岩手県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗岩手県第1区
衆議院小選挙区 岩手県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 盛岡市紫波郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 階猛
有権者数 29万3818人
1.270 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

岩手県第1区(いわてけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

選挙区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割り変更により盛岡市の旧玉山村域も1区に移動され、盛岡市全域が1区の区域となった。

2017年以前の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

  • 盛岡市
  • 紫波郡

歴史[編集]

以前は達増拓也(現・岩手県知事)の衆議院議員時代の地盤であった。達増は1996年から4回連続して小選挙区で当選(新進党-自由党-民主党)し、岩手県の小沢王国の一翼を担った。達増が知事に転身後は高校・大学の後輩である階猛が地盤を引き継ぎ小沢王国の一翼を担った。

階は東日本大震災後に小沢と袂を分かち、第46回衆議院議員総選挙で小沢は刺客候補として達増の妻・陽子を送り込んだ。結果としては階が議席を守り抜き、この選挙区は小沢の影響下から名実ともに離れた。またこの選挙では、民主党・元民主党候補がともに大逆風を受けてそれによって自民党にも追い風が吹き、高橋比奈子がこの選挙区の自民党候補としては16年ぶりに比例東北ブロックで復活当選。県内では1946年当選菅原エン以来の66年ぶりの女性衆議院議員となった[5]

一方、達増陽子は比例復活も出来ずに3位で落選した。3区でも小沢の元を離れた黄川田徹が議席を守り、2区では自民党の鈴木俊一が議席を奪還。小沢は自身の選挙区である4区を除くすべての小選挙区で自身の系列の議員を失い、「小沢王国」は崩壊した。

第47回衆議院議員総選挙では、小沢率いる生活の党は候補者を出さず、階と高橋の事実上の一騎討ちとなった。階が勝利したが、高橋も再び復活当選を果たした。

第48回衆院選では、階の所属する民進党の候補者が、希望の党立憲民主党無所属に分裂。階は希望に参加したが、他の希望候補者の多くが苦戦を強いられる中、約11,000票を増やし5選。高橋も引き続き比例復活した。

2020年に階と小沢は立憲民主党に合流したが、小沢が代表を務める党岩手県連は政治資金を巡り階と係争。2021年8月に県連は独自候補としてフリーアナウンサーの佐野利恵を1区に擁立する方針を決め、党本部に公認申請するなど、旧民主党の分裂時から続く確執が再度表面化した[6]第49回衆院選直前の10月に党本部は階を岩手1区に、佐野を比例東北ブロック単独で擁立する方針を決め、県連は同方針を容認した[7]ものの階への支援を拒んだが、一部の県議などは独自に階を支援した。投開票の結果、階が高橋の比例復活を許さずに6選となった[8][9]。また、比例単独下位で落選した佐野は総選挙直後の12月19日に離党した[10]

自由民主党の公認候補が一度も小選挙区で当選したことがない選挙区である。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 達増拓也 新進党 旧区域
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 自由党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第44回衆議院議員補欠選挙 2007年(平成19年) 階猛 旧区域
※達増の岩手県知事選挙出馬に伴う。
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 旧区域
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 希望の党
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年) 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 岩手県第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:29万3290人 最終投票率:58.81%(前回比:増加1.79%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
階猛55立憲民主党87,017票
51.19%
――
高橋比奈子63自由民主党62,666票
36.87%
72.02%公明党推薦
吉田恭子40日本共産党20,300票
11.94%
23.33%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 岩手県第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:29万6551人 最終投票率:57.02%(前回比:増加3.52%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
階猛51希望の党87,534票
52.58%
――
比当高橋比奈子59自由民主党57,381票
34.47%
65.55%公明党推薦
吉田恭子36日本共産党21,549票
12.95%
24.62%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 岩手県第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:28万231人 最終投票率:53.62%(前回比:減少5.39%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
階猛48民主党76,787票
52.02%
――
比当高橋比奈子56自由民主党46,409票
31.44%
60.44%公明党推薦
吉田恭子33日本共産党15,374票
10.41%
20.02%
細川光正65社会民主党9,052票
6.13%
11.79%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 岩手県第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:27万8714人 最終投票率:59.01%(前回比:減少11.92%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
階猛46民主党55,909票
34.72%
――国民新党
比当高橋比奈子54自由民主党44,002票
27.33%
78.70%公明党
達増陽子47日本未来の党41,706票
25.90%
74.60%新党大地
伊沢昌弘65社会民主党9,922票
6.16%
17.75%
八幡志乃30日本共産党9,473票
5.88%
16.94%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 岩手県第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:27万5596人 最終投票率:70.93%(前回比:増加3.00%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
階猛42民主党116,425票
60.23%
――
高橋比奈子51自由民主党50,585票
26.17%
43.45%
伊沢昌弘62社会民主党13,048票
6.75%
11.21%
吉田恭子28日本共産党12,187票
6.30%
10.47%
森憲作52幸福実現党1,047票
0.54%
0.90%
第44回衆議院議員補欠選挙 岩手県第1区

当日有権者数:276,841人 最終投票率:61.07%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
階猛40民主党 102,987票
61.69%
玉沢正徳36自由民主党53,125票
31.82%
瀬川貞清57日本共産党10,821票
6.48%
  • 達増が岩手県知事選出馬のため辞職したため行われた。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 岩手県第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:27万3565人 最終投票率:67.93%(前回比:増加4.59%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
達増拓也41民主党95,109票
51.69%
――
及川敦38自由民主党65,187票
35.43%
68.54%
細川光正56社会民主党14,050票
7.64%
14.77%
神部伸也31日本共産党9,659票
5.25%
10.16%
  • 及川は2007年に岩手県議会議員選挙(盛岡選挙区)に出馬し、当選。
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 岩手県第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:27万1362人 最終投票率:63.34% (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
達増拓也39民主党91,025票
53.62%
――
及川敦36自由民主党57,899票
34.11%
63.61%
後藤百合子54社会民主党12,014票
7.08%
13.20%
長沼洋一45日本共産党8,806票
5.19%
9.67%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 岩手県第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
達増拓也36自由党74,835票
43.02%
――
玉澤徳一郎62自由民主党65,597票
37.71%
87.66%
後藤百合子51社会民主党17,309票
9.95%
23.13%
佐藤隆五郎59日本共産党9,261票
5.32%
12.38%
藤倉喜久治56民主党6,964票
4.00%
9.31%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 岩手県第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
達増拓也32新進党67,420票
40.58%
――
比当玉澤徳一郎58自由民主党49,665票
29.89%
73.67%
中村力34無所属17,087票
10.28%
25.34%×
山中邦紀63社会民主党16,758票
10.09%
24.86%
佐久間敏子45日本共産党10,668票
6.42%
15.82%
後藤百合子47民主党4,551票
2.74%
6.75%

脚注・出典[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年9月30日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 岩手県”. 総務省. 2021年9月30日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年9月30日閲覧。地名は2013年(平成25年)当時のものである。
  4. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年9月30日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  5. ^ 本県66年ぶり女性当選 比例復活の高橋さん - 2012年12月17日 岩手日報 WebNews
  6. ^ “立民岩手、深まる遺恨 衆院選1区公認争い”. 河北新報. (2021年8月17日). https://kahoku.news/articles/20210817khn000023.html 2021年12月31日閲覧。 
  7. ^ “現職・階氏の公認受け入れ 岩手1区で立民・小沢氏”. 時事ドットコム. (2021年10月13日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101300858 2021年12月31日閲覧。 
  8. ^ “岩手1区、立民県連動けず 新人擁立目指すも係争中の前議員に公認”. 河北新報. (2021年10月27日). https://kahoku.news/articles/20211027khn000026.html 2021年12月31日閲覧。 
  9. ^ “立憲県連 ゴタゴタの末に 階猛氏の戦い 衆院選 岩手1区の戦いを振り返る<岩手県>”. 岩手めんこいテレビ. (2021年10月31日). https://www.fnn.jp/articles/-/262459 2021年12月31日閲覧。 
  10. ^ “立民県連、横澤高徳氏を新代表に選出 佐野利恵氏の離党了承/岩手”. 岩手放送. (2021年12月19日). https://news.ibc.co.jp/item_45000.html 2021年12月31日閲覧。 

関連項目[編集]