櫛引町 (さいたま市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 大宮区 > 櫛引町 (さいたま市)
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 北区 > 櫛引町 (さいたま市)
櫛引町
—  町丁  —
大宮西郵便局
櫛引町の位置(埼玉県内)
櫛引町
櫛引町
座標: 北緯35度54分44秒 東経139度36分36秒 / 北緯35.91222度 東経139.61000度 / 35.91222; 139.61000
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
大宮区北区
人口 (2018年(平成30年)7月1日現在)[1]
 - 計 11,723人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 330-0851(一丁目)
331-0825(二丁目)
市外局番 048[2]
ナンバープレート 大宮
※座標は熊野下公園の位置を示す。

櫛引町(くしひきちょう)は、埼玉県さいたま市町名。現行行政地名は櫛引町一丁目及び櫛引町二丁目。櫛引町一丁目が大宮区、櫛引町二丁目が北区に属する。郵便番号は330-0851(一丁目)、331-0825(二丁目)。

地理[編集]

さいたま市中北部の大宮台地上に位置し、町域の西部から東部に向かって緩やかに傾斜している。切敷川を挟んだ大成町と同様に南北に細長い町域を有し、町域の中央を櫛引通[3]が縦断する。大成町[4]北区日進町大宮区上小町三橋と隣接する。

地価[編集]

住宅地の地価は2015年平成27年)1月1日公示地価によれば大宮区櫛引町1丁目582番8の地点で17万9000円/m2、北区櫛引町2丁目453番3の地点で15万4000円/m2となっている。[5]

歴史[編集]

もとは江戸期より存在した足立郡大宮領に属する櫛引村で、古くは中世末期頃より存在した高鼻荘に属していた[6]。櫛引は串引とも称された。

地名の由来[編集]

丘が長く連なる高まりのことを「クシ」と呼んでいた。当地も台地由来の高まりが南北に長く連なっていて、その様子から地名が付けられたと思われている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
大宮区 櫛引町一丁目 2,936世帯 6,617人
北区 櫛引町二丁目 2,184世帯 5,130人
5,120世帯 11,747人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

丁目 番地 小学校 中学校
櫛引町一丁目 全域 さいたま市立大成小学校 さいたま市立大成中学校
櫛引町二丁目 全域 さいたま市立日進小学校 さいたま市立日進中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町内には鉄道は引かれていない。日進駅鉄道博物館駅大宮駅が利用できる。

道路[編集]

施設[編集]

埼玉県計量検定所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ a b c 『「街の達人」でっか字埼玉便利情報地図2013年2版2刷』 昭文社、2013年、101頁。ISBN 978-4-398-60135-3
  4. ^ 大宮区大成町と北区大成町の双方に隣接する。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ a b c d e f 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』330-331頁。
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』663頁。
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  9. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』957頁。
  10. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』962頁。
  11. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献[編集]