谷川とむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
谷川 とむ
たにがわ とむ
生年月日 (1976-04-27) 1976年4月27日(42歳)
出生地 日本の旗 兵庫県尼崎市
出身校 東海大学教養学部国際学科
大阪大学大学院法学研究科前期博士課程
前職 谷川秀善参議院議員秘書
所属政党 自由民主党細田派
親族 父・谷川秀善(元参議院議員
元妻・吉羽美華(元寝屋川市議会議員)
公式サイト 谷川とむ活動レポート│Activity Report

選挙区 比例近畿ブロック大阪19区
当選回数 2回
在任期間 2014年12月14日 - 現職
テンプレートを表示

谷川 とむ(たにがわ とむ、1976年4月27日 - )は、日本政治家宗教家俳優自由民主党所属の衆議院議員(2期)、 自由民主党青年局次長、浄土真宗本願寺派万徳寺僧侶。本名は谷川 與秀(たにがわ ともひで)[1]

父は大阪府副知事外務副大臣自由民主党参議院幹事長等を務めた元参議院議員谷川秀善[2]

来歴[編集]

兵庫県尼崎市生まれ[3]清風中学校・高等学校卒業後、イギリスアメリカ合衆国への留学を経て、東海大学教養学部国際学科を卒業[4]1994年より生家である万徳寺僧侶[4]1996年俳優デビューし、映画「ラストサムライ」への出演等、2004年まで活動していた[4]2006年より父・谷川秀善参議院議員秘書[4]2011年大阪大学大学院法学研究科博士前期課程を修了[4]

2012年第46回衆議院議員総選挙自由民主党公認で大阪19区から出馬。民主党前職の長安豊を上回る票を獲得したものの、日本維新の会新人の丸山穂高に敗れ、落選した[5]2014年第47回衆議院議員総選挙に再び自民党公認で大阪19区から出馬し、維新の党前職の丸山穂高に再び敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活して初当選した[6]

2015年6月25日文化芸術懇話会の勉強会に参加した[7]2017年第48回衆議院議員総選挙では、自民党公認で大阪19区から出馬。日本維新の会前職の丸山穂高に、前回よりも大きく票差をつけられ敗れたものの、比例復活により再選[8]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 2007年から2012年まで、民主党所属の寝屋川市議会議員だった吉羽美華は、2013年から2016年まで婚姻関係にあり、一児を授かった[10]。離婚の理由について、吉羽は谷川による言葉や経済上の問題でのDVを主張していたが、谷川は「彼女に手をあげたことも不貞行為も一度もない」「お金はまとめて渡していたし、クレジットカードも自由に使ってもらっていた」と吉羽の主張を否定している[10]
  • 喫煙者であり、超党派の愛煙家国会議員からなる議員連盟もくもく会に所属している[11]

発言[編集]

「同性婚や夫婦別姓は趣味みたいなもの」
2018年7月29日AbemaTVのインターネット番組「千原ジュニアのキング・オブ・ディベート」に出演した際、作家の乙武洋匡同性婚夫婦別姓を認めない政府の姿勢に疑問を呈したのに対し、「多様性を認めないわけではないが、法律化する必要はない。趣味みたいなもので」と発言した[12]。同性カップルをめぐる同じ自民党の杉田水脈衆議院議員の「(LGBTは)生産性がない」[13]という月刊誌への寄稿が批判されていた中での発言であったため、谷川の発言も批判を受けた[12]。発言に関し、谷川は「LGBTの方々を差別するつもりもなく、多様性を認めていないわけでもありません」「申し上げたかったのは、(婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立すると定めた)日本国憲法第24条により現状では同性婚の容認は困難であるということ」と釈明した[12]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成29年中央労働委員会告示第26号(平成29年10月27日官報)
  2. ^ “世襲候補、勝率76% 自民は88人中86人当選”. 日本経済新聞. (2012年12月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXDASFS17017_X11C12A2EB1000/ 2018年9月2日閲覧。 
  3. ^ 谷川とむ君_衆議院
  4. ^ a b c d e プロフィール│谷川とむ活動レポート
  5. ^ “2012衆院選 大阪19区”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A27019 2018年9月2日閲覧。 
  6. ^ “2014衆院選 大阪”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A27001&st=tk 2018年9月2日閲覧。 
  7. ^ “自民「言論弾圧」勉強会 8割が神道政治連盟員 首相支える「親衛隊」 かばった責任重い”. しんぶん赤旗. (2015年7月6日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-07-06/2015070601_04_1.html 2018年9月2日閲覧。 
  8. ^ “第48回衆院選 大阪”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=27 2018年9月2日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i “第48回衆院選 自民 大阪19区 谷川 とむ”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A27019001001 2018年9月2日閲覧。 
  10. ^ a b “小池百合子「希望の党」のポンコツリスト(上)”. 週刊新潮. (2017年10月19日). https://www.dailyshincho.jp/article/2017/10190801/?all=1 2017年10月19日閲覧。 
  11. ^ 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  12. ^ a b c “同性愛「『趣味』みたいなもの」自民・谷川とむ衆院議員”. 朝日新聞. (2018年8月2日). https://www.asahi.com/articles/ASL822VCPL82UBQU002.html 2018年9月2日閲覧。 
  13. ^ “同性カップル「生産性ない」 自民・杉田氏の寄稿に批判”. 朝日新聞. (2018年7月24日). https://www.asahi.com/articles/ASL7S46J3L7SUBQU00H.html?iref=pc_extlink 2018年9月2日閲覧。 

外部リンク[編集]