ギリシャ銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ギリシャ銀行
Τράπεζα της Ελλάδος (ギリシア語)
ヴェニゼル通りにあるギリシャ銀行本店
ヴェニゼル通りにあるギリシャ銀行本店
本店 アテネ
位置 北緯37度58分43秒東経23度44分0秒
設立 1927年9月15日
総裁 ゲオルギオス・プロヴォプーロス
ギリシャの旗 ギリシャ
前身 ギリシャ・ナショナル銀行 (1928年)
継承 欧州中央銀行 (2001年)1
ウェブサイト www.bankofgreece.gr
1ギリシャ銀行自体は存続しているが、中央銀行としての機能は欧州中央銀行が継承した。

ギリシャ銀行(ギリシャぎんこう、Τράπεζα της Ελλάδος)はギリシャ中央銀行アテネに本店があり、1927年に設立され、1928年に業務を開始した。2020年に定款の有効期限が切れる。

概要[編集]

ギリシャ銀行は欧州中央銀行制度 (ESCB) に参加しており、3000人以上の職員を抱えている。ギリシャ銀行の主な使命は、ギリシャ国内の物価安定を確保することである。また民間銀行の監督や、ギリシャ政府の財務・会計を請け負っている。ギリシャ銀行が発行したユーロ紙幣には、発行者識別記号として N の文字が記載されている。またギリシャ銀行ではソブリン金貨の取引も行っている。

ギリシャ銀行の玄関にはギリシャ国旗欧州旗が掲げられている。

総裁には2008年6月以降、ゲオルギオス・プロヴォプーロスが就いている。

定款の更新される年にはヤング案による賠償が終了する。定款の更新により、ソブリン危機にある投資環境が良くなるなどして、オスマン債務管理局の時代からバルカン半島へドイツが展開した積極的な投資が復活するのか注目される。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]