埼玉県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗埼玉県第5区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 さいたま市西区北区大宮区見沼区大字砂、砂町2丁目、東大宮2丁目、東大宮3丁目及び東大宮4丁目)・中央区
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 枝野幸男
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
371,683人
1.59 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

埼玉県第5区(さいたまけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[ソースを編集]

2002年の改正以前は旧大宮市と旧与野市の2つの市で構成されていた。2002年に、そこから見沼区になる地域が1区へ編入されたが、2017年の改正で見沼区の一部が編入(事実上の復帰)された。

歴史[ソースを編集]

第42回以降立憲民主党(元民進党民主党)の枝野幸男が連続当選を重ねている。 第46回では埼玉県で唯一民主党が議席を守った選挙区であったが、東日本大震災発生時の対応への批判票が牧原の比例復活に結び付いた(牧原は第45回で落選したため、復帰となる)。

第47回では民主党幹事長を務める枝野に対して安倍晋三首相をはじめとした閣僚小泉進次郎をはじめとした党幹部級が続々と牧原の応援に入るなど重点選挙区として狙い撃ちを受け、枝野は苦戦を強いられながらも、約3千票差の僅差で8選。牧原は3度目の比例復活となった。

第48回では民進党の事実上の解党の混乱を受けて、枝野は立憲民主党を結党して党代表に就任。前回同様に全国を遊説することから選挙区入りはままらなかった。対して牧原も前回同様に閣僚・党幹部級が応援に入るなどした。また、希望の党が枝野への刺客候補として高木秀文を擁立した。結果的には、候補者を取り下げた日本共産党の支援を受けて枝野が9選。牧原は4度目の比例復活となり、悲願である選挙区での議席獲得とはならなかった。なお、高木は得票数が供託金没収点未満となり、小選挙区重複候補に対する比例での当選制限規定により、比例名簿による繰上当選の資格を失った。

小選挙区選出議員[ソースを編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 福永信彦 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 枝野幸男 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 枝野幸男 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 枝野幸男 民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 枝野幸男 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 枝野幸男 民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 枝野幸男 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 枝野幸男 立憲民主党

選挙結果[ソースを編集]

第48回衆議院議員総選挙 埼玉県第5区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:382,565人 最終投票率:54.76%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
枝野幸男 53 立憲民主党 119,091票
57.4%
――
比当 牧原秀樹 46 自由民主党 77,023票
37.1%
64.7% 公明党
高木秀文 44 希望の党 11,379票
5.5%
9.6% 日本維新の会
第47回衆議院議員総選挙 埼玉県第5区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
枝野幸男 50 民主党 90,030票
46.1%
――
比当 牧原秀樹 43 自由民主党 86,636票
44.4%
96.2% 公明党
山本悠子 62 日本共産党 18,654票
9.6%
20.7%
第46回衆議院議員総選挙 埼玉県第5区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
枝野幸男 48 民主党 93,585票
45.4%
―― 国民新党
比当 牧原秀樹 41 自由民主党 84,120票
40.8%
89.9% 公明党
藤島利久 50 日本未来の党 15,434票
7.5%
16.5% 新党大地
大石豊 52 日本共産党 13,109票
6.4%
14.0%
第45回衆議院議員総選挙 埼玉県第5区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
枝野幸男 45 民主党 130,920票
59.2%
――
牧原秀樹 38 自由民主党 85,139票
38.5%
65.0% 公明党
佐々木正子 55 幸福実現党 5,274票
2.4%
4.0%
第44回衆議院議員総選挙 埼玉県第5区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
枝野幸男 41 民主党 103,014票
48.7%
――
比当 牧原秀樹 34 自由民主党 91,472票
43.2%
88.8%
松下裕 60 日本共産党 17,140票
8.1%
16.6%
第43回衆議院議員総選挙 埼玉県第5区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
枝野幸男 39 民主党 95,626票
56.4%
――
高橋秀明 47 自由民主党 60,410票
35.6%
63.2%
松下裕 58 日本共産党 13,493票
8.0%
14.1%
第42回衆議院議員総選挙 埼玉県第5区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
枝野幸男 36 民主党 106,711票
45.5%
――
福永信彦 56 自由民主党 86,179票
36.8%
80.8%
藤原幸朗 70 日本共産党 34,192票
14.6%
32.0%
会田千和 45 自由連合 7,369票
3.1%
6.9%
第41回衆議院議員総選挙 埼玉県第5区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
福永信彦 52 自由民主党 63,120票
30.9%
――
金子善次郎 53 新進党 54,032票
26.4%
85.6%
比当 枝野幸男 32 民主党 51,425票
25.2%
81.5%
藤原幸朗 66 日本共産党 33,643票
16.5%
53.3%
阿部政幸 47 自由連合 2,127票
1.0%
3.4%

関連項目[ソースを編集]