村上茂利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村上 茂利(むらかみ しげとし、1918年11月9日 - 1989年11月20日)は日本政治家自由民主党所属衆議院議員(3期)。福田派

経歴[編集]

北海道天塩町生まれ。北海道札幌南高等学校卒。 1941年中央大学法学部を卒業後、内務省入省。神奈川県[1]1969年には労働事務次官に就任。1972年第33回衆議院議員総選挙では北海道2区に自由民主党から出馬するも次点で落選。1976年第34回衆議院議員総選挙で初当選を果たし、以後3期務める。1980年大平内閣不信任決議案ハプニング解散)では欠席。1984年第2次中曽根第1次改造内閣法務政務次官に就任。1986年第38回衆議院議員総選挙では上草義輝に597票差で敗れ、落選。1989年がんのため死去。翌1990年第39回衆議院議員総選挙では後継者として金田英行が出馬したが、次点に終わった。

選挙経歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、344頁

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年)

外部リンク[編集]

先代:
有馬元治
労働事務次官
1969年 - 1970年
次代:
松永正男