金田英行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金田 英行(かねた えいこう、1942年(昭和17年)12月30日 - )は、日本政治家衆議院議員(4期)を務めた。

概要[編集]

北海道旭川市出身。1966年中央大学法学部卒業後、国一合格者として北海道開発庁に入庁。

1982年同庁長官秘書官、1989年同庁調整官を最後に退官。1993年第40回衆議院議員総選挙にて(1990年第39回衆議院議員総選挙では次点に終わった)旧北海道2区から自由民主党公認で再出馬し、初当選。1995年8月村山改造内閣において北海道開発政務次官

小選挙区比例代表並立制導入に伴い旧北海道7区にて1996年2000年小選挙区勝利。旧7区廃止で北海道6区に統合され今津寛コスタリカ方式で共闘、2003年は比例単独で再選し直後の第2次小泉内閣にて農林水産副大臣に就任。

2005年第44回衆議院議員総選挙で自民党は圧勝し、金田が所属する総裁派閥清和研は勢力拡大したが、金田は民主党新人の佐々木隆博に敗北し比例復活もならず落選した(落選者の中では全国最多の141,099票を獲得、惜敗率98.0%だが今津を含めた比例単独二氏と惜敗率で上回る吉川貴盛がいたことから次点で落選)。2013年旭日重光章受章。

議会
先代:
田野瀬良太郎
日本の旗 衆議院財務金融委員長
2004年 - 2005年
次代:
小野晋也
公職
先代:
栗原博久
市川一朗
日本の旗 農林水産副大臣
市川一朗と共同
2003年 - 2004年
次代:
岩永峯一
常田享詳
先代:
(役職設置)
日本の旗 農林水産大臣政務官
国井正幸と共同

2001年
次代:
岩永峯一国井正幸