2021年自由民主党総裁選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2021年自由民主党総裁選挙

2020年 ←
2021年9月29日

選挙制度 総裁公選規程による総裁選挙
有権者数 党所属衆議院議員:274
党所属参議院議員:108
党員票     :382
合計      :764[1]

  Fumio Kishida 20211004 (cropped).jpg Taro Kono 20200916.jpg
候補者 岸田文雄 河野太郎
議員票 146 86
党員票 110 169
合計 256 255
決選議員票 249 131
決選地方票 8 39
決選投票 257 170

  Sanae Takaichi.jpg Seiko Noda 20211004 cropped.jpg
候補者 高市早苗 野田聖子
議員票 114 34
党員票 74 29
合計 188 63
決選議員票 - -
決選地方票 - -
決選投票 - -

2021 Liberal Democratic Party (Japan) Leadership election, round 2.svg
2021 Liberal Democratic Party (Japan) Leadership election, round 1.svg

選挙前総裁

菅義偉

選出総裁

岸田文雄

2021年自由民主党総裁選挙(2021ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、2021年(令和3年)9月29日に行われた日本自由民主党党首である総裁選挙である。

概要[編集]

2020年9月に行われた自由民主党総裁選挙において選出された現職の菅義偉の任期満了に伴い実施された。前回の総裁選挙は2020年8月28日に現職の内閣総理大臣自由民主党総裁である安倍晋三が自身の持病である潰瘍性大腸炎の再発を理由として辞任の意向を表明した[2]ことに伴う総裁選挙であったため、菅義偉総裁の任期は安倍の残任期間である2021年9月末までであった。

衆議院議員の任期が2021年10月21日までであり、衆議院選挙が遅くとも11月末までに行われることが確実であるため、衆議院総選挙を先に実施し、9月末までに行われる自民党総裁選挙を10月以降にする可能性も報じられていたが[3]2021年8月26日、自由民主党の総裁選挙管理委員会は「9月17日告示・29日投開票」を決定した。

8月31日、菅と二階幹事長が会談を行い、その会談の際に9月中旬の衆議院解散も選択肢の1つとされていたが、翌日9月1日に「菅首相が9月中旬の衆議院解散に踏み切る」との報道がなされたため、菅が会見で「総裁選の先送りは考えていない」と言及することとなった。

9月3日、再選に向けて意欲を示していた現職の菅が不出馬を表明。先に立候補表明していた岸田文雄高市早苗[注釈 1]に加え、河野太郎野田聖子が出馬表明を行い、4者で争う構図となった。高市と野田が立候補したことで、小池百合子(現:東京都知事)が立候補した2008年総裁選以来、13年ぶりに女性が立候補する自民党総裁選となった。また、複数の女性候補者が立候補するのは初めてである。

前回の総裁選挙に続き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、街頭演説は今回行われず、両院議員総会も自民党本部のホールではなく党大会の行われるグランドプリンスホテル新高輪で実施された。投開票の結果、岸田1位、河野2位、高市3位、野田4位という結果となったが、いずれも過半数を獲得できなかったため、1位の岸田と2位の河野による決選投票が実施された。そして、決選投票の結果、岸田が河野を破り、第27代自由民主党総裁に選出された。

選出された岸田は、第100代内閣総理大臣に就任した[4]。本総裁選を実施して10月4日に召集する第205臨時国会での首班指名選挙で菅義偉に代わる新総裁の岸田が新総理に指名され、皇居での今上天皇による親任式を経て新内閣が発足、菅義偉内閣は総辞職して岸田内閣が成立した。10月8日に岸田新首相の所信表明演説10月11日から10月13日に各党代表質問を行い、衆議院議員任期満了の7日前の10月14日衆議院解散(同日に国会会期終了)、その5日後の10月19日衆議院議員選挙公示、10月31日投開票の日程が岸田新首相により決定された[5]

選挙データ[編集]

総裁[編集]

告示[編集]

投票日[編集]

選挙制度[編集]

1回目の投票で有効投票の過半数に達しない場合は、上位2人による決選投票となる。決選投票は、国会議員の投票と各都道府県連1票ずつで行われる。このときの各都道府県連の投票先は、各地で最も多く党員票を獲得した候補者となる。
投票方法
秘密投票、単記投票、1票制
選挙権
党所属国会議員、党員・党友
被選挙権
党所属国会議員
有権者
764
  • 党所属衆議院議員:274[6]
  • 党所属参議院議員:108[7]
  • 党員・党友   :382(党員・党友を議員票と同数に各都道府県支部連合会に比例配分)
総裁選告示後、竹下亘の死去に伴い議員票、党員党友票が各1票減少した[8]
党員票は、2019年と2020年の2年間に党費を納めた党員が選挙権を持つが、特例措置で2020年分のみを納めた党員も投票をすることができる。今回の総裁選挙における党員投票選挙人数は1,104,336人と発表されている[9]。党員票は、党員投票の結果を全国集計し、ドント方式で各候補に比例配分される。

選挙啓発[編集]

  • 日本を守る責任

選挙管理委員会[編集]

選挙活動[編集]

候補者[編集]

9月17日に告示され、届け出順に、河野太郎規制改革担当大臣、岸田文雄前政務調査会長、高市早苗前総務大臣、野田聖子幹事長代行の4人が立候補した。

女性が複数出馬するのは、1955年(昭和30年)の結党以来初となった[10]2008年総裁選小池百合子が立候補したのが、女性で初)。

河野太郎 岸田文雄 高市早苗 野田聖子
Taro Kono 20200916.jpg Fumio Kishida 20211004.jpg Sanae Takaichi.jpg Seiko Noda 20211004 cropped.jpg
衆議院議員
(8期・神奈川15区
行政改革担当大臣
国家公務員制度担当大臣
ワクチン接種担当大臣
内閣府特命担当大臣
沖縄・北方対策規制改革
衆議院議員
(9期・広島1区
党広島県支部連合会会長
衆議院議員
(8期・奈良2区
衆議院議員
(9期・岐阜1区
党幹事長代行
党岐阜県支部連合会会長
志公会
(麻生太郎派)
宏池会
(岸田文雄派)
無派閥 無派閥
9月10日出馬表明[11] 8月26日出馬表明[12] 9月8日出馬表明[13] 9月16日出馬表明[14]
日本を前に進める。 声をかたちに。信頼ある政治。 日本を守る。未来を拓く。 だれもが「わかる政治」を
特設サイト 特設サイト 特設サイト 公式サイト

推薦人[編集]

推薦人一覧[15][注釈 2]
候補者 河野太郎 岸田文雄 高市早苗 野田聖子
推薦人代表 伊藤達也 (無派閥) 鈴木俊一 (麻生派) 西村康稔 (細田派) 三原じゅん子(無派閥)
選挙責任者 坂本哲志 (石原派) 根本匠  (岸田派) 古屋圭司 (無派閥) 渡辺猛之 (竹下派)
推薦人 阿部俊子 (麻生派)
穴見陽一 (細田派)
伊藤忠彦 (二階派)
石原宏高 (石原派)
上野賢一郎(石原派)
岡下昌平 (二階派)
田中良生 (無派閥)
平将明  (石破派)
高橋比奈子(麻生派)
武村展英 (無派閥)
野中厚  (竹下派)
古川禎久 (石破派)
宮崎政久 (竹下派)
義家弘介 (細田派)
島村大  (無派閥)
園田修光 (無派閥)
中西健治 (麻生派)
山下雄平 (竹下派)
石田真敏 (無派閥)
大野敬太郎(無派閥)
加藤鮎子 (無派閥)
梶山弘志 (無派閥)
鈴木隼人 (竹下派)
高木毅  (細田派)
土屋品子 (無派閥)
西銘恒三郎(竹下派)
堀内詔子 (岸田派)
本田太郎 (無派閥)
山際大志郎(麻生派)
吉野正芳 (細田派)
渡辺博道 (竹下派)
猪口邦子 (麻生派)
今井絵理子(麻生派)
二之湯智 (竹下派)
宮本周司 (細田派)
森まさこ (細田派)
馳浩   (細田派)
山口壮  (二階派)
江藤拓  (無派閥)
城内実  (無派閥)
高鳥修一 (細田派)
木原稔  (竹下派)
黄川田仁志(無派閥)
石川昭政 (無派閥)
小林鷹之 (二階派)
佐々木紀 (細田派)
小林茂樹 (二階派)
衛藤晟一 (二階派)
山谷えり子(細田派)
片山さつき(二階派)
青山繁晴 (無派閥)
山田宏  (細田派)
佐藤啓  (細田派)
小野田紀美(竹下派)
大岡敏孝 (二階派)
神谷昇  (二階派)
川崎二郎 (無派閥)
木村弥生 (無派閥)
出畑実  (二階派)
渡海紀三朗(無派閥)
浜田靖一 (無派閥)
百武公親 (竹下派)
福井照  (二階派)
宮路拓馬 (石原派)
岩本剛人 (二階派)
清水真人 (二階派)
柘植芳文 (無派閥)
鶴保庸介 (二階派)
徳茂雅之 (無派閥)
三木亨  (二階派)
元榮太一郎(竹下派)
山田俊男 (無派閥)
推薦人 派閥別数
候補者 河野太郎 岸田文雄 高市早苗 野田聖子
細田派 2 4 7 0
麻生派 3 4 0 0
竹下派 3 4 2 3
二階派 2 0 5 8
岸田派 0 2 0 0
石原派 3 0 0 1
石破派 2 0 0 0
無派閥 5 6 6 8

各陣営の役員[編集]

選挙対策本部役員[16]
候補者 河野太郎 岸田文雄 高市早苗 野田聖子
選挙対策本部長 伊藤達也(無派閥) 遠藤利明(無派閥) 古屋圭司(無派閥) 三原じゅん子(無派閥)
事務総長 坂本哲志(石原派) 根本匠(岸田派) 城内実(無派閥)
事務局長 井上信治(麻生派) 木原誠二(岸田派) 木原稔(竹下派)

立候補を断念した人物[編集]

  • 菅義偉 - 無派閥。内閣総理大臣。当初は再選を目指す意向を明言していたが、告示2週間前の9月3日になって、一転して総裁選不出馬の意向を表明した[17][18]
  • 下村博文 - 清和政策研究会(細田派)副会長。自民党政調会長。立候補に意欲を示し、8月19日には二階幹事長に出馬への決意を伝えていたものの[19]、30日に立候補を断念する意向を所属する細田派幹部に伝えた[20]。9月4日には菅が立候補を取りやめたため「状況が変わった。改めて仲間と相談したい」と述べたものの、9日に記者団に対し総裁選への不出馬を表明した[21]
  • 石破茂 - 水月会(石破派)顧問。元幹事長。9月15日に会見を開き、不出馬を表明した[22]
  • 茂木敏充 - 平成研究会(竹下派)会長代行。外務大臣。派内に出馬を促す意見もあり、出馬を模索していたが、9月9日の派閥会合後「派内をまとめるのに徹する」として、自身は出馬しない考えを示した[23][24]
  • 青山繁晴 - 無派閥。9月7日に放送されたニッポン放送番組内で、自身の総裁選立候補を巡る経緯について説明した。それによると、一時、青山は総裁選に自ら出馬する意向を固めていたものの、その後、支持層が重なる高市の出馬を知り、9月5日に自らの出馬を断念することを決断したという[25]

党内の動き[編集]

菅内閣は発足当初は高い支持率を示していたが、コロナ対策オリンピック開催の是非を巡り、支持率の低迷が続く状況となっていた。しかしながら、菅は再選に向けて一貫して出馬意欲を示しており[26]、支持率の低迷が続く中でも、安倍晋三前総裁や二階俊博幹事長、石破茂、石原派等が再選に向けて支持を表明していた。補選都議会議員選挙や菅の地元で行われた横浜市長選挙での相次ぐ敗戦により、選挙の顔として菅を変えるべきとの党内の意向が強まっていた[27]

そのような中、高市早苗や前年の総裁選挙で敗れた岸田文雄が相次いで出馬表明。菅は党内でも批判のあった二階俊博幹事長の更迭を表明する等、事態の進展を図ったが[28]、総裁選挙の日程が決定後に、菅は不出馬を表明することとなった。その後に河野太郎野田聖子が出馬表明をすることとなった。

岸田派が結束して岸田文雄を推す以外は、派閥内で支持が分かれる構図となった[29]

現職閣僚でもある小泉進次郎環境相は河野支持を表明。また立候補するかどうかで注目されていた石破茂も河野の支持に回り、これら3者の頭文字をとって小石河連合(こいしかわれんごう)と報道された[30]

当初、菅再選の支持を表明していた安倍晋三は、菅の不出馬表明を受けて告示前日に高市早苗を支持することをTwitterで正式に表明した[31]。一方、菅は告示日に現職閣僚でもある河野を支持することを正式に表明した[32]

派閥の動き[編集]

細田派[編集]

細田派は9月14日に臨時総会を開き、支援候補の一本化は見送り事実上の自主投票とすることが決まった。細田派に影響力のある安倍晋三が高市への支援を依頼したこともあり[33]、会長の細田博之は高市と岸田を派として支持する方針を示した[34]。細田自身は岸田への支持を表明した[35]

麻生派[編集]

麻生派は河野か岸田を「基本的に支持」との方向性となった[36]。河野は若手・中堅を中心に派内の支持を獲得したが、ベテランを中心に岸田を支持する声もあがった[37]。副会長の鈴木俊一は河野から選対本部入りを要請されたが断り、岸田の推薦人代表となった[38]

竹下派[編集]

竹下派会長代行の茂木敏充が、療養中の竹下亘会長に代わって派閥のとりまとめを行い、9月9日に自身の不出馬および派閥独自の候補擁立も行わない意向を述べた[39][40]。結果的に全候補に竹下派所属議員の推薦人がつくこととなったものの[41]、茂木は「グループとしては大半が岸田氏支持でまとまった。方向性が明確になった」と話し、派閥として岸田を支持することを事実上表明した[42]

竹下自身は岸田を支持することを表明していたが[35]、総裁選告示日の17日夜に死去した[43]。これにより「旧竹下派」の呼称もメディアで用いられるようになった。

二階派[編集]

二階派は菅が出馬した場合は再選を支持する方向であったが、最終的には自主投票となった[44]。4人の立候補者のうち、岸田以外の河野、高市、野田の3陣営に推薦人を出した[45]。会長代行の河村建夫中曽根弘文は高市支持を表明した[46][47]

岸田派[編集]

岸田派会長の岸田文雄は8月26日に総裁選への出馬を表明した[48]

石破派[編集]

石破茂が9月15日に不出馬を表明。石破自身は河野を支持することを表明したが[49]、派として河野支持でまとめることはできず、自主投票となった[50][51]。27日には、石破派は休会中だった山本有二が17日付で退会したと発表した[52]。また投開票日翌日の30日には派閥事務総長も務めた古川禎久が退会した[53]。古川は岸田内閣で法務大臣に任命され、竹下派に入会した[54]

石原派[編集]

石原派は8月26日の会合で総裁選の対応を会長・石原伸晃に一任し、石原が菅義偉の再任支持を明言したが[55]、この派閥決定は9月3日に菅が総裁選への立候補を断念したことにより白紙化された。その後、派としての支持する候補者の一本化を見送り、自主投票とすることを決めた[56]。石原自身は岸田を支持することを表明した[57]

議員グループの動き[編集]

谷垣グループ[編集]

谷垣グループは9月15日に国会内で会合を開き、代表世話人の中谷元はグループとして岸田を支持することを表明したものの、メンバーが他の候補を支援することも容認すると語った[58]。療養中の谷垣禎一は自宅を訪れた岸田に対し、「必ず勝利を果たしてほしい」と激励した[59]。中谷と共に代表世話人を務める遠藤利明は岸田陣営の選対本部長に就任した[16]

ガネーシャの会[編集]

9月6日、ガネーシャの会は支持する菅の不出馬を受け、自主投票で臨む方針を決めた[60]。河野の立候補を受け13日には再び会合を開いて会員の支持動向を確認し、会長の坂井学はじめ出席者からは河野を支持する声が多く上がった[61]

党風一新の会[編集]

9月10日、当選3回までの若手・中堅議員グループの「党風一新の会」が自民党総裁選を前に新たに立ち上げられ、福田達夫が代表世話人に就任した[62]。9月14日、二階幹事長に対し、派閥一任ではなく個々の判断での投票の実現を会として申し入れた[63][64]。また21日には4候補を順に招き、党改革などに関する意見聴取を行った[65]。結成当初は河野支持の若手議員グループとも見られていたが、福田自身は岸田支持を表明し、会員の票も岸田へ傾いたとされる[66]

各候補者への支援・支持[編集]

各候補の主な支援・支持の一覧[67]
候補者 河野太郎 岸田文雄 高市早苗 野田聖子
派閥・グループ
現職閣僚
閣僚経験者
地方組織
地方自治体の首長
その他

選挙情勢の推移[編集]

当初、報道各社の世論調査では河野と石破が、「次の首相」としてトップを争っており、石破が出馬を断念し河野支持に回ったことから、河野陣営では党員票6割以上、国会議員票4割以上を得て、決選投票に持ち込ませずに1回目の投票で決着をつけることを狙った[124][125]。総裁選告示後に、河野は党員票で優位な情勢が伝えられたが、河野がこれまで主張してきた「脱原発」「女系天皇容認」などへの保守派の反発や、河野を支援する石破・小泉進次郎の反作用で、国会議員からの支持が伸び悩みを見せた[126]。また、河野が全額税方式による「最低保障年金」の導入を提唱したことや、原発立地県での河野への警戒感から、事前予想よりも党員票が失速したと報じられた[127]

一方、岸田は議員票で優位に立つものの、安倍の支援を受けた高市も議員票・党員票の両方で猛追し[125]、総裁選終盤時点では1回目の投票で河野が1位となり、2位に入った岸田か高市のいずれかが決選投票で「2位-3位連合」による逆転が可能か否かが焦点と報じられた[128]。終盤の議員票情勢は岸田が130票超、河野は100票超、高市は80票超、野田は約20票と報じられた。岸田は岸田派を固め、竹下派の半数以上と細田派、麻生派のベテラン議員からも支持を受けた。河野は麻生派の5割、石破派や石原派にも浸透し、二階派の約4割からも支持を受けた。高市は細田派の半数以上を固めた[129][130]

9月29日の投開票の結果、河野は党員票で4候補中最多の169票を獲得したが、国会議員票が86票で3位となり、事前の想定に反し、合計で岸田に続く2位に沈んだ。議員票の重みが増す決選投票での逆転もならず、岸田が新総裁に選出された[131]。党員票の河野の得票率は44.1%で、河野陣営が期待した「圧倒的人気」は示せなかった[132]。河野が1回目の投票で首位になるとの事前予測が覆った背景には、総裁選終盤で岸田・高市両陣営が決選投票での協力に合意したことから、岸田有利と判断する議員が増え、「勝ち馬」として岸田が票を集める結果となったことや、二階派などの河野支持と見られていた議員票が、高市などの他候補へ回ったことが背景と報じられた[133][134]

選挙結果[編集]

9月29日、東京都内のホテルで投開票が行われた[135]。党員・党友票をあわせた1回目の投票では、事前の予想では河野が1位になるとみられていたが、わずか1票差で岸田(256票)が1位、河野(255票)が2位となった。続いて高市が3位(188票)、野田が4位(63票)となった[136]。1回目の投票で4人の候補者のいずれも過半数に届かなかったため、岸田、河野の上位2人による決選投票にもつれ込み[137]、投票の結果、岸田が257票を得て河野の170票を上回って勝利した[138][139]

候補者別得票数[編集]

e • d  Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 2021年自由民主党総裁選挙 2021年(令和3年)9月29日施行
候補者 第1回投票 第2回投票 党員・党友票
得票数 得票率 議員票 党員票 得票数 得票率 議員票 地方票 得票数 得票率
岸田文雄 256 33.60% 146 110 257 60.19% 249 8 219,338 28.86%
河野太郎 255 33.46% 86 169 170 39.81% 131 39 335,046 44.08%
高市早苗 188 24.67% 114 74 147,764 19.44%
野田聖子 63 8.27% 34 29 57,927 7.62%
総計 762 100.0% 380 382 427 100.0% 380 47 760,075 100.0%
有効投票数(有効率) 762 99.87% 380 382 427 99.77% 380 47 760,075 99.75%
無効票・白票数(無効率) 1 0.13% 1 - 1 0.23% 1 - 1,929 0.25%
投票者数(投票率) 763 99.87% 381 382 428 99.77% 381 47 762,004 69.00%
棄権者数(棄権率) 1 0.13% 1 - 1 0.23% 1 - 342,332 31.00%
有権者数 764 100.0% 382 382 429 100.0% 382 47 1,104,336 100.0%
出典:自民党 党員投票開票結果|自民党

選挙後の動き[編集]

岸田新政権が発足[編集]

総裁選に勝利し新総裁に就任した岸田は、10月1日に開かれた臨時総務会で党の役員人事を行った。総裁選で岸田支持をいち早く打ち出し、選対顧問を務めた甘利明幹事長に、総裁選を争った高市を政務調査会長、河野を広報本部長とした[140]。野田は閣僚として、岸田内閣10月4日成立)で内閣府特命担当大臣地方創生少子化対策男女共同参画)、女性活躍担当、こども政策担当、孤独・孤立対策担当大臣に起用された[141]。岸田内閣では竹下派・細田派から4人ずつ、麻生派・岸田派から3人ずつ、二階派から2人が入閣した[142]。また、竹下派入閣組の内2人は谷垣グループにも重複して所属している。

本総裁選を実施して10月4日に召集する第205臨時国会での首班指名選挙で菅義偉に代わる新総裁の岸田文雄が第100代内閣総理大臣に指名され[4]、皇居での今上天皇による親任式を経て新内閣が発足、菅義偉内閣は総辞職して岸田内閣が成立した。10月8日に岸田新首相の所信表明演説10月11日から10月13日に各党代表質問を行い、衆議院議員任期満了の7日前の10月14日衆議院解散(同日に国会会期終了)、その5日後の10月19日衆議院議員選挙公示、10月31日投開票の日程が岸田新首相により決定された[5]

タイムライン[編集]

立候補に向けた動き[編集]

  • 5月3日 - 前首相の安倍晋三は、内閣総理大臣菅義偉の再選を支持する考えを表明した[143]
  • 7月17日 - 菅が総裁選出馬の意向を明言した[144]
  • 8月3日 - 幹事長二階俊博二階派)は記者会見で「総裁を代える意義が見つからない。再選される可能性が極めて高い状況であることは、誰もが承知の通り」と述べた。菅の無投票再選に向け、先手を打つ[145]
  • 8月5日 - 元総務大臣高市早苗(無派閥)が総裁選に出馬意向であることを共同通信が報じた[146]
  • 8月8日 - 細田派会長の細田博之は菅の再選を支持する意向を示した[147]
  • 8月10日 - 『文藝春秋』9月号が発売。高市の論文「総裁選に出馬します!」が掲載される[148]
  • 8月11日 - 自民党新潟県連会長の高鳥修一(細田派)は、衆院選前の総裁選実施を党本部に申し入れ、「談合による無投票再選はわが党の在り方としてマイナスだ」と述べた[149]
  • 8月17日 - 政府は新型インフルエンザ等対策特別措置法による緊急事態宣言を9月12日まで延長することを決定[150]。菅は当初、9月5日のパラリンピック閉幕直後に招集した臨時国会で冒頭解散を行い、総選挙に勝利した上で先送りした自民党総裁選を無投票で乗り切るシナリオを描いていたとされるが、緊急事態宣言の期限延長に伴い事実上流れた[151]
  • 8月18日 - 下村博文政調会長(細田派)が前内閣総理大臣の安倍晋三の国会内の議員事務所に訪ね、総裁選への立候補を目指す意向を伝えた。また、財務大臣麻生太郎麻生派)とも東京都内で面会した[152]
  • 8月20日 - 環境大臣小泉進次郎は記者会見で菅の再選を支持する考えを示した[153]
  • 8月22日 - 横浜市長選挙実施。投票締め切りの午後8時と同時に複数のメディアは、立憲民主党推薦の山中竹春の当選確実を報道[154][155]。菅が全面支援した小此木八郎国家公安委員長は大差で敗れ、政局に発展する観測が強まった[156]
  • 8月23日
    • 午前5時、産経新聞が、前政調会長(岸田派会長)の岸田文雄が総裁選に出馬する方向で調整に入ったと報道[157]
    • 菅はお膝元である横浜市の市長選の結果について「謙虚に受け止めたい」と述べるとともに、記者団に対し「自民党総裁選挙に立候補する意思に変わりはない」と話した[158]
    • 元幹事長の石破茂石破派)は記者会見し、総裁選への出馬には消極的な考えを示した[159]
  • 8月24日
    • 二階は会見で、二階派として菅の再選を支持する考えかと問われると「当然のことではないか。愚問だ」と答えた[160]
    • 公明党代表の山口那津男は自民党総裁選について「菅首相を先頭に全力を挙げて当たっていくことが重要だ」と述べた[161]
    • 世耕弘成(細田派)は総裁選について「政権与党で新型コロナウイルス対応に責任を持っている方は出馬するべきではない」と述べ、下村が菅を支える党三役でありながら出馬に意欲を示していることに苦言を呈した[162]
  • 8月25日 - 菅と二階が会談。総裁選は「9月17日告示、29日投開票」の見通しとなった[163]

総裁選日程決定[編集]

  • 8月26日
    • 菅と二階の意向を受け、党の総裁選挙管理委員会は「9月17日告示、29日投開票」を決定した[164]。同日、党臨時総務会で日程を了承した[165]
    • 石原派(10人)は会合を開き、会長の石原伸晃に対応を一任。石原は菅の再選支持を明言した[166]
    • 二階派の在京議員懇談会が行われたが、参加議員からは菅支持の方針の再考を求める声が噴出した[167]
    • 国会内で麻生派幹部が会合を行ったが、菅の再選を支持する意向の麻生に対し、慎重論も根強く結論は出なかった[168]
    • 日本維新の会代表および大阪市長松井一郎は菅の再選が望ましいとの考えを示した[169]
    • 岸田が正式に総裁選出馬を表明[170]。岸田は記者会見で「党役員は1期1年、連続3期までとすることで権力の集中と惰性を防ぎたい」と表明。「決して特定の方を念頭に申し上げたつもりはありません」とも述べたが、幹事長就任から5年を迎えた二階を念頭に置いた発言ではないかとの憶測を呼んだ[171]。一方で岸田は、閣僚については対外的な関係構築の必要があるとして「任期は考えるべきではない」と主張し、財務大臣を8年以上務める麻生への配慮があった見方も出た[172]
    • 高市が正式に総裁選出馬を表明[173]
  • 8月30日
    • 下村は朝の街頭演説で総裁選について「準備している」と述べていたが、演説後、菅に呼ばれ官邸で会談。菅から立候補するのか政調会長を辞任するのか決断を迫られ、立候補を断念した[174][175]
    • 岸田が国会内で安倍、麻生と相次ぎ会談し、支援を要請[176]。岸田が党役員人事に触れたのは麻生が二階幹事長の交代を希望しているという事情もあった[177]が、麻生は岸田に対しエールを送りつつ明確な支持表明は避けた。安倍はこの時点で周囲に「人間として菅さんを支持する」と述べ再選支持の態度を崩していなかったが、一方で安倍の支援を期待する岸田・高市の活発な動きについては黙認を続けた[178]
    • 幹事長の二階は岸田が党役員の任期制限を掲げたことについて「日ごろそういうことを言ったことがないじゃないの。特定のことを意識して発言するのはいかがなものか」「幹事長に就きたいと名乗り出た覚えは一回もない。失敬だ」と述べ不快感を示した[179][180]。同日には菅が二階と首相官邸で会談し、9月中に党役員人事を行う考えを示した。この中で二階は幹事長交代を受け入れる考えを菅に伝えた[181]
    • 菅は、野党4党が憲法53条に基づき求めていた総裁選前の臨時国会召集を拒否するよう、加藤勝信官房長官、森山裕国会対策委員長らに指示[182]
    • 小泉は菅と会談。小泉は菅再選支持を表明していたが、考えを改め、出馬を断念するよう促した。小泉はこの日から4日連続で菅と会い、いずれの日も「このままでは総裁選で勝てない」と訴えた[183][184]
  • 8月31日
    • 森山は、立憲民主党安住淳国対委員長と国会内で会談し、総裁選前の臨時国会の召集に応じない考えを伝えた[185]
    • 菅は議員宿舎で二階らと会談し、衆院選の日程などについて協議。菅は自民党役員人事と内閣改造を翌週に行い、9月中旬の衆議院解散も選択肢との考えを二階に伝えた[186]毎日新聞は菅が党内の支持を十分集められる見通しが立っておらず、総裁選を先送りするために解散に踏み切ることにしたとみられると報じた[187]。衆院選の日程については10月5日公示、17日投開票とする案を検討中と報じられた[188]
      しかし同日夜にこの話は漏れ伝わり、党内から「道連れ解散だ」「無理心中するつもりか」との批判が一気に広がった。麻生は菅に反対の考えを伝え、麻生から9月解散説を知らされた安倍も電話で反対の考えを伝えた。他の党幹部からも反発の声が上がった[189][190]
  • 9月1日
    • 菅は午前、報道陣に対し、「今のような厳しい状況では解散できる状況ではない」「総裁選の先送りは考えていない」と述べた[191]
    • 岸田派に所属するデジタル改革担当大臣平井卓也は、現職閣僚として初めて岸田を支援する意向を表明した[79]
    • 防衛大臣中谷元は前日の報道に触れ、所属する谷垣グループの会合で「総裁選挙の日程はもう決まっている。勝手な個人の都合で変更すれば、党の信頼を失ってしまう」と指摘した[192]
  • 9月2日
    • 菅のおひざ元である党神奈川県連の土井隆典幹事長(神奈川県議会議員)は、総裁選に向けた会合後、記者団の取材に応じ、「県連としては特に、菅さんを頼むという応援をするつもりは一切ない」と述べた[193]
    • 岸田は、BS-TBSの夜の番組で、学校法人森友学園への国有地売却をめぐる公文書改ざん問題について、「国民が足りないと言っているので、さらなる説明をしなければならない課題だ」と言及した[194]
    • 菅は午後、自民党本部で二階らと会談し、総裁選挙に再選を目指して立候補することを伝えた[195]
    • 菅は夜、麻生と面会。自民党役員人事について、河野太郎行政改革担当相(麻生派)の要職起用を打診したが、麻生は「おまえと一緒に、河野の将来まで沈めるわけにいかねえだろ」と拒否した。また、安倍にも党人事への協力を求めたが拒否された。菅は党人事を打ち出したことで「保身のためという狙いが透けて見える」(中堅議員)とかえって反発を招き、麻生は河野に対し人事要請を受けないよう要請。細田派も距離を置き始めるなど菅は党内での孤立を深めることとなった[189]

菅の総裁選不出馬[編集]

  • 9月3日
    • 菅は午前11時20分頃、自民党本部で二階に首相辞意を伝えた[189]。その後、党本部8階で開かれた党臨時役員会に出席し、午前11時30分、総裁選に立候補しない意向を表明した[189]。NHKと朝日新聞は、菅は9月末の総裁任期の満了に伴い、内閣総理大臣を辞任する意向と報じ、役員人事も見送られる方針となった[196][197]。同日、二階は党本部で記者団の取材に応じ、菅から後継総裁の指名の有無があったかについて「ありません」と答えた[198]。菅は幹事長人事について石破や小泉、河野などを登用する案を検討していた[199]が断られ、官邸筋は党役員人事に行き詰っていたことが不出馬の理由と指摘した[200]
    • 河野が出馬への意向を固めたと報道された[201]
    • 幹事長代行の野田聖子(無派閥)が複数の自民党議員に対し立候補の意欲を伝えた[202]
    • 既に立候補の断念を表明していた下村博文は、「状況が変わった。改めて仲間と相談したい」と述べた[203]
  • 9月4日 - 岸田の森友学園問題は「さらなる説明が必要」との指摘を安倍周辺は「岸田がこの問題を再調査する」ととらえ、その後安倍は高市を支援する意向を出身派閥の細田派幹部や高市本人に伝えた[204][205]
  • 9月6日
    • 読売新聞は、石破が出馬を見送り、河野を支持する方向で検討に入ったと報じた。石破派の平将明は、河野を支持する考えを石破に伝えた[206]
    • 麻生派に所属する党税調会長甘利明は、BS日テレの番組内で岸田を支持する意向を表明した[98]
    • 岸田は出演したインターネット番組内で「行政や司法の対応が確定し、求められれば説明をする。それ以上でも以下でもない」と述べ、森友学園問題の再調査を否定した[207]
    • ガネーシャの会(菅に近い無派閥若手議員グループ)は、次期総裁選を自主投票で臨む方針を確認した。なお、会は総裁選後も存続させるという[60]
  • 9月7日
    • 石破派は国会内で会合を開き総裁選の対応を協議したが結論は出なかった。河野支持を表明した所属議員の平将明は欠席した[208]
    • 自民党本部内で衆院当選3回以下の若手議員が会合を開き、総裁選での自主投票を主張した[209]
  • 9月8日
    • 石破は党本部で二階と面会。石破は面会後、総裁選の対応について「(白紙という立場は)まったく変わらない。出るのに必要な推薦人の数や自分の所見は整っている」と記者団に述べ、出馬に含みを持たせた[210]
    • 高市が正式に出馬表明した[211]
    • 谷垣グループの代表世話人を務める遠藤利明が岸田を支持する意向を表明した。
  • 9月9日
    • 竹下派の一部で推す声のあった茂木敏充外務大臣が不出馬を表明した[212]
    • 当初菅支持を表明していた石原派が会合を開き、政策を見極めた上で派としての方針を決めることを明らかにした。会長の石原伸晃は不出馬の意向を示した[213]
    • 細田派の総会が開かれたが結論は出なかった。総会後、高市を支持する高鳥修一らは高市を交えた会合を急遽開催した。
    • 下村博文が改めて不出馬を表明した[212]
    • 河野が所属する麻生派会長の麻生太郎は、記者団に対し河野の出馬を容認する考えを示した[214]。一方で副会長の鈴木俊一は「派閥の対応が決まっていない」として、河野からの選対本部入り要請を断った[214]
    • 谷垣グループの筆頭代表世話人を務める中谷元は、グループとして岸田を支持することを目指す意向を記者団に示した[94]
  • 9月10日
    • 河野は国会内で記者会見を開き、立候補を正式に表明した[215]
    • 麻生派は幹部会合を開き、河野か岸田支持を原則としつつも個別の事情で他候補の支援も容認する方針を確認した[216]
  • 9月13日 - 石破は自身の事務所で河野と会談。河野は石破に「もし私が総理、総裁になったら力をお貸しください」と協力を求めた[84]
  • 9月14日 - 細田派は臨時総会を開き、高市と岸田を支持する方針ながら、支援候補の一本化はしないことが決定された[34]
  • 9月15日
    • 谷垣グループは会合を開き、グループとして岸田を支持するものの、他候補の支援も容認する方針が決定された[58]
    • 石破は不出馬を表明し、河野を支持する方針を明らかにした[217]
  • 9月16日
    • 麻生派が河野・岸田の両者を支持しつつ、高市支持も容認する方針を決定。二階派は1回目の投票は自主投票とし、決選投票では派内の意見を集約して一本化する方針を確認した。石原派も同日の総会で、全会一致で自主投票を決定し、各派閥で投票先を拘束しない判断が相次いだ[218]
    • 夕方、野田聖子が党本部で記者会見し、必要な推薦人20人を確保できたとして立候補を表明した[219]。野田は自身に近い無派閥議員や、参議院竹下派、二階派などから推薦人を獲得した[220]

総裁選公示[編集]

  • 9月17日
    • 総裁選告示。
    • 竹下派会長の竹下亘が都内の自宅で死去した[43]
    • 山本公一環境大臣が入院加療中であることを理由に投票を棄権する意向と報じられる[221]
  • 9月27日
    • 竹下派が会合を開き、会長代行を務める茂木が「現状では岸田氏を支持したいという声が多い」と述べ、事実上の支持表明を行った。同日には岸田を支援する甘利と、高市を推す安倍が議員会館で会談。安倍は甘利に対し「岸田さんはしっかりしてきた。たくましくなった」などと述べたとされ、決選投票で河野を上回るための「2、3位連合」に向けた会談との見方が広がった。その後、岸田陣営は選対本部の会合で決選投票が河野と高市との対決となった場合、高市を支援する方針を確認した[222][223]
  • 9月28日
    • 細田派は、派閥として支持する岸田と高市の2人のうちいずれかが決選投票に進んだ場合には、派としてまとまって支持するよう呼びかけを行った[224]。同日、決選投票は結束して行動することを目指していた二階派では意見集約が難しい状況となっていたことから、決選投票になった場合も自主投票とする方針を確認した[225]
    • 28日夜、岸田、高市両陣営の幹部が会談し、決選投票で2人のいずれかが河野と対峙することになった場合、両陣営が協力することで正式に合意した[226]

総裁選投開票[編集]

  • 9月29日
    • 東京都内のホテル(グランドプリンスホテル新高輪)で、総裁選の投開票を行った。
    • 1回目の投票で全候補4人のいずれも過半数を獲得できず、上位2人による決選投票で岸田が河野を抑えて、第27代自由民主党総裁に選出[227]
    • 新総裁に選出された岸田は記者会見で、党役員人事や組閣で、総裁の座を争った河野、高市、野田の3候補のほか中堅・若手を起用する考えを示した[228]。河野は党広報本部長
  • 9月30日 - 岸田は選挙戦でいち早く自身の支持を表明し、陣営の選対顧問も務めた麻生派幹部の甘利明を幹事長で起用する方向で最終調整していると報じられた[229]
  • 10月3日 - 河野は自身のインターネット番組で、次の自民党総裁選出馬に向け準備を進める意向を明らかにし、「次の総裁選までに『河野太郎』と入れる党員を100万人増やす」との構想を打ち出した[230][231]

岸田新内閣発足[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 8月5日に出馬意思があることが報じられていた。正式出馬表明は9月8日。
  2. ^ 選挙ドットコム等のサイトでは谷垣グループ菅グループは派閥扱いにはしていないため、それに準拠する。
  3. ^ 河野支持を表明していたものの、1回目は高市、決選投票では岸田に投票したことを総裁選後に自身のTwitterで公表した
  4. ^ 村長選直後の山添村の村長は除く。
  5. ^ 河野太郎の父。
  6. ^ 総裁選告示日の9月17日夜に死去
  7. ^ 衆院選くら替えのために参議院議員を辞職。

出典[編集]

  1. ^ 【詳しくわかる】自民党総裁選2021”. NHK (2021年9月2日). 2021年9月4日閲覧。
  2. ^ “安倍首相 総理大臣辞任を正式表明 記者会見で”. NHKNEWSWEB. (2020年8月28日). オリジナルの2020年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/9Sjw1 2020年8月28日閲覧。 
  3. ^ “首相が描く「再選シナリオ」、総裁選は衆院選後か…勝利で「国民が選んだ首相」の思惑”. 読売新聞. (2020年6月18日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210618-OYT1T50109/ 2021年9月18日閲覧。 
  4. ^ a b “令和3年10月4日 岸田内閣総理大臣記者会見”. 首相官邸. (2021年10月4日). https://www.kantei.go.jp/jp/100_kishida/statement/2021/1004kaiken.html 2021年10月5日閲覧。 
  5. ^ a b “衆院選31日投開票 首相「可及的速やかに信任」”. 産経新聞. (2021年10月4日). https://www.sankei.com/article/20211004-3A3AJS3Q4NLW3EYN6AFFP6TCPY/ 2021年10月5日閲覧。 
  6. ^ 大島理森衆議院議長を除く。
  7. ^ 山東昭子参議院議長を除く。
  8. ^ 総裁選の票数、764に減少 竹下元復興相の死去で:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2021年9月18日閲覧。
  9. ^ 総裁選挙2021 党員投票選挙人数が110万人超に
  10. ^ 自民総裁選告示 4氏出馬、派閥色薄く混沌” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月17日). 2021年9月30日閲覧。
  11. ^ 河野氏「コロナ前に戻るのではなく前に進める」 出馬表明会見要旨” (日本語). 毎日新聞. 2021年9月10日閲覧。
  12. ^ 岸田氏、出馬表明「幅広い選択肢示す」 自民総裁選” (日本語). 日本経済新聞 (2021年8月26日). 2021年9月9日閲覧。
  13. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月8日). “高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月9日閲覧。
  14. ^ 自民総裁選、野田聖子氏が立候補を表明…「推薦人20人を整えていただき出馬」” (日本語). 読売新聞. 2021年9月17日閲覧。
  15. ^ 自由民主党総裁選挙2021|9月17日告示 29日投開票|選挙ドットコム
  16. ^ a b 自民党総裁選、各陣営が選対本部長を決定(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月17日). 2021年9月27日閲覧。
  17. ^ 菅首相が総裁選不出馬、首相も辞任へ-コロナ対策と「両立できず」” (日本語). Bloomberg.com. 2021年9月17日閲覧。
  18. ^ 菅首相が退陣表明、後任選びは岸田・河野・石破氏が軸か…衆院選は11月の公算 : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年9月4日). 2021年9月7日閲覧。
  19. ^ 下村博文氏が二階幹事長に“出馬意欲”伝える 総裁選へ動き活発化”. FNNプライムオンライン. 2021年9月9日閲覧。
  20. ^ 自民・下村氏、総裁選への出馬断念 細田派幹部に伝える:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月9日閲覧。
  21. ^ 下村、茂木両氏が自民党総裁選不出馬を表明|全国のニュース|北國新聞” (日本語). 北國新聞. 2021年9月9日閲覧。
  22. ^ 石破茂元幹事長、河野氏支援を表明 森友問題「これでおしまいではないと申し上げ、河野氏も同意した」:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年9月15日閲覧。
  23. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月10日). “茂木氏は総裁選不出馬 試される第3勢力の竹下派” (日本語). SankeiBiz. 2021年9月17日閲覧。
  24. ^ 自民党総裁選に向け…各派閥が定例会合で対応を協議” (日本語). テレ朝news. 2021年9月17日閲覧。
  25. ^ 青山繁晴参議院議員 「総裁選出馬」を断念した本当の理由”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2021年9月16日閲覧。
  26. ^ 菅首相、自民総裁再選へ意欲 衆院選前改造は否定的―支持率低下「謙虚に受け止め」” (日本語). 時事通信 (2021年7月17日). 2021年9月16日閲覧。
  27. ^ うめいた菅首相「俺って人気ないのか」 全ての「大権」失い力尽きる” (日本語). 朝日新聞 (2021年9月10日). 2021年9月20日閲覧。
  28. ^ 菅首相 二階幹事長を交代させる意向固める 二階氏も受け入れ” (日本語). NHK (2021年8月31日). 2021年9月20日閲覧。
  29. ^ 野田聖子氏、総裁選に立候補へ 4氏争う構図、7派閥の対応出そろう” (日本語). 朝日新聞 (2021年9月16日). 2021年9月17日閲覧。
  30. ^ 「小石河連合」3氏そろい踏み 共闘をアピール” (日本語). 朝日新聞 (2021年9月17日). 2021年9月18日閲覧。
  31. ^ 安倍晋三前首相「高市早苗候補を支持いたします」Twitter明言に歓喜コメント続出「安倍兄弟入閣に期待」” (日本語). 中日スポーツ (2021年9月16日). 2021年9月18日閲覧。
  32. ^ 菅首相、河野氏支持を表明 コロナ対策「継続が大事」―自民総裁選” (日本語). 時事ドットコムニュース (2021年9月17日). 2021年9月18日閲覧。
  33. ^ 日本テレビ. “安倍前首相 高市前総務相への支援を要請|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年9月17日閲覧。
  34. ^ a b 総裁選、最大派閥の細田派は事実上の自主投票…派としては岸田氏と高市氏支持 : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年9月14日). 2021年9月14日閲覧。
  35. ^ a b c d 総裁選は誰に投票?鳥取・島根の自民国会議員、地方票の行方は(鳥取県・島根県)|ニュースコレクト” (日本語). ニュースコレクト. 2021年9月17日閲覧。
  36. ^ 亀裂を回避した麻生派、一本化を見送り…河野・岸田両氏を支持” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年9月14日). 2021年9月17日閲覧。
  37. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月16日). “麻生派は河野、岸田両氏が支持対象 高市氏も容認” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月27日閲覧。
  38. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月16日). “麻生派は河野、岸田両氏が支持対象 高市氏も容認” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月27日閲覧。
  39. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月9日). “茂木氏、総裁選不出馬を表明「まとめ役に徹する」” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月9日閲覧。
  40. ^ 茂木氏、自民総裁選への不出馬表明(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月9日). 2021年9月9日閲覧。
  41. ^ 4候補の推薦人から見えるのは 前首相の影響、確保に苦労の痕跡:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月17日閲覧。
  42. ^ 茂木外相、岸田氏支持を表明 自民党総裁選 旧竹下派の大半も|政治行政,社会|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)” (日本語). 下野新聞 SOON. 2021年10月10日閲覧。
  43. ^ a b 日本放送協会. “自民党 竹下亘元総務会長が死去 74歳 復興相など歴任”. NHKニュース. 2021年9月18日閲覧。
  44. ^ 総裁選 二階派は自主投票、決選投票は結束目指す” (日本語). 産経新聞 (2021年9月16日). 2021年9月17日閲覧。
  45. ^ 総裁選で割れた二階派「党四役」逃す…政局の主導権握れなかった二階氏 : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年10月1日). 2021年10月5日閲覧。
  46. ^ a b 河村氏は高市氏支持/自民党総裁選 安倍氏から要請”. 山口新聞 電子版. 2021年9月23日閲覧。
  47. ^ a b 自民党総裁選4氏立候補 群馬県関係議員、支持明言は4氏のみ 混戦模様浮き彫り|政治・経済|上毛新聞ニュース” (日本語). 上毛新聞 (2021年9月18日). 2021年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  48. ^ 岸田氏、自民総裁選に立候補表明「国民の声聞くと示す」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月15日閲覧。
  49. ^ 【速報】石破元幹事長 総裁選「不出馬・河野支持」表明”. TBS NEWS. 2021年9月17日閲覧。
  50. ^ 石破茂元幹事長、不出馬&河野氏支持表明も派閥まとめられず自主投票に - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年9月18日閲覧。
  51. ^ 共同通信「自民6派閥、事実上自主投票へ」『Reuters』、2021年9月15日。2021年9月18日閲覧。
  52. ^ 山本有二氏が石破派退会 所属議員16人に” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月27日). 2021年9月30日閲覧。
  53. ^ 自民・古川氏が石破派退会:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年10月10日閲覧。
  54. ^ 古川法相、旧竹下派入りへ 自民:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年10月10日閲覧。
  55. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年8月26日). “石原派は菅首相再選支持 自民党総裁選” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月15日閲覧。
  56. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月17日). “【総裁選ドキュメント】石原元幹事長が岸田氏支持表明” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  57. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月17日). “【総裁選ドキュメント】石原元幹事長が岸田氏支持表明” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  58. ^ a b 谷垣グループは原則岸田氏支持 自民総裁選:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年9月15日閲覧。
  59. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月21日). “【総裁選ドキュメント】谷垣氏の激励受け岸田氏「勇気100倍だ」” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月21日閲覧。
  60. ^ a b 菅首相に近い無派閥議員ら、自主投票へ…「総裁選で縛りは一切しない」2021/09/06 20:03 読売新聞
  61. ^ 坂井氏ら無派閥4氏、河野氏支持 世代交代に期待の声 自民党総裁選” (日本語). カナロコ by 神奈川新聞. 2021年10月10日閲覧。
  62. ^ 日本テレビ. “自民・若手議員が「党風一新の会」結成|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年9月21日閲覧。
  63. ^ 二階氏“脱派閥の投票でいい” 若手議員の総裁選申し入れに”. FNNプライムオンライン. 2021年9月17日閲覧。
  64. ^ 総勢90人!「党風一新の会」誕生で総裁選の行方は” (日本語). テレ朝news. 2021年9月17日閲覧。
  65. ^ 河野氏「党議拘束縮小を」 岸田・高市氏は議員立法重視―若手有志、4候補から聴取:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年9月22日閲覧。
  66. ^ 当選3回で総務会長、自民「若手の顔」が見せたしたたかさ” (日本語). 西日本新聞me. 2021年10月10日閲覧。
  67. ^ a b c d e f g h i j k l m n 【自民党総裁選】支持が明らかになっている議員” (英語). Flourish. 2021年9月18日閲覧。
  68. ^ a b c d 野田聖子氏、総裁選に立候補へ 4氏争う構図、7派閥の対応出そろう:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月16日閲覧。
  69. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月27日). “岸田氏2位なら河野氏不利?「2位3位連合」なるか” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月27日閲覧。
  70. ^ 旧竹下派、岸田氏支持へ 議員票先行 自民党総裁選終盤情勢”. 産経新聞. 2021年9月27日閲覧。
  71. ^ a b 谷垣グループ、岸田氏支持 自民党総裁選で中谷氏表明” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月15日). 2021年9月15日閲覧。
  72. ^ a b 小泉進次郎氏、河野氏支持を表明へ…菅首相も支持意向示す : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年9月14日). 2021年9月16日閲覧。
  73. ^ 田村厚労相、河野氏支持を表明 自民総裁選” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月24日). 2021年9月25日閲覧。
  74. ^ 衆院選の顔選ぶ自民総裁選 中部の国会議員の投票先は?”. 中日新聞. 2021年9月18日閲覧。
  75. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 自民党総裁選 各候補者の推薦人名簿” (日本語). 毎日新聞. 2021年9月17日閲覧。
  76. ^ a b 自民党総裁選 棚橋大臣と井上大臣が「河野氏支持」を表明”. TBS NEWS. 2021年9月17日閲覧。
  77. ^ 茂木外相、岸田氏支持を表明 自民党総裁選 旧竹下派の大半も|政治行政,社会|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)” (日本語). 下野新聞 SOON. 2021年10月10日閲覧。
  78. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月16日). “静岡の自民議員も積極発進、総裁選告示へ” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  79. ^ a b 平井氏が岸田氏支持表明 現職閣僚で初” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月1日). 2021年9月10日閲覧。
  80. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月17日). “【総裁選ドキュメント】西村氏、高市氏支持表明” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  81. ^ 細田派の細田会長、岸田氏支持を事実上表明 自民総裁選” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月24日). 2021年9月25日閲覧。
  82. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月14日). “河野氏勉強会の19人が支持表明「派閥横断で応援」” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  83. ^ もう菅首相はさようなら? 2連ポスター、河野氏に切り替える陣営も:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月17日閲覧。
  84. ^ a b “石破氏、総裁選の立候補を見送りへ 河野氏を支援する考え”. 朝日新聞. (2021年9月14日). https://www.asahi.com/articles/ASP9G3Q7CP9GUTFK006.html 2021年9月14日閲覧。 
  85. ^ 「河野太郎さんを支援します」” (日本語). 岩屋たけし Official site|元防衛大臣 衆議院議員 (2021年9月10日). 2021年9月17日閲覧。
  86. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月16日). “森山氏、河野氏の支援表明「しっかりと応援する」” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  87. ^ 自民党総裁選に4氏立候補 栃木県国会議員の支持動向分かれる|県内主要,社会,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)” (日本語). 下野新聞 SOON. 2021年9月18日閲覧。
  88. ^ Log into Facebook” (英語). Facebook. 2021年9月23日閲覧。
  89. ^ https://twitter.com/yamashita_ok/status/1440562580242632710” (日本語). Twitter. 2021年9月23日閲覧。
  90. ^ a b ニュース詳細|テレビ愛媛”. テレビ愛媛. 2021年10月10日閲覧。
  91. ^ 【茨城新聞】自民党総裁選 茨城県国会議員、5氏が岸田氏支持”. ibarakinews.jp. 2021年9月18日閲覧。
  92. ^ 宮城選出議員は高市氏2、河野氏1、岸田氏1 自民総裁選” (日本語). 河北新報オンラインニュース (2021年9月18日). 2021年9月18日閲覧。
  93. ^ 日本放送協会. “自民党総裁選挙 江渡聡徳衆議院議員「岸田氏支持」|NHK 青森県のニュース”. NHK NEWS WEB. 2021年9月18日閲覧。
  94. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月9日). “中谷氏、岸田氏支持を表明 谷垣G全体での支援模索” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月10日閲覧。
  95. ^ a b c 【自民党総裁選】岸田文雄氏「求めているリーダーは私」他派閥から支持者も - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年9月18日閲覧。
  96. ^ 自民総裁選 高知県関係国会議員の支持割れる” (日本語). 高知新聞. 2021年9月18日閲覧。
  97. ^ 小渕優子氏は岸田氏を支持 自民党総裁選|政治・経済|上毛新聞ニュース” (日本語). 上毛新聞 (2021年9月19日). 2021年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月19日閲覧。
  98. ^ a b 自民・甘利氏「岸田氏応援したい」 総裁選” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月6日). 2021年9月9日閲覧。
  99. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月8日). “遠藤氏も岸田氏支持の意向表明 谷垣グループ会合で” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  100. ^ 自民党総裁選9月17日告示、29日投開票 福井県の国会議員は誰を支持? | 政治・行政 | 福井のニュース” (日本語). 福井新聞ONLINE. 2021年9月18日閲覧。
  101. ^ テレQ(株式会社TVQ九州放送). “告示迫る自民党総裁選 福岡県選出の現職議員はどう思う?|ニュース|テレQ - 株式会社TVQ九州放送” (日本語). www.tvq.co.jp. 2021年9月17日閲覧。
  102. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “自民総裁選 富山県選出国会議員の支持状況|NNNニュース” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月17日閲覧。
  103. ^ 自民党総裁選の徳島県関係議員支持動向 河野氏3人 岸田氏1人 野田氏1人|政治・行政|徳島ニュース|徳島新聞電子版” (日本語). 徳島新聞電子版. 2021年9月18日閲覧。
  104. ^ 安倍前首相、高市氏支持を正式表明” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月16日). 2021年9月17日閲覧。
  105. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月19日). “【総裁選ドキュメント】自民・稲田氏が高市支持を表明 「国家観を共有」” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月19日閲覧。
  106. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月17日). “高市陣営「必ず勝つ」 出陣式に93人” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  107. ^ 自民党横須賀市連の公式FBページ(2021年9月15日)
  108. ^ 自民党三浦市連の公式FBページ(2021年9月15日)
  109. ^ 「岸田総裁」実現へ広島県連一丸…本人が決意表明「国民・党員の方を向いて選挙を」 : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年8月29日). 2021年9月17日閲覧。
  110. ^ 自民広島県連、総裁選で岸田氏支援を確認 有志が全国行脚し呼びかけ” (日本語). 毎日新聞. 2021年9月18日閲覧。
  111. ^ 【茨城新聞】自民総裁選 茨城県議団が岸田氏支持 17日告示 梶山氏の意向尊重”. ibarakinews.jp. 2021年9月17日閲覧。
  112. ^ 自民総裁選 県議団は岸田氏推薦 「被災時、対応してもらった」 /茨城” (日本語). 毎日新聞. 2021年9月17日閲覧。
  113. ^ テレ玉ニュース” (日本語). テレ玉/地デジ3ch. 2021年9月20日閲覧。
  114. ^ テレ玉ニュース | テレ玉/地デジ3ch”. web.archive.org (2021年9月20日). 2021年9月20日閲覧。
  115. ^ 高市氏の政策PR 自民総裁選で県2区青年局” (日本語). 奈良新聞 (2021年9月21日). 2021年9月23日閲覧。
  116. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月23日). “【総裁選ドキュメント】高市氏、地方議員激励に「うれしい」” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月24日閲覧。
  117. ^ https://twitter.com/ishikawa_jimin/status/1441030712446967819” (日本語). Twitter. 2021年9月24日閲覧。
  118. ^ 自民党総裁選 野田氏支持一本化ならず 県連 : ニュース : 岐阜 : 地域” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年9月18日). 2021年9月18日閲覧。
  119. ^ 自民岐阜市連 全会一致で野田さん支援 玉田会長「お膝元強力に票出したい」:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2021年9月21日閲覧。
  120. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月15日). “群馬・山本知事が河野氏支持表明 県議ら歓迎” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  121. ^ 党員・党友票上積みを…4候補地元、動き活発 自民総裁選” (日本語). 毎日新聞 (2021年9月19日). 2021年9月21日閲覧。
  122. ^ 父親として居ても立ってもいられず…悲願成就へ河野洋平氏、かつての「参院のドン」訪問 : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年9月16日). 2021年9月17日閲覧。
  123. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月9日). “岸田派会合で林芳正氏訴え「積み重ね大きな流れに」” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月17日閲覧。
  124. ^ “「河野・石破連合」で圧勝狙う 安倍・麻生氏と亀裂も―自民党総裁選”. 時事ドットコム. (2021年9月15日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091401027 2021年9月30日閲覧。 
  125. ^ a b “2021自民党総裁選:決選、河野氏に誤算 議員票確保2割台 党員票も「伸び悩み」”. 毎日新聞. (2021年9月24日). https://mainichi.jp/articles/20210924/ddm/002/010/057000c 2021年9月30日閲覧。 
  126. ^ “「小石河連合」アレルギー? 党員票圧倒の河野陣営、議員票で焦り”. 西日本新聞. (2021年9月23日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/804836/ 2021年9月30日閲覧。 
  127. ^ “総裁選終盤情勢 党員票は河野氏優勢 「失速」の声も”. 産経新聞. (2021年9月27日). https://www.sankei.com/article/20210927-QTS3S46EKFLALNJXI24X624W7Q/ 2021年9月30日閲覧。 
  128. ^ “岸田氏2位なら河野氏不利?「2位3位連合」なるか”. 産経新聞. (2021年9月27日). https://www.sankei.com/article/20210927-ACASMUPX6ZP57PNQMNWKCLIFEQ/ 2021年9月30日閲覧。 
  129. ^ “自民総裁選、決選投票が確実な情勢…河野氏は過半数に届かない見通し”. 読売新聞. (2021年9月27日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210926-OYT1T50115/ 2021年9月30日閲覧。 
  130. ^ “自民総裁選 岸田氏、議員票130超か 全体首位は河野氏”. 毎日新聞. (2021年9月27日). https://mainichi.jp/articles/20210927/k00/00m/010/252000c 2021年9月30日閲覧。 
  131. ^ “2位・河野氏 不発だった「人気者」戦略”. 産経新聞. (2021年9月29日). https://www.sankei.com/article/20210929-EFYBXUVDE5N6HMSSUQ3CQ4PQOM/ 2021年9月30日閲覧。 
  132. ^ “河野氏、37都道府県でトップ 党員票44%獲得も敗戦”. 産経新聞. (2021年9月29日). https://www.sankei.com/article/20210929-4HLUP2PEDRKAXP356S3WS75ZJU/ 2021年9月30日閲覧。 
  133. ^ “河野氏、議員票3位どまり 「岸田氏・高市氏連合」に敗北”. 日本経済新聞. (2021年9月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA293NI0Z20C21A9000000/ 2021年9月30日閲覧。 
  134. ^ “河野陣営「議員票ここまで少ないとは…」 最後は“大差”で岸田新総裁 河野氏完敗の舞台裏は”. FNNプライム. (2021年9月29日). https://www.fnn.jp/articles/-/246066 2021年9月30日閲覧。 
  135. ^ 総裁選の国会議員白票1、棄権1 有効投票は380票」『産経ニュース』、2121年9月30日。2022年8月6日閲覧。
  136. ^ TIMES編集部, ABEMA (2021年9月29日). “自民党総裁選は岸田氏と河野氏の決選投票に 岸田氏がトップも過半数には達せず | 政治”. ABEMA TIMES. 2021年9月29日閲覧。
  137. ^ 1回目投票1位・岸田氏、2位・河野氏…自民党総裁選 : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年9月29日). 2021年10月1日閲覧。
  138. ^ 自民新総裁に岸田氏、決選投票で257票 河野氏は170票” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月29日). 2021年10月1日閲覧。
  139. ^ 自民党新総裁に岸田文雄氏…決選投票で河野太郎氏破る : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年9月29日). 2021年9月29日閲覧。
  140. ^ 自民新執行部が始動、財務相は鈴木氏 岸田人事を追う” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月30日). 2021年10月1日閲覧。
  141. ^ 岸田内閣 閣僚等名簿” (日本語). 首相官邸 (2021年10月4日). 2021年10月5日閲覧。
  142. ^ 日本放送協会. “岸田新内閣きょう発足へ 閣僚の顔ぶれ固まる|NHK 首都圏のニュース”. NHK NEWS WEB. 2021年10月10日閲覧。
  143. ^ 安倍氏、菅首相の再選支持 自民党総裁選巡り” (日本語). 日本経済新聞 (2021年5月3日). 2021年10月5日閲覧。
  144. ^ “自民総裁選 無投票狙い先手 首相早々と立候補意向”. 毎日新聞. (2021年7月28日). https://mainichi.jp/articles/20210728/ddm/005/010/161000c 2021年8月23日閲覧。 
  145. ^ 河合仁志、大坪拓也 (2021年8月4日). “自民総裁選は解散前?9月29日軸に検討 「無投票再選」へ二階氏先手”. 西日本新聞. https://www.nishinippon.co.jp/item/n/780162/ 2021年8月23日閲覧。 
  146. ^ “高市早苗前総務相が自民総裁選出馬意向”. 共同通信. (2021年8月5日). https://nordot.app/795987093031895040 2021年8月23日閲覧。 
  147. ^ “総裁選で細田氏 首相の再選支持 「この状況に耐える」”. 沖縄タイムス. (2021年8月9日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/801266 2021年8月24日閲覧。 
  148. ^ “高市早苗 前総務相 自民党総裁選挙 立候補に意欲”. NHK. (2021年8月10日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210810/k10013192151000.html 2021年8月23日閲覧。 
  149. ^ 大坪拓也、河合仁志 (2021年8月13日). “「総裁選に出馬します!」の背後に安倍氏? 首相、気になる「菅降ろし」”. 西日本新聞. https://www.nishinippon.co.jp/item/n/784461/ 2021年8月23日閲覧。 
  150. ^ “緊急事態9月12日まで延長へ、全国半数超で感染対策 政府分科会が了承”. ロイター. (2021年8月17日). https://jp.reuters.com/article/japan-soe-covid-idJPKBN2FI042 2021年9月8日閲覧。 
  151. ^ 久知邦、大坪拓也 (2021年8月18日). “9月解散、無投票で自民総裁再選…コロナ禍で崩れる首相のシナリオ”. 西日本新聞. https://www.nishinippon.co.jp/item/n/786625/ 2021年8月24日閲覧。 
  152. ^ “下村自民政調会長が総裁選出馬の意向 安倍前首相に伝達”. 東京新聞. (2021年8月18日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/125255 2021年8月23日閲覧。 
  153. ^ “小泉進次郎氏、首相の再選支持 石破氏も首相交代に慎重 自民総裁選”. 日本経済新聞. (2021年8月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA206NL0Q1A820C2000000/ 2021年8月23日閲覧。 
  154. ^ “横浜市長選 立民推薦の山中竹春氏 当選確実 小此木氏ら及ばず”. NHK. (2021年8月22日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210822/k10013216971000.html 2021年8月22日閲覧。 
  155. ^ “【詳報】横浜市長選挙 野党支援の山中氏が当選確実 菅政権に打撃「厳しい結果。これが民意」”. 東京新聞. (2021年8月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/125870 2021年8月22日閲覧。 
  156. ^ “菅首相 お膝元の横浜市長選で支援候補敗れる 「コロナ対策評価できぬ」政権への影響必至 ”. 東京新聞. (2021年8月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/125897 2021年8月23日閲覧。 
  157. ^ “<独自>岸田氏、自民党総裁選に出馬意向”. 産経新聞. (2021年8月23日). https://www.sankei.com/article/20210823-ABCQCNXBIFKB7BYEX4O3QV2QSI/ 2021年8月23日閲覧。 
  158. ^ “横浜市長選 菅首相「大変残念な結果 謙虚に受け止めたい」”. NHK. (2021年8月23日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210823/k10013218011000.html 2021年9月22日閲覧。 
  159. ^ “横浜市長選大敗で総裁選モード 岸田氏出馬検討 石破氏は否定”. TBS. (2021年8月23日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4343261.html 2021年8月23日閲覧。 
  160. ^ “二階派、首相の総裁選再選を支持 「当然のこと。愚問だ」”. 産経新聞. (2021年8月24日). https://www.sankei.com/article/20210824-SBEE6UEGFNNQNIXSP7YTBKTDO4/ 2021年8月24日閲覧。 
  161. ^ 太田成美 (2021年8月24日). “「菅首相を先頭に全力」公明・山口代表 立ち位置鮮明に”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP8S4SYYP8SUTFK00G.html 2021年8月24日閲覧。 
  162. ^ “党総裁選、世耕氏「コロナ対応に責任ある方は出馬すべきでない」…支援要請の下村氏に苦言”. 読売新聞. (2021年8月24日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210824-OYT1T50131/ 2021年8月24日閲覧。 
  163. ^ “菅総理・二階幹事長会談 総裁選は来月29日の見通し(2021年8月25日)”. ANN News. (2021年8月25日). https://www.youtube.com/watch?v=UMr2hTsi76c 2021年8月25日閲覧。 
  164. ^ “自民 総裁選 9月29日投開票で決定 党員・党友による投票も実施”. NHK. (2021年8月26日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210826/k10013223851000.html 2021年8月26日閲覧。 
  165. ^ “総裁選日程了承、野田委員長「遊説はコロナ留意」”. 産経新聞. (2021年8月26日). https://www.sankei.com/article/20210826-7B5GMHBWPVKY7J2Q3YNDM5HKLU/ 2021年8月26日閲覧。 
  166. ^ “菅首相と岸田氏の対決軸に 自民党総裁選、9月29日に投開票”. 毎日新聞. (2021年8月26日). https://mainichi.jp/articles/20210826/k00/00m/010/460000c 2021年8月26日閲覧。 
  167. ^ “二階派「首相支持」に異論噴出 自民総裁選、動き活発化”. 時事ドットコム. (2021年8月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082601136 2021年9月4日閲覧。 
  168. ^ “麻生派で首相続投に反発の声 河野氏去就も焦点”. 産経新聞. (2021年8月26日). https://www.sankei.com/article/20210826-GNJAJK4TYFNBJHEDGCLVWPD6OQ/ 2021年9月4日閲覧。 
  169. ^ “維新代表が菅総裁再選支持 「地方の立場で連携」”. 共同通信. (2021年8月26日). https://nordot.app/803572704147750912 2021年8月26日閲覧。 
  170. ^ 小田中大 (2021年8月26日). “岸田文雄氏が自民党総裁選立候補を表明”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210826/k00/00m/010/196000c 2021年8月27日閲覧。 
  171. ^ “自民党総裁選、岸田氏が出馬表明 二階幹事長を意識?「党役員は3年まで」”. 東京新聞. (2021年8月26日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/127016 2021年8月31日閲覧。 
  172. ^ “安倍前首相と麻生氏、二階氏に対する「苦々しい思い」…秋波送る岸田氏を激励”. 読売新聞. (2021年8月31日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210830-OYT1T50344/ 2021年8月31日閲覧。 
  173. ^ “高市氏が総裁選出馬正式表明「同志に政策伝え、賛同お願いする」”. 産経新聞. (2021年8月26日). https://www.sankei.com/article/20210826-O66DBTQEPBPX7JTI5A5FGHPAJQ/ 2021年8月27日閲覧。 
  174. ^ “菅総理“立候補か政調会長辞任か”下村氏に”. 日本テレビ. (2021年8月30日). https://www.news24.jp/articles/2021/08/30/04931708.html 2021年8月30日閲覧。 
  175. ^ “自民・下村氏、総裁選出馬断念”. 産経新聞. (2021年8月30日). https://www.sankei.com/article/20210830-MBGWCB46QFOIRFUZF7ZX5JPSN4/ 2021年8月30日閲覧。 
  176. ^ “総裁選 岸田氏が安倍、麻生氏に支援要請 下村氏は立候補断念”. 産経新聞. (2021年8月30日). https://www.sankei.com/article/20210830-7O6746RUNNIHPCUNML4P6A3334/ 2021年9月4日閲覧。 
  177. ^ “自民総裁選 高まる首相批判 長老3派閥、大慌て 麻生派に「菅降ろし」の声も”. 毎日新聞. (2021年8月28日). https://mainichi.jp/articles/20210828/ddm/005/010/080000c 2021年9月4日閲覧。 
  178. ^ “総裁選、安倍氏への接近が活発に 首相周辺はうらみ節も”. 朝日新聞. (2021年8月30日). https://www.asahi.com/articles/ASP8Z6K2DP8ZUTFK00J.html 2021年9月4日閲覧。 
  179. ^ “二階氏「失敬だ」と不快感 岸田氏の党役員任期など改革案に”. 毎日新聞. (2021年8月30日). https://mainichi.jp/articles/20210830/k00/00m/010/200000c 2021年8月31日閲覧。 
  180. ^ “二階氏「失敬だ」と不快感 岸田氏の党役員任期など改革案に”. 毎日新聞. (2021年8月30日). https://mainichi.jp/articles/20210830/k00/00m/010/200000c 2021年8月31日閲覧。 
  181. ^ “二階氏、幹事長交代を受け入れる考え…菅首相に伝える”. 読売新聞. (2021年8月31日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210831-OYT1T50171/ 2021年8月31日閲覧。 
  182. ^ 上地一姫、楢崎貴司、明楽麻子 (2021年8月30日). “菅首相、二階幹事長交代へ 衆院選は10月17日で調整”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP8Z7HPSP8ZUTFK01Z.html 2021年9月1日閲覧。 
  183. ^ “首相と小泉氏 4日連続会談 際立つ緊密ぶり”. 北海道新聞. (2021年9月3日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/585222/ 2021年9月3日閲覧。 
  184. ^ “総理“辞任表明”の舞台裏 小泉大臣「進言」影響か”. テレ朝NEWS. (2021年9月3日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000227773.html 2021年9月3日閲覧。 
  185. ^ “自民、臨時国会の召集を拒否 野党は「憲法違反」と批判”. 朝日新聞. (2021年8月31日). https://www.asahi.com/articles/ASP805R5KP80UTFK01Y.html 2021年9月1日閲覧。 
  186. ^ “菅首相、9月中旬解散の選択肢を二階氏に伝達 総裁選先送りも”. 朝日新聞. (2021年9月1日). https://www.asahi.com/articles/ASP91051GP80UTFK027.html 2021年9月1日閲覧。 
  187. ^ 高橋恵子 (2021年8月31日). “首相、9月中旬解散意向 党役員人事・内閣改造後 総裁選先送り”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210831/k00/00m/010/347000c 2021年8月31日閲覧。 
  188. ^ “首相、9月中旬の衆院解散を検討…自民党総裁選は先送りの意向”. 読売新聞. (2021年9月1日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210831-OYT1T50302/ 2021年9月1日閲覧。 
  189. ^ a b c d 古川幸太郎、久知邦 (2021年9月4日). “「お前と一緒に沈められねえだろ」退陣表明前夜、“2A”から首相に三くだり半”. 西日本新聞. https://www.nishinippon.co.jp/item/n/795598/ 2021年9月4日閲覧。 
  190. ^ “菅総理「解散できる状況にない」コロナ優先|日テレNEWS24”. 日テレNEWS. (2021年9月1日). https://www.news24.jp/articles/2021/09/01/04933015.html 2021年9月1日閲覧。 
  191. ^ “首相「解散できる状況でない」 総裁選先送りも否定”. 日本経済新聞. (2021年9月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA0110E0R00C21A9000000/ 2021年9月1日閲覧。 
  192. ^ “中谷元防衛相 “自民総裁選の日程変更は党の信頼失う””. NHK. (2021年9月1日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210901/k10013236591000.html 2021年9月1日閲覧。 
  193. ^ 末崎毅 (2021年9月2日). “総裁選で菅首相の応援しない おひざ元、自民神奈川県連幹事長が発言”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP927TZVP92UTIL04K.html 2021年9月2日閲覧。 
  194. ^ 笹井継夫 (2021年9月2日). “自民・岸田氏、森友問題「さらなる説明を」 TBSのBS番組で”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP927R6ZP92UTFK03V.html 2021年9月8日閲覧。 
  195. ^ “自民党総裁選 菅首相が立候補の意向 二階幹事長に伝える”. NHK. (2021年9月2日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210902/k10013239721000.html 2021年9月3日閲覧。 
  196. ^ 菅首相 自民党総裁選に立候補せず 自民党臨時役員会で表明(NHK)” (日本語). NHK (2021年9月3日). 2021年9月3日閲覧。
  197. ^ “菅首相、自民党総裁選に立候補せず 9月末で首相を退任する意向”. 朝日新聞. (2021-09-). https://www.asahi.com/articles/ASP933WF4P93UTFK00L.html 2021年9月3日閲覧。 
  198. ^ “二階氏、首相から「不出馬を聞いたのは今朝」 役員会後の一問一答”. 毎日新聞. (2021年9月3日). https://mainichi.jp/articles/20210903/k00/00m/010/153000c 2021年9月3日閲覧。 
  199. ^ “焦点の自民幹事長 石破、河野、小泉氏が浮上”. 産経新聞. (2021年9月2日). https://www.sankei.com/article/20210902-RKDDQSCBHNOJLL47HY2CDG3NWY/ 2021年9月3日閲覧。 
  200. ^ “党役員人事に行き詰まっていたと官邸筋”. 共同通信. (2021年9月3日). https://nordot.app/806362560295583744?c=39546741839462401 2021年9月3日閲覧。 
  201. ^ 河野行改相 総裁選出馬の意向固める”. TBS. 2021年9月3日閲覧。
  202. ^ 自民 野田聖子幹事長代行 総裁選立候補の意欲伝える”. NHK. 2021年9月3日閲覧。
  203. ^ 総裁選対応、改めて仲間と相談と下村氏 | 熊本日日新聞社”. kumanichi.com. 2021年9月9日閲覧。
  204. ^ 自民・岸田氏、森友問題「さらなる説明を」 TBSのBS番組で:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月9日閲覧。
  205. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月6日). “岸田氏、森友問題「説明する」も再調査は否定” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月9日閲覧。
  206. ^ “自民総裁選、石破氏は出馬見送り検討…河野氏支持で調整”. 読売新聞. (2021年9月7日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210907-OYT1T50016/ 2021年9月7日閲覧。 
  207. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月6日). “岸田氏、森友問題「説明する」も再調査は否定” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月9日閲覧。
  208. ^ 石破氏の出馬、派閥内で慎重論 「行くも引くも地獄」と心配する閣僚:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月9日閲覧。
  209. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月7日). “若手議員、派閥締め付けNO 自民党総裁選「選挙の顔」熱望” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月9日閲覧。
  210. ^ “石破氏、総裁選で二階氏と意見交換 「白紙は変わらない」”. 産経新聞. (2021年9月8日). https://www.sankei.com/article/20210908-JIF5RTK26BOGJBI7UP5SBRFJK4/ 2021年9月8日閲覧。 
  211. ^ “高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声”. 産経新聞. (2021年9月8日). https://www.sankei.com/article/20210908-EC5DS2LIRFPMFC5S2FMS4I22HQ/ 2021年9月8日閲覧。 
  212. ^ a b 下村、茂木両氏が自民党総裁選不出馬を表明|全国のニュース|北國新聞” (日本語). 北國新聞. 2021年9月9日閲覧。
  213. ^ “石原派、政策分析して対応決定確認 総裁選”. 産経新聞. (2021年9月9日). https://www.sankei.com/article/20210909-YA26IKEZEVN35E3NPWE36Z2RFM/ 2021年9月9日閲覧。 
  214. ^ a b 2021自民党総裁選:河野氏きょう出馬表明 若手期待、麻生氏も容認” (日本語). 毎日新聞. 2021年9月10日閲覧。
  215. ^ 河野氏「コロナ前に戻るのではなく前に進める」 出馬表明会見要旨” (日本語). 毎日新聞. 2021年9月10日閲覧。
  216. ^ 日本テレビ. “総裁選 麻生派「河野か岸田支持を原則」へ|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年9月14日閲覧。
  217. ^ 石破茂元幹事長、河野氏支援を表明 森友問題「これでおしまいではないと申し上げ、河野氏も同意した」:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年9月15日閲覧。
  218. ^ “麻生・二階・石原の3派閥、事実上の自主投票…大半の派閥が拘束しない異例の総裁選”. 読売新聞. (2021年9月16日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210916-OYT1T50248/ 2021年9月17日閲覧。 
  219. ^ “自民総裁選、野田聖子氏が立候補を表明…「推薦人20人を整えていただき出馬」”. 読売新聞. (2021年9月16日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210916-OYT1T50189/ 2021年9月17日閲覧。 
  220. ^ “野田聖子氏、総裁選出馬へ 推薦人20人確保”. 産経新聞. (2021年9月16日). https://www.sankei.com/article/20210916-2FAK6BD47BISVNJ4TY3CBL7FLI/ 2021年9月17日閲覧。 
  221. ^ “山本元環境相、総裁選棄権へ”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2021年9月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091701143&g=pol 2021年9月21日閲覧。 
  222. ^ “各陣営・派閥動き加速 「引きはがし」警戒”. 産経新聞. (2021年9月27日). https://www.sankei.com/article/20210927-KMGRUWUX7RJLFCTACVACHKNUWM/ 2021年9月29日閲覧。 
  223. ^ “「決選」へ河野氏包囲網か 岸田・高市陣営歩み寄り―自民総裁選”. 時事ドットコム. (2021年9月28日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021092701011 2021年9月29日閲覧。 
  224. ^ “自民党総裁選 あす投開票 4人の候補 最後の追い込み”. NHK NEWS WEB. (2021年9月28日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210928/k10013281191000.html 2021年9月29日閲覧。 
  225. ^ “総裁選ドキュメント 二階派、決選投票も自主投票”. 産経新聞. (2021年9月28日). https://www.sankei.com/article/20210928-TEWRZPHZJBPZHPYYCF4QBEUM6Q/ 2021年9月29日閲覧。 
  226. ^ “<独自>決選投票での共闘 岸田、高市両陣営が正式合意”. 産経新聞. (2021年9月29日). https://www.sankei.com/article/20210929-WCUAUSVYTNP7ZCKYIE62RJDI7I/ 2021年9月30日閲覧。 
  227. ^ 日本放送協会. “【時系列まとめ】自民党総裁選 岸田氏 決選投票で新総裁に選出”. NHKニュース. 2021年9月30日閲覧。
  228. ^ 日本放送協会. “自民党 岸田新総裁が記者会見「人事で中堅・若手を起用」”. NHKニュース. 2021年9月30日閲覧。
  229. ^ 甘利明氏を幹事長起用へ最終調整 党役員人事本格化” (日本語). 毎日新聞. 2021年9月30日閲覧。
  230. ^ 河野氏、次の総裁選出馬に意欲 「党員票増やす」” (日本語). 日本経済新聞 (2021年10月3日). 2021年10月5日閲覧。
  231. ^ 河野氏、次期自民総裁選に意欲 党員拡大で勝利目指す:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年10月5日閲覧。
  232. ^ 日本放送協会. “野田聖子衆院議員が少子化・地方創生相に|NHK 岐阜県のニュース”. NHK NEWS WEB. 2021年10月5日閲覧。
  233. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年10月6日). “自民旧竹下派、麻生派に並ぶ第2派閥に 古川法相ら入会で53人” (日本語). 産経ニュース. 2021年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]