新潟県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗新潟県第5区
衆議院小選挙区 新潟県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 長岡市2区4区に属さない地域)、小千谷市魚沼市南魚沼市南魚沼郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
選出議員 泉田裕彦
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
283,979人
1.22 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

新潟県第5区(にいがたけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年公職選挙法改正で設置。

区域[ソースを編集]

歴史[ソースを編集]

中選挙区時代は元首相田中角栄の選挙区であり、その地盤の強さで日本中に知られていた。角栄の長女で後継となった田中眞紀子小選挙区移行後も強固な「田中王国」を背景に当選を重ねてきた。しかし、眞紀子が自民党を離党し、無所属を経て民主党に入党すると、角栄時代からの後援会および支持団体の大規模な離脱が表面化。さらに、自民党が地元の旧山古志村長(長岡市復興管理監)であった長島忠美比例北陸信越ブロックの単独候補から転入すると、従来の眞紀子の支持層は大きく割れた。

2012年第46回衆議院議員総選挙では眞紀子自身の文部科学大臣時の発言による混乱への批判や、民主党全体への強い逆風もあり、眞紀子は比例復活すら出来ずに落選。民主党大敗の象徴や「田中王国」の崩壊と取り上げられた。

第47回衆議院議員総選挙では、眞紀子は立候補せず、元参議院議員森裕子生活の党の公認として立候補したが、長島忠美が当選した。

2017年に長島が死去、同年の第48回衆議院議員総選挙において、自民党は後継として前知事の泉田を擁立し、泉田は前魚沼市長の大平を破り当選した。

小選挙区選出議員[ソースを編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 田中眞紀子 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 田中眞紀子 自由民主党
第42回衆議院議員補欠選挙 2002年 星野行男 無所属 ※田中眞紀子の秘書給与流用疑惑による辞職に伴う
第43回衆議院議員総選挙 2003年 田中眞紀子 無所属
第44回衆議院議員総選挙 2005年 田中眞紀子 無所属
第45回衆議院議員総選挙 2009年 田中眞紀子 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 長島忠美 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 長島忠美 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 泉田裕彦 自由民主党

選挙結果[ソースを編集]

第48回衆議院議員総選挙 新潟県第5区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:282,318人 最終投票率:64.97%(前回比:+12.64ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
泉田裕彦 55 自由民主党 91,855票
51.8%
―― 公明党推薦
大平悦子 61 無所属 79,655票
44.9%
86.7% 日本共産党民進党社会民主党自由党推薦 ×
笠原麗香 25 幸福実現党 5,735票
3.2%
6.2%
第47回衆議院議員総選挙 新潟県第5区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:279,756人 最終投票率:52.33%(前回比:-11.42ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
長島忠美 63 自由民主党 81,176票
57.3%
―― 公明党
森裕子 58 生活の党 47,420票
33.5%
58.4%
服部耕一 45 日本共産党 12,993票
9.2%
16.0%
第46回衆議院議員総選挙 新潟県第5区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:282,118人 最終投票率:63.75%(前回比:-11.77ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
長島忠美 61 自由民主党 80,488票
45.7%
―― 公明党
田中眞紀子 68 民主党 51,503票
29.3%
64.0% 国民新党
米山隆一 45 日本維新の会 35,720票
20.3%
44.4% みんなの党
服部耕一 43 日本共産党 8,296票
4.7%
10.3%
第45回衆議院議員総選挙 新潟県第5区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:284,942人 最終投票率:75.52%(前回比:+1.80ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
田中眞紀子 65 民主党 103,202票
49.1%
――
米山隆一 41 自由民主党 86,453票
41.1%
83.8%
伊部昌一 57 社会民主党 17,698票
8.4%
17.1%
山田好孝 58 無所属 1,458票
0.7%
1.4% ×
笠巻健也 39 幸福実現党 1,323票
0.6%
1.3%
第44回衆議院議員総選挙 新潟県第5区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:286,954人 最終投票率:73.72%(前回比:+2.79ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
田中眞紀子 61 無所属 105,484票
51.2%
―― ×
米山隆一 38 自由民主党 82,993票
40.3%
78.7%
斎藤実 47 日本共産党 17,693票
8.6%
16.8%
第43回衆議院議員総選挙 新潟県第5区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:287,091人 最終投票率:70.93%(前回比:-1.77ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
田中眞紀子 59 無所属 98,112票
49.1%
―― ×
星野行男 71 自由民主党 61,937票
31.0%
63.1%
白川勝彦 58 無所属 30,086票
15.1%
30.7%
斎藤実 46 日本共産党 9,506票
4.8%
9.7%
第42回衆議院議員補欠選挙 新潟県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 推薦・支持
星野行男 70 無所属 69,146票
47.9%
石積勝 52 無所属 60,045票
41.6%
桑原加代子 55 日本共産党 15,298票
10.6%
第42回衆議院議員総選挙 新潟県第5区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:72.70%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
田中眞紀子 56 自由民主党 137,866票
68.6%
――
目黒吉之助 66 社会民主党 50,208票
25.0%
36.4%
加藤栄二 69 日本共産党 12,827票
6.4%
9.3%
第41回衆議院議員総選挙 新潟県第5区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
田中眞紀子 52 自由民主党 96,759票
48.9%
――
星野行男 64 新進党 75,524票
38.1%
78.1%
片岡正英 41 社会民主党 15,823票
8.0%
16.4%
近藤正行 56 日本共産党 9,961票
5.0%
10.3%

関連項目[ソースを編集]