三重県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗三重県第1区
衆議院小選挙区 三重県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 津市松阪市
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 田村憲久
有権者数 367,822人
1.54 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

三重県第1区(みえけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区である。1994年公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割変更により、かつての1区及び4区の区域の一部が新しい区域となっている。2017年の区割り変更前は以下の区域であった。

歴史[編集]

2017年の区割変更までは、伊勢湾に面する県都・津市周辺と関西との結びつきが深い伊賀地方を、旧安芸郡でもって繋いで1選挙区としていた。そのため選挙区全体での一体感は政治・選挙面以外では比較的薄い。また、中選挙区時代から保守的な地域として知られる。

小選挙区制導入後は、中井洽民社党新進党自由党民主党)と川崎二郎自由民主党)の2氏による争いが続いていたが、両者の勢力は拮抗しているため、いずれの選挙も小選挙区で敗れた候補が比例区で復活当選していた(なお、川崎も中井も伊賀地方地盤としている)。かつての中選挙区時代から数えると、約30年にわたるライバル関係であった。

第46回衆議院議員総選挙では中井が引退を表明。川崎が大差で当選し、初めて2位以下に比例復活の当選者が出なかった。

2017年の法改正で区割りが変更され、伊賀地方が1区から2区へ移動し、4区から津市の一部及び松阪市全域が1区に移行された。自由民主党においては、川崎二郎が2区へ鞍替えし、松阪地方を地盤としている田村憲久4区から1区へ鞍替えされ[1]、移行後、初めて行われた第48回衆議院議員総選挙では、田村が勝利した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 中井洽 新進党 旧区域
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 川崎二郎 自由民主党 旧区域
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 川崎二郎 自由民主党 旧区域
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 川崎二郎 自由民主党 旧区域
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 中井洽 民主党 旧区域
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 川崎二郎 自由民主党 旧区域
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 川崎二郎 自由民主党 旧区域
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 田村憲久 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 三重県第1区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:366,960人 最終投票率:56.65%(前回比:+0.48ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田村憲久52自由民主党109,584票
53.8%
――公明党推薦
松田直久63無所属94,045票
46.2%
85.8%×
第47回衆議院議員総選挙 三重県第1区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:304,954人 最終投票率:56.17%(前回比:-6.47ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川崎二郎67自由民主党88,219票
53.0%
――公明党
比当松田直久60維新の党56,504票
33.9%
64.0%
橋本マサ子68日本共産党21,785票
13.1%
24.7%
第46回衆議院議員総選挙 三重県第1区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日
当日有権者数:307,509人 最終投票率:62.64%(前回比:-10.31ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川崎二郎65自由民主党88,989票
47.3%
――公明党
松田直久58日本維新の会54,970票
29.2%
61.8%
橋本千晶44民主党29,041票
15.4%
32.6%
岡野恵美60日本共産党15,059票
8.0%
16.9%
第45回衆議院議員総選挙 三重県第1区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日
当日有権者数:310,063人 最終投票率:72.95%(前回比:+0.36ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中井洽67民主党118,413票
53.5%
――
比当川崎二郎61自由民主党98,380票
44.5%
83.1%
後谷一司48幸福実現党4,340票
2.0%
3.7%
第44回衆議院議員総選挙 三重県第1区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日
当日有権者数:310,151人 最終投票率:72.59%(前回比:+5.18ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川崎二郎57自由民主党112,023票
50.5%
――
比当中井洽63民主党95,560票
43.1%
85.3%
岡野恵美53日本共産党14,236票
6.4%
12.7%
第43回衆議院議員総選挙 三重県第1区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日
当日有権者数:308,441人 最終投票率:67.41%(前回比:-2.36ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川崎二郎55自由民主党101,911票
50.1%
――
比当中井洽61民主党90,381票
44.4%
88.7%
大嶽隆司42日本共産党11,157票
5.5%
10.9%
第42回衆議院議員総選挙 三重県第1区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日
当日有権者数:304,467人 最終投票率:69.77%(前回比:+1.28ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川崎二郎52自由民主党104,484票
50.9%
――
比当中井洽58自由党76,673票
37.3%
73.4%
駒田拓一64日本共産党21,158票
10.3%
20.2%
林建二27自由連合3,097票
1.5%
3.0%
第41回衆議院議員総選挙 三重県第1区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日
当日有権者数:295,948人 最終投票率:68.49%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中井洽54新進党89,802票
45.2%
――
比当川崎二郎48自由民主党89,359票
45.0%
99.5%
藤井新一 38日本共産党19,483票
9.8%
21.7%

脚注[編集]

関連項目[編集]