山本猛夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 猛夫(やまもと たけお、1903年6月 - 1989年7月26日)は、日本政治家衆議院議員(5期)。

経歴[編集]

東京都生まれ。1923年、日本大学政治科卒業。時事新報社毎日新聞社政治部記者を務めたのち、東洋鋼材工業社長、東京製糖社長となる。1947年、第23回衆議院議員総選挙岩手1区民主党から出て、初当選。以後5期務めた。1950年、衆議院懲罰委員長。同年7月、第3次吉田第1次改造内閣郵政政務次官。1951年、第3次吉田第2次改造内閣郵政政務次官。1952年、衆議院議事進行係。1956年、松浦董子(旧華族・元久邇邦久の妻)と結婚。1966年、董子の側から申し出され離婚。1989年、死去。

選挙経歴[編集]

役職[編集]

  • 民主自由党情報部長
  • 民主自由党選挙対策部長
  • 民主自由党遊説部長
  • 自由民主党総務
  • 日本大学本部顧問

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年)