野中厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
野中 厚
のなか あつし
生年月日 (1976-11-17) 1976年11月17日(40歳)
出生地 埼玉県加須市
出身校 慶應義塾大学商学部
前職 会社員
埼玉県議会議員
所属政党 自由民主党額賀派
親族 祖父野中英二(元衆議院議員)
公式サイト 野中あつしオフィシャルサイト

選挙区 埼玉12区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月18日[1] - 現職

埼玉県の旗 埼玉県議会議員
選挙区 東4区
当選回数 2回
在任期間 2007年 - 2012年
テンプレートを表示

野中 厚(のなか あつし、1976年11月17日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。加須青年会議所理事。元埼玉県議会議員(2期)。

祖父は自民党所属の元衆議院議員で国土庁長官を勤めた野中英二[2]。同じく埼玉県議会出身である。

人物[編集]

埼玉県加須市生まれ。久喜市立本町小学校慶應義塾中等部慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学商学部卒業[3]

大学卒業後は、建設会社に就職。2007年に退職し、統一地方選挙埼玉県議会議員選挙)に無所属で当選。当選後は、自由民主党追加公認を受けて会派入りした[3]

県議会議員を2期務めた後、2012年に自民党の公認候補として埼玉12区から第46回衆議院議員総選挙に出馬。民主党前職の本多平直を下して初当選した[4]2014年第47回衆議院議員総選挙で再選。

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月18日埼玉県選管告示第96号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選した者の住所及び氏名並びに候補者届出政党の名称)
  2. ^ 野中元国土庁長官が死去”. 2015年6月6日閲覧。
  3. ^ a b 公式ホームページ プロフィール
  4. ^ 【埼玉衆院選】野中氏初当選、地盤固め競り勝つ/12区 埼玉新聞 2012年12月17日
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ a b c d e 2012年衆院選候補者アンケート 毎日新聞
  7. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]