山中邦紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山中 邦紀(やまなか くにき、1933年昭和8年)3月1日[1] - 2001年平成13年)1月3日[1])は、日本政治家日本社会党衆議院議員(1期)。弁護士

来歴[編集]

岩手県盛岡市出身[1][注 1]岩手県立盛岡第一高等学校を経て[2]、1955年(昭和30年)[2][3]東京外国語大学英米科卒[1]1957年(昭和32年)東京大学法学部卒、東京大学大学院法学研究科中退[1]千葉県立千葉商業高等学校の講師、同教諭を経て[1][2][3]、衆議院議員の父山中吾郎の秘書を務め[2][3]1966年昭和41年)に弁護士登録し、開業[1][2][3]1983年(昭和58年)から1年間岩手県弁護士会会長を務めた[1][2]

1990年(平成2年)第39回衆議院議員総選挙旧岩手1区から立候補して初当選[1][2]。1993年(平成5年)第40回総選挙で落選[1]、1996年(平成8年)第41回総選挙岩手1区から社会民主党公認で出馬したが、再び落選した[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『岩手人名辞典』244頁では宮城県古川市(現大崎市)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『新訂 現代政治家人名事典』565頁。
  2. ^ a b c d e f g 『岩手人名辞典』244頁。
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆院議員名鑑』688頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『岩手人名辞典』(財)新渡戸基金、2009年。