東京都第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗東京都第2区
衆議院小選挙区 東京都23区.svg衆議院小選挙区 凡例(都).svg
行政区域 中央区港区1区に属しない区域)、文京区台東区の一部
(2017年7月16日現在)
比例区 東京ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 辻清人
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
457,712人
1.96 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

東京都第2区(とうきょうとだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

中央区・文京区・台東区を区域としていたが、2017年の区割り変更により、港区の一部が1区から本区へ、台東区の一部が本区から14区へ移行した。

歴史[編集]

衆議院が小選挙区制度に移行した時点の区域は、それまでの中選挙区時代の東京都第8区と同じ区域であった。 1996年の総選挙では、旧民主党から鳩山邦夫が出馬し当選(自民党深谷隆司比例復活)。鳩山の1999年東京都知事選挙出馬に伴う補選及び2000年2003年の総選挙では、民主党中山義活が当選した。2005年の総選挙では、1996年以降3度の選挙で次点に甘んじてきた自民党の深谷が、小泉フィーバーの恩恵で議席を初めて獲得し、中山は落選した。2009年の総選挙では中山が再び選出され、深谷は落選。しかし2012年の総選挙では深谷の後継指名を受けた自民党の新人辻清人が選出され、みんなの党大熊利昭も比例で復活当選したが、中山は落選した。2014年には再度辻に中山、大熊が挑んだがいずれも比例復活もならず落選した。

2017年の総選挙では、当初立候補を予定していた共産党の候補が、野党一本化のためとして立候補を取り下げた。辻、立憲民主党の松尾明弘、希望の党の鳩山太郎の三者で争われ、辻が三選。松尾と鳩山は比例復活当選も叶わなかった。

1区などに次いで都心の注目選挙区であるため、2000年の総選挙では自由連合が候補者を立てるなど、少数政党や中堅政党、諸派無所属候補が多く挑み、候補者が多くなる傾向がある。下町主体で江戸時代からの古い歴史を有する地域であるため、保守的な有権者が多く、長年にわたり都市部自民の牙城として君臨していた。元首相鳩山一郎地盤にしていたこともある。しかし、近年、この地域はいわゆる都心回帰に伴う新住民の流入に伴い、無党派層の増大が見られる。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 鳩山邦夫 民主党 東京都第2区設置後、初の選挙
第41回衆議院議員補欠選挙 1999年 中山義活 民主党 ※鳩山の東京都知事選挙出馬に伴う。
第42回衆議院議員総選挙 2000年 中山義活 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 中山義活 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 深谷隆司 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 中山義活 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 辻清人 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 辻清人 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 辻清人 自由民主党 2017年区割変更後、初の選挙

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 東京都第2区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:435,872人 最終投票率:58.00%(前回比:+0.41ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
辻清人 38 自由民主党 112,993票
45.9%
―― 公明党推薦
松尾明弘 42 立憲民主党 91,230票
37.1%
80.7%
鳩山太郎 43 希望の党 41,955票
17.0%
37.1%
  • 大熊は、希望の党公認候補として茨城4区で立候補し、落選。
第47回衆議院議員総選挙 東京都第2区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:437,590人 最終投票率:57.59%(前回比:-7.37ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
辻清人 35 自由民主党 103,954票
42.6%
―― 公明党推薦
中山義活 69 民主党 58,407票
23.9%
56.2%
大熊利昭 51 維新の党 44,550票
18.3%
42.9%
石沢憲之 29 日本共産党 32,296票
13.2%
31.1%
犬丸勝子 59 諸派 4,668票
1.9%
4.5%
第46回衆議院議員総選挙 東京都第2区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:423,177人 最終投票率:64.96%(前回比:-3.57ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
辻清人 33 自由民主党 84,663票
32.4%
――
中山義活 67 民主党 64,676票
24.7%
76.4% 国民新党推薦
比当 大熊利昭 49 みんなの党 48,704票
18.6%
57.5%
松本和巳 47 日本維新の会 38,564票
14.7%
45.6%
桑氏名文彦 42 日本共産党 23,035票
8.8%
27.2%
井上雅弘 57 無所属 2,045票
0.8%
2.4% ×
第45回衆議院議員総選挙 東京都第2区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:405,333人 最終投票率:68.53%(前回比:+0.07ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
中山義活 64 民主党 138,603票
51.0%
――
深谷隆司 73 自由民主党 98,593票
36.3%
71.1% 公明党推薦
中島束 65 日本共産党 26,172票
9.6%
18.9%
田中博子 57 無所属 4,579票
1.7%
3.3% ×
加藤文康 46 幸福実現党 1,924票
0.7%
1.4%
千葉潤 41 無所属 1,748票
0.6%
1.3% ×
第44回衆議院議員総選挙 東京都第2区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:375,228人 最終投票率:68.46%(前回比:+6.32ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
深谷隆司 69 自由民主党 127,889票
50.9%
――
中山義活 60 民主党 98,335票
39.2%
76.9%
中島束 61 日本共産党 24,848票
9.9%
19.4%
第43回衆議院議員総選挙 東京都第2区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:359,604人 最終投票率:62.14%(前回比:-2.41ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
中山義活 58 民主党 104,477票
48.0%
――
深谷隆司 68 自由民主党 91,926票
42.2%
88.0%
室喜代一 48 日本共産党 21,334票
9.8%
20.4%
第42回衆議院議員総選挙 東京都第2区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:338,347人 最終投票率:64.55%(前回比:+2.70ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
中山義活 55 民主党 88,744票
41.9%
――
深谷隆司 64 自由民主党 81,923票
38.7%
92.3%
室喜代一 44 日本共産党 32,155票
15.2%
36.2%
栄博士 39 無所属 5,371票
2.5%
6.1% ×
小松一彦 36 自由連合 3,665票
1.7%
4.1%
第41回衆議院議員補欠選挙 東京都第2区

投票日:1999年4月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 推薦・支持
中山義活 54 民主党 134,265票
71.0%
中島束 55 日本共産党 54,940票
29.0%
第41回衆議院議員総選挙 東京都第2区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鳩山邦夫 48 民主党 88,183票
44.7%
――
比当 深谷隆司 61 自由民主党 68,503票
34.7%
77.7%
中嶋束 52 日本共産党 40,461票
20.5%
45.9%

中選挙区時代の選挙結果

関連項目[編集]