1962年自由民主党総裁選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1962年自由民主党総裁選挙(1962ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、1962年7月14日に行われた自由民主党総裁を選任する選挙である。

概要[編集]

1962年に池田勇人総裁の任期満了を受けて行われた自由民主党総裁選挙である。佐藤栄作藤山愛一郎といった実力者が立候補を見送ったため、実質的に再選を目指した池田の信任投票となった。

第1回投票の開票結果[編集]

得票数
池田勇人 391票
佐藤栄作 17票
一万田尚登 6票
岸信介 5票
藤山愛一郎 3票
吉田茂 2票
福田赳夫 2票
高橋等 1票
正力松太郎 1票
  • この当時の総裁選挙は立候補制ではなかったため、自民党所属の国会議員に対する票であればすべて有効票として扱われた。

当選者[編集]

  • 池田勇人