鹿児島県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗鹿児島県第5区
行政区域 2017年廃止
(2017年7月16日現在)
比例区 廃止
設置年 1994年
廃止年 2017年
選出議員 廃止
有権者数
0.000 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

鹿児島県第5区(かごしまけんだい5く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2017年に廃止され、全域が4区の区域に変更されている。

区域[編集]

2017年平成29年)の公職選挙法改正で廃止され[1]、全域が4区の区域に変更されている。

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 鹿屋市
  • 西之表市
  • 垂水市
  • 曽於郡
  • 肝属郡
  • 熊毛郡

歴史[編集]

大隅半島全域と種子島屋久島を選挙区とする。自民党結党時より強力な保守地盤として知られ、1960年代以降は二階堂進山中貞則の二人が共にライバルとしてしのぎを削った。

自民党が惨敗した2009年の第45回衆議院議員総選挙でも自民党の森山裕が大差で民主党の網屋信介を下した(網屋も比例復活し、民主党がこの地域で初めて議席を獲得した)。2012年の第46回衆議院議員総選挙・2014年の第47回衆議院議員総選挙では民主党は公認候補を立てられず、森山と共産党候補との一騎討ちとなり、森山が圧勝した。

2017年6月9日に改正公職選挙法が成立し、同年7月15日に施行されて、鹿児島県第5区は廃止された。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 山中貞則 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第43回衆議院議員補欠選挙 2004年 森山裕 ※山中貞則の死去に伴う。
第44回衆議院議員総選挙 2005年 無所属
第45回衆議院議員総選挙 2009年 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年

選挙結果[編集]

第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 鹿児島県第5区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:24万760人 最終投票率:51.59%(前回比:減少4.03%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森山裕69自由民主党94,977票
79.05%
――公明党推薦
野口寛69日本共産党25,168票
20.95%
26.50%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 鹿児島県第5区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:24万5207人 最終投票率:55.62%(前回比:減少16.81%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森山裕67自由民主党107,933票
83.14%
――公明党推薦
野口寛67日本共産党21,886票
16.86%
20.28%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 鹿児島県第5区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:25万755人 最終投票率:72.43%(前回比:増加2.54%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森山裕64自由民主党109,426票
61.06%
――
比当網屋信介51民主党67,403票
37.61%
61.60%
高田浩明36幸福実現党2,369票
1.32%
2.16%
  • 綱屋は第46回では神奈川18区から立候補するも落選。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 鹿児島県第5区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:25万7372人 最終投票率:69.89%(前回比:増加4.66%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
森山裕60無所属110,457票
62.58%
――×
米正剛51自由民主党55,808票
31.62%
50.52%
柴立俊明56日本共産党10,242票
5.80%
9.27%
第43回衆議院議員補欠選挙 鹿児島県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
森山裕59自由民主党 115,820票
82.80%
竪山勲55民主党16,029票
11.46%
茅野博60日本共産党8,038票
5.75%
  • 山中貞則の死去に伴い、行われた。
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 鹿児島県第5区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 最終投票率:65.23% (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山中貞則82自由民主党100,851票
61.59%
――
米正剛49無所属51,885票
31.69%
51.45%×
茅野博60日本共産党11,008票
6.72%
10.92%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 鹿児島県第5区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山中貞則78自由民主党110,962票
60.64%
――
橋口良一50自由連合37,779票
20.65%
34.05%
梶原弘徳52民主党17,769票
9.71%
16.01%
平野繁展62自由党9,449票
5.16%
8.52%
福原秋一52日本共産党7,029票
3.84%
6.33%
  • 梶原は2011年に南種子町長選挙に立候補し、当選。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 鹿児島県第5区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山中貞則75自由民主党106,373票
61.30%
――
橋口良一47自由連合58,347票
33.63%
54.85%
福原秋一49日本共産党8,800票
5.07%
8.27%

脚注[編集]

関連項目[編集]