薗浦健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
薗浦 健太郎
生年月日 (1972-06-03) 1972年6月3日(45歳)
出生地 日本の旗 香川県高松市
出身校 東京大学法学部
前職 読売新聞社記者
麻生太郎衆議院議員政策担当秘書
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト そのうら健太郎ホームページ

選挙区 千葉5区
当選回数 3回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
2012年12月19日 - 現職
テンプレートを表示

薗浦 健太郎(そのうら けんたろう、1972年6月3日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。第3次安倍第3次改造内閣内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策担当)を務めている。選挙等ではそのうら健太郎の表記も用いる。

外務副大臣第3次安倍第2次改造内閣)、外務大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)等を務めた。

来歴[編集]

香川県高松市生まれ(本籍地は千葉県市川市[1]香川県立高松高等学校東京大学法学部卒業[1]1996年読売新聞社に入社し、千葉支局、市川通信部、東京本社社長室広報部・政治部等で勤務する。政治部では、首相官邸厚生労働省を担当していた[1]2003年、読売新聞社を退社[1]

2003年第43回衆議院議員総選挙に引退する狩野勝に代わり、自由民主党公認で千葉5区より立候補したが、民主党新人の村越祐民に敗れ、落選した。落選後、当時総務大臣だった麻生太郎政策担当秘書を務める[1]2005年第44回衆議院議員総選挙に再び千葉5区から出馬し、民主党の村越らを破り初当選した。当選後、かつて秘書を務めていた麻生太郎が率いる麻生派や、2005年初当選の衆院議員で結成された83会、83会の保守系の議員が組織した伝統と創造の会に入会し、伝統と創造の会では幹事長に就任した[1]

2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党公認に加え、公明党の推薦も受けて千葉5区から出馬したが[2]、千葉5区で民主党の村越に敗れ、比例復活もできず落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で千葉5区から出馬し、民主党前職の村越や、民主党から日本未来の党に鞍替えした相原史乃らを破り、3年3ヶ月ぶりに国政に復帰した。2013年2月より衆議院外務委員会理事[1]2014年9月4日第2次安倍改造内閣外務大臣政務官に任命され[3]第3次安倍内閣まで務める。2014年第47回衆議院議員総選挙では、千葉5区で村越らを破り、3選。外務大臣政務官在職中の2015年6月25日文化芸術懇話会の立ち上げに参加した[4]。同年10月、第3次安倍第1次改造内閣の発足に伴い、外務大臣政務官を退任した。

2016年8月5日第3次安倍第2次改造内閣外務副大臣に任命された[5]2017年8月3日第3次安倍第3次改造内閣内閣総理大臣補佐官 (国家安全保障に関する重要政策担当)に起用された[6][7]

政策・主張[編集]

選挙[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロフィール - 衆議院議員 そのうら健太郎(千葉県第5区 市川市 浦安市)薗浦健太郎
  2. ^ “公明、比例15人を公認…自民128人も追加推薦”. 読売新聞. (2009年8月6日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090806-OYT1T00970.htm 2009年8月6日閲覧。 
  3. ^ 薗浦外務大臣政務官 - 外務省
  4. ^ “安倍首相支持の勉強会「文化芸術懇話会」が発足”. 産経新聞. (2015年6月25日). http://www.sankei.com/politics/news/150625/plt1506250043-n1.html 2017年8月20日閲覧。 
  5. ^ “副大臣 20人交代 閣議決定”. 毎日新聞. (2016年8月5日). http://mainichi.jp/articles/20160805/k00/00e/010/220000c 2016年8月5日閲覧。 
  6. ^ “【内閣改造】西村康稔官房副長官、薗浦健太郎首相補佐官らを発表”. 産経新聞. (2017年8月3日). http://www.sankei.com/politics/news/170803/plt1708030035-n1.html 2017年8月20日閲覧。 
  7. ^ “首相補佐官に宮腰・薗浦氏”. 日本経済新聞. (2017年8月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H6B_S7A800C1PP8000/ 2017年8月20日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f “2014衆院選 千葉5区 薗浦 健太郎”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A12005002002&st=tk 2017年4月22日閲覧。 
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ “徳洲会、昨年衆院選で他候補にも職員派遣 山田元農水相、阿部知、薗浦陣営に”. 産経新聞. (2013年11月17日). http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/131117/evt13111710020002-n1.html 2013年11月17日閲覧。 
  11. ^ 『政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟(仮称)』 設立趣意書 (PDF)” (2015年2月). 2015年6月29日閲覧。
  12. ^ “クローズアップ2015:勉強会発言 安保国会、新たな火種”. 毎日新聞. (2015年6月27日). http://mainichi.jp/graph/2015/06/27/20150627ddm003010097000c/001.html 2015年6月29日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
木原誠二武藤容治
日本の旗 外務副大臣
岸信夫と共同

2016年 - 2017年
次代:
中根一幸佐藤正久
先代:
石原宏高木原誠二牧野京夫
日本の旗 外務大臣政務官
中根一幸宇都隆史と共同

2016年 - 2017年
次代:
黄川田仁志濱地雅一山田美樹