主党 122,746票
67.0%
――
橋本英教 42 自由民主党 57,674票
31.5%
47.0%
阿部忠臣 35 幸福実現党 2,811票
1.5%
2.3%
第44回衆議院議員総選挙 岩手県第3区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黄川田徹 51 民主党 102,477票
55.1%
――
橋本英教 38 自由民主党 69,817票
37.5%
68.1%
菊池幸夫 46 日本共産党 13,816票
7.4%
13.5%
第43回衆議院議員総選挙 岩手県第3区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黄川田徹 50 民主党 93,862票
51.0%
――
中村力 41 自由民主党 79,453票
43.2%
84.6%
菊池幸夫 44 日本共産党 10,690票
5.8%
11.4%
第42回衆議院議員総選挙 岩手県第3区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黄川田徹 48 自由党 58,776票
30.9%
――
中村力 38 無所属 52,368票
27.5%
89.1% ×
志賀節 67 自由民主党 30,623票
16.1%
52.1%
佐々木洋平 58 保守党 20,000票
10.5%
34.0%
熊谷修二 40 民主党 15,483票
8.1%
26.3%
菊池幸夫 41 日本共産党 10,414票
5.5%
17.7%
加藤正 67 無所属 2,846票
1.5%
4.8% ×
第41回衆議院議員総選挙 岩手県第3区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐々木洋平 54 新進党 103,952票
57.5%
――
志賀節 63 自由民主党 58,881票
32.6%
56.6%
小野寺永子 61 日本共産党 17,846票
9.9%
17.2%

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]