山田厚史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 厚史(やまだ あつし、1948年1月1日[1] - )は、日本のジャーナリスト。元朝日新聞社編集委員デモクラシータイムス代表。

人物・経歴[編集]

東京都新宿区戸塚町生まれ。筑波大学附属小学校卒業[2]同志社大学法学部政治学科卒業後、毎日放送制作局ディレクターを経て、1971年12月朝日新聞社入社。青森支局、千葉支局を経て、東京経済部に異動。大蔵省外務省日本銀行、自動車業界、金融業界などを担当する。その後ロンドン特派員として欧州経済を担当したのち、大阪経済部次長。1993年4月から経済部編集委員で「国際経済と金融」担当に。同年9月にはハーバード大学ニーマンフェロー1996年4月、経済担当の特別編集委員となる。2000年8月にはバンコク特派員(アジア経済担当)。2003年4月、東京経済部兼AERA編集局。2005年4月には朝日新聞編集委員(経済担当)となる。2008年1月より、朝日新聞シニアライター。

1996年からテレビ朝日コメンテーターとして『サンデープロジェクト』や『朝まで生テレビ』などテレビへの出演を開始する。1997年4月に政策NPO「構想日本」運営委員に就任。2007年よりイー・ウーマンのサーベイ・キャスター。

2013年4月に株式会社インターネット・ニュース・ジャパンを設立し、同社代表となる。同社はデモクラTVという名で会員向けに時事問題の解説や、討論番組の配信を行っている。

2017年4月からインエターネットメディア デモクラシータイムスにて「山田厚史の闇と死角」などの番組を担当。

2017年の第48回衆議院議員総選挙立憲民主党公認で千葉5区より立候補するも[3]、落選。

政策[編集]

  • 2017年の朝日新聞によるアンケートにおいて、選択的夫婦別姓制度導入に賛成、としている[4]

著書[編集]

  • 『銀行はどうなる』 岩波ブックレット、1993年。ISBN 4000032267
  • 『日本再敗北』 文藝春秋、1998年、共著。ISBN 416354030X
  • 『日本経済診断』 岩波ブックレット、2000年。ISBN 4000092065
  • 『公共放送BBCの研究』 ミネルヴァ書房、2011年、共編著。ISBN 9784623055944

脚注[編集]

外部リンク[編集]