兵庫県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗兵庫県第5区
衆議院小選挙区 兵庫県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 豊岡市川西市(旧東谷村域)、三田市丹波篠山市養父市丹波市朝来市川辺郡美方郡
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 谷公一
有権者数 36万9001人
1.595 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

兵庫県第5区(ひょうごけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のとおりである[1][2]。2017年の区割り変更により、川西市(旧東谷村域)の区域が6区より移行している。

  • 豊岡市
  • 川西市(旧東谷村域)
    • 平野字カキヲジ原、西畦野(字丸山、字東通りを除く)、一庫、国崎、黒川、横路、大和東1〜5丁目、大和西1〜5丁目、美山台1〜3丁目、丸山台1〜3丁目、見野1〜3丁目、東畦野、東畦野1〜6丁目、東畦野山手1・2丁目、長尾町、西畦野1・2丁目、山原、山原1・2丁目、緑が丘1・2丁目、山下町、山下、笹部1〜3丁目、笹部、下財町、一庫1〜3丁目
  • 三田市
  • 丹波篠山市
  • 養父市
  • 丹波市
  • 朝来市
  • 川辺郡
  • 美方郡

2017年以前の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[3]

  • 豊岡市
  • 三田市
  • 篠山市
  • 養父市
  • 丹波市
  • 朝来市
  • 川辺郡
  • 美方郡

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[4]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[5]

  • 豊岡市
  • 三田市
  • 川辺郡
  • 城崎郡
  • 出石郡
  • 美方郡
  • 養父郡
  • 朝来郡
  • 氷上郡
  • 多紀郡

歴史[編集]

1994年小選挙区比例代表並立制導入以降は、旧5区の但馬・丹波地方に旧2区であった三田市と川辺郡猪名川町を加えて構成されることとなった。兵庫県で唯一選挙区域が広がった選挙区となり、5区に編入された三田市と猪名川町の住民からは不満の声が上がった[6]

そんな中で自民党と深い緑がある谷家が地盤を安定させている保守王国の一つであり、父の洋一が2期にわたって当選した後は息子の公一に後を継がせて当選を続けてるが、第45回衆議院議員総選挙では民主党梶原康弘に敗れて比例復活となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 谷洋一 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年 谷公一
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 梶原康弘 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 谷公一 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 兵庫県第5区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:36万8205人 最終投票率:61.59%(前回比:増加3.56%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷公一69自由民主党94,656票
42.49%
――公明党推薦
比当遠藤良太36日本維新の会65,714票
29.50%
69.42%
梶原康弘65立憲民主党62,414票
28.02%
65.94%国民民主党兵庫県総支部連合会・社会民主党兵庫県連合推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 兵庫県第5区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:38万3730人 最終投票率:58.03%(前回比:増加1.42%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷公一65自由民主党123,360票
56.89%
――公明党推薦
梶原康弘61希望の党69,369票
31.99%
56.23%
西中孝男68日本共産党24,104票
11.12%
19.54%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 兵庫県第5区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:35万4902人 最終投票率:56.61%(前回比:減少6.87%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷公一62自由民主党110,439票
56.94%
――公明党推薦
三木圭恵48維新の党60,337票
31.11%
54.63%
西中孝男65日本共産党23,189票
11.96%
21.00%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 兵庫県第5区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:63.48%(前回比:減少9.77%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷公一60自由民主党104,403票
47.03%
――公明党推薦
比当三木圭恵46日本維新の会51,341票
23.13%
49.18%みんなの党推薦
梶原康弘56民主党50,732票
22.85%
48.59%国民新党推薦
平山和志59日本共産党15,534票
7.00%
14.88%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 兵庫県第5区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 最終投票率:73.25% (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
梶原康弘52民主党142,631票
54.96%
――
比当谷公一57自由民主党109,497票
42.19%
76.77%
丸岡真澄51幸福実現党7,406票
2.85%
5.19%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 兵庫県第5区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷公一53自由民主党118,063票
45.30%
――
梶原康弘48民主党87,977票
33.76%
74.52%
日村豊彦52無所属36,842票
14.14%
31.21%×
平山和志51日本共産党17,717票
6.80%
15.01%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 兵庫県第5区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷公一51自由民主党112,437票
47.56%
――
比当梶原康弘47民主党108,851票
46.04%
96.81%
西中孝男54日本共産党15,124票
6.40%
13.45%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 兵庫県第5区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷洋一73自由民主党105,230票
42.30%
――
吉岡賢治62民主党88,402票
35.53%
84.01%
梶原康弘43自由党29,540票
11.87%
28.07%
西本嘉宏52日本共産党18,348票
7.37%
17.44%
斎藤義明51自由連合7,270票
2.92%
6.91%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 兵庫県第5区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷洋一69自由民主党108,180票
47.86%
――
吉岡賢治58民主改革連合91,989票
40.69%
85.03%新進党民主党推薦
前田均44日本共産党25,881票
11.45%
23.92%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年10月2日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 兵庫県”. 総務省. 2021年10月2日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月2日閲覧。地名は2013年(平成25年)当時のものである。
  4. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第154回国会 制定法律の一覧 >公職選挙法の一部を改正する法律 法律第九十五号(平一四・七・三一)”. 衆議院 (平成14-07-31). 2021年10月2日閲覧。地名は2002年(平成14年)当時のものである。
  5. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月2日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  6. ^ これは但馬・丹波地方は過疎化、三田市と猪名川町は神戸・大阪のベッドタウンとしていわゆる都市住民の増加という正反対の事情を抱えていたため、但馬・丹波地方が地盤の議員には要望が届きにくいと感じる住民が少なからず居たためである。

関連項目[編集]